内容は
ニュースで
「〜も、少なくない」という言い方をしていて
「そんな言い方しないで、〜は多い」
でいいんじゃないか?

それが、今回のブログ内容です!
前回はアクセントのお話をしました。
アクセントや、日本語の違和感
あくまで個人的な問題として
常に意識しているようにしています!

して、今回の話題にしている
ニュースで
「〜も、少なくない」という言い方をしていて
「そんな言い方しないで、〜は多い」
でいいんじゃないか?

(‥何故二回言った?)

最初、これを聞いたときに
「まわりくどい!」と思いました。

でも、「〜も、少なくない」
「〜は多い」というのは
前半につく文章によってどちらが合うか変わる。

例えば
「外出する人」がつく場合。
外出する人も少なくない
と、なる。

だけど、「外出を控える人は」までつくと
多い
に、なる




文章は手前から書くけど
直したりすると後半の文章も変わる
そしたら、また変えた文章に合う文章にする

いや。当たり前なんですけど。

言われなくても合う言葉に書き直すでしょ!
ただ、言葉には敏感になっておこう。
と、思っただけなんです。

アクセント、正しい言葉。

「10分」は「じっぷん」と読んだり
あじさいは「あじさい→(平板)」のアクセスだったり。

正直、アクセントも言葉遣いも
正しくなくてもOKになってしまう時がある。

ただ、僕が目標にしている
『日本語が話せる役者になる』を
達成するためには、正しくなくても
OKとされる場所に行かなければ良いだけ。
否定をしている訳ではない。

これをいうと
「アクセントよりもお芝居が重要じゃないか」
と言われることもあるが、それはまた別の話

優先度の問題であって、対立している意見ではない
僕は、優先度というよりも、まず
アクセントや正しい日本語ありきからの
お芝居だと思っている。
だから、個人的には優先度というよりも
「前提」にあるもの。同じ天秤にない。

発声練習やアクセントはなぜ
正しくしなきゃいけないのか?
ということも過去に書きました。





初めて、自分が生まれた病院へ行きました
いや、正確には生まれたのだから
いたことはあるのだけど、覚えている時に
自覚がある時に行ったのは初めて。
改装されて、当時とは少し変わったみたいだけど。

僕個人へのお問い合わせ、また
ボイスサンプル視聴ページはこちらまで!
arino.hiroki@gmail.com