僕は、ボイスサンプルを作っては
セリフを変えて投稿し直して
そしてまた、投稿し直して‥を、繰り返しています
『ボイスサンプルの原稿はどう考えるか』
に、ついて書きました。


事務所を辞めてフリーになった時、とある方から
「ボイスサンプルをいつでも聞いてもらえるようにしておいた方がいいですよ」
と、言われすぐに作りました。

YouTubeアカウントを作成して
(その前にGoogleアカウントを作成して)
まずは、Twitterのプロフィール欄に
動画(ボイスサンプル)のURLを貼り
固定ツーとにして、更に定期的に呟いていました。

こちらからボイスサンプル聞けますよー!
‥みたいに。
ボイスサンプルや、Twitter上で
声優依頼を考えている方には
ピンポイントでささりますが、まぁーなんせ
僕自身の名前が広まっているわけもなく
Twitter、ブログで「ボイスサンプルを作りました!聞いてください!」
と、言ったらところでまず検索にも引っかからない。

ボイスサンプル(動画)を作り
ホームページを作り、そこにも
ボイスサンプルのURLを貼り
言われた通り、聞けるサイトは作った。

しかし、作っただけでは聞いてもらえない。

次にしなきゃいけないのは
ボイスサンプルを聞いてもらうため(仕事につなげるため)の宣伝活動

まずは、そのURLを友達
知り合いや、お世話になっている方に送り
アドバイスや感想を言って頂きました



・「台詞とBGMがあっていない」

・「有野にはそんな役柄は求められない(自分に合っているセリフを作ったのではなく、やりたいものばかりを作ってしまっていた)」

「〜のような役柄が合いそうだから、そういうサンプルを作ってみたら?」

・「ナレーションは、番組っぽくてよかった!」

・「主観で考えるのではなくて、使う人の目線になって考えて何が自分に求められるのか?を、意識して作ってみる」

・「台詞もいいけどその人自体の地声の喋り(フリートーク)が、まず知りたい(地声の特徴が知りたい)」

などなど‥
本当にたくさんの意見をいただきました。
そして完成したボイスサンプル

毎回毎回、今できる最大のものを作り
収録しています。

だけど、しばらくすると僕自信に入ってくる情報も
考え方も変わり
「もっとこういう方がいいのができるんじゃないか?」
なんて考えはじめてしまって‥

その瞬間がベストであっても
それがベストであり続けるなんてあり得ない。

‥と、僕は思っています


作っては、いろんな人に送り
作っては、またいろんな人に送り‥

お相手には毎度毎度、お時間を
頂戴してしまってホント申し訳ないと思ってます。

一件、一件、丁寧に送ります。
時には、迷惑だと怒られることもあります。

それは、僕の言葉遣いや
連絡するタイミングが悪い。

宣伝行為だけではなく、連絡の仕方
言葉遣いも考えるようになりました

一つ一つ、一件一件、一人一人。
地道で時間のかかることでありますが
不器用な僕は、そうしております。




是非、少しでも
「ボイスサンプルを聞いてもいいかな?」
「お仕事を頼んでみようかな?」
と、思われましたら是非
宜しくお願い致します!
【連絡先】
arino.hiroki@gmail.com


【過去のブログ】





先日撮った、雲ひとつない青空を
ブログの最後に!
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0178.HEIC
空はみんなのもの!
(岡本太郎さんのお言葉)

内容は
ニュースで
「〜も、少なくない」という言い方をしていて
「そんな言い方しないで、〜は多い」
でいいんじゃないか?

それが、今回のブログ内容です!
前回はアクセントのお話をしました。
アクセントや、日本語の違和感
あくまで個人的な問題として
常に意識しているようにしています!

して、今回の話題にしている
ニュースで
「〜も、少なくない」という言い方をしていて
「そんな言い方しないで、〜は多い」
でいいんじゃないか?

(‥何故二回言った?)

最初、これを聞いたときに
「まわりくどい!」と思いました。

でも、「〜も、少なくない」
「〜は多い」というのは
前半につく文章によってどちらが合うか変わる。

例えば
「外出する人」がつく場合。
外出する人も少なくない
と、なる。

だけど、「外出を控える人は」までつくと
多い
に、なる




文章は手前から書くけど
直したりすると後半の文章も変わる
そしたら、また変えた文章に合う文章にする

いや。当たり前なんですけど。

言われなくても合う言葉に書き直すでしょ!
ただ、言葉には敏感になっておこう。
と、思っただけなんです。

アクセント、正しい言葉。

「10分」は「じっぷん」と読んだり
あじさいは「あじさい→(平板)」のアクセスだったり。

正直、アクセントも言葉遣いも
正しくなくてもOKになってしまう時がある。

ただ、僕が目標にしている
『日本語が話せる役者になる』を
達成するためには、正しくなくても
OKとされる場所に行かなければ良いだけ。
否定をしている訳ではない。

これをいうと
「アクセントよりもお芝居が重要じゃないか」
と言われることもあるが、それはまた別の話

優先度の問題であって、対立している意見ではない
僕は、優先度というよりも、まず
アクセントや正しい日本語ありきからの
お芝居だと思っている。
だから、個人的には優先度というよりも
「前提」にあるもの。同じ天秤にない。

発声練習やアクセントはなぜ
正しくしなきゃいけないのか?
ということも過去に書きました。





初めて、自分が生まれた病院へ行きました
いや、正確には生まれたのだから
いたことはあるのだけど、覚えている時に
自覚がある時に行ったのは初めて。
改装されて、当時とは少し変わったみたいだけど。

僕個人へのお問い合わせ、また
ボイスサンプル視聴ページはこちらまで!
arino.hiroki@gmail.com

今回は僕がお芝居をするときに
何に意識をしているか?について!

結論から。
1番意識しているのは
キャラクターの骨格に合わせる
難しく言わず、キャラ絵に合う声


これは「声を変える」というわけではない
声「が」変わる状態はある。
意図して変えているか、変えていないか。

面長のキャラクターの声を担当している方
(声優さん)本人も面長だったり
洋画も、外国の俳優さんと
吹き替え声優さんの輪郭も似ていたりする。
(もちろん全然違う時もある)

やはり、声を変えているよりも
その人本人の地声、そのままで
採用されるパターンが多い気がします。

なので、素直な地声で
(地声の高い低いはあります)
演じ分けることを前提に、キャラクターの声に合うお芝居をする。

自分であっていると思っていても
監督さんやみている人からすると
全然あっていないということもある。
それは、話を聞いて
徐々にすり合わせていき、完成に近づける


思い返してみると、今までやらせて頂いた
キャラクターの骨格と自分の骨格
さほど差がないと思っています。
すっごい大人でカッコいいキャラクターもいましたが‥。

でも、自分の顔に自信がない分
少しでもカッコよくなれるのは嬉しいです(笑)
許可が出たらそのうち
担当させて頂いたキャラクターの動画の
URLを貼っていきます!

僕が自主的に朗読をしたこちらの音声をご参考に!



そして、次に意識していること。
あれもこれもと意識してしまうと
頭がいっぱいになってしまうので
シンプルにこの二つなのです!

一つは、先程のキャラクターの絵に合わせる声。

もう一つは
アクセントのチェックと言葉を言い慣れておく

いや、当たり前のことなんですけどね。
アクセント、ほんとにびっくりするくらい
間違った認識をしていることが多い。

例えば最近調べたのは
『贅沢』

僕は
『ぜいたく→』
全て同じ音で平板(へいばん)と呼ばれる
アクセントだと思ってました
ですが
『ぜー(→)た(↑)く(↓)』
こちらが最初になっておりました!

前者のアクセントもありましたが
第二アクセントと呼ばれていて
優先度が高いのは後者のほう。

あれ?と、疑問に思ったらすぐ調べます。





今はこの二つを意識しております。
後は、『自分の事よりも、相手の話をよく聞く事』

‥あれ?三つある?

まっ、そんなことはいいとして
これらを意識してこれからも頑張っていきます!

多分、今月に一つ発表できることがあるかもしれません!
また、許可が出たらこちらにもご報告します!



次は最近気になった日本語について
書いていこうかな?と思っています!
内容は
ニュースで「〜も、少なくない」という言い方をしていて
「そんな言い方しないで、〜は多い」でいいんじゃないか?


まとめ
キャラクターの骨格(絵)に合わせた声

アクセントと言葉の意味のチェック

自分よりも相手のお芝居を聞く



最後に可愛いなーと思った
ガチャガチャの景品、回してないですけど。
某詩人っぽくて好き。回してないですけど。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0161.HEIC

↑このページのトップへ