先日、グランフロント大阪で行われた
UNKNOWN ASIAに出展しました

久しぶりのアートイベントだったのですが、もう楽しくてしょうがなかった!
やっぱり原画を直接見てもらうのって嬉しいし、アナログで描いている以上必要なこと。

そして、なんとスポンサー賞までいただきました。
お仕事に繋がる出会いもあって、出してよかったなとしみじみ・・・

もちろん、出すまでは不安だらけでしたし、トラブルや反省点もわんさかありました。
けど、一つ褒めるとしたら、戦略がちできたこと。かな

そもそも絵本系のかわいいイラストだとUNKNOWN ASIAのカラーと違うかなーと思っていて、いっそいつもと違うアーティスティックな絵を描こうかとも思いました。
けど、それ風に描けたとしてもなんだか違う気がしたんです。
無理に背伸びしてもそっちにはそっちのスペシャリストがいるし、それならいつもの私のスタイルのままうまく目立てないかなーと考えました。
こういうブースを構えて展示するイベントって、展示の仕方でいくらでも変わるんです。
なので、私にもチャンスはあると思っていました。

で、1年前にパッと思いついたのが今回のメインにしていた絵たち。
「アイウエオ」五十音を全文字描く、ということ。

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8955.HEIC

2年前に描いた「アルファベットずかん」という絵がとても好評で、それのあいうえおverはどうだろうかと思ったのが始まり。
それぞれの文字をその文字から始まる動物や植物で全て構成して、なおかつちょっとしたストーリーもある絵にする。というもの
絵本作家らしい展示だわ。笑
これならいつもの私の絵で、お客さんを楽しませることができるし、仕事にも繋がりやすいと考えました。

過去のアンノウンの展示を見まくって、いいなと思う人をチェックして・・・
時間はかかったけど、粘ってよかったーー

今回のイベントに出て、
絵だけで勝負しなくても私には私なりの道があるということを学びました。
画力はまだまだペーペーですし、センスもない。
どちらもいきなり上達することはないけど、ないなりの工夫ってのはやれる。
アイデア勝負ってことになるのかな
これもなかなか難しいけど、たまにそのアイデアが降ってくるので、それを逃さないように常にアンテナは張っておこうと思います。

次は個展したいなー
描きたい絵がたくさんある!ギャラリー探ししなきゃ