日曜は、急遽関西に帰り
大好きな先輩で画家である、マツオマミさんの個展へ行ってきました
XiO5jVLOxC.jpg
苦楽園にあるウラン堂さんでの展示は、絵とギャラリーがとてもマッチしていて

とっても素敵な空間でした

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4572.JPG

ガーリックちゃんとブロッコ・リーがお気に入り

久しぶりに先輩とたくさんお話できて楽しかったなぁ

そしてオーナーでアートディレクターであるリトウリンダさんともお話させていただきました
やはり人生&業界の大先輩はすごかった
とてもいいお言葉をたくさんいただいた

私はまだまだ始まったばかりで
比べればとても小さくノミのよう

なのに少し結果を求めすぎていたのかなぁと
少し焦っていたな、と気づきました

何でも、継続することは難しい
特に集中力がなく飽き性な私にはなお難しい

私のように成功を目指して頑張る人はたくさいて、
画家やバンドマン、ダンサーに芸人...

諦めるタイミングを見極めるのも大事だけど
そんな中10年続けられる人はいったいどれくらいいるんだろう

10年続けてやっと芽が出る人もいる
なんなら画家なんて没後からってのも定番なくらい

今は10年後も描きつづけていることを目標にしたいなと思いました

あと10年、悩んでもがいて笑って泣いて
絵描きとしての人生を味わえたらなと

ギャラリーを出た後にふと思いました


来年にはまた個展ができるといいな

前回投稿の絵から描きたし
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4334.JPG
なんとも言えない表情

今の自分を写したような顔してるなぁと

何しても満たされない。
悪いことはないし、どちらかというと幸せだけど
なんだか全く満足いかなくて
その理由が分かんなくて、やる気が浮ついてる気もするなぁ

新しい絵を描くべきか
新しい絵本を考えるべきか
いっそ休むべきか

人生の先輩たちはみんな口を揃えて
30代が一番楽しいぞ。と

20代だった私に教えてくれました

31歳の今、強く実感する

30代はもう若くないと思っていました
老けるだけだと思っていました

でもそれは大違いで、
人生80年としてまだ半分にも満たなくて

20代は青く、30代でやっと若いと言われるようになったのかなぁと
まだまだ無知なことも多く
まだまだやりたいことが山のようにあって

でも20代の頃より色んな余裕が出てきて
気持ちさえあればなんでもチャレンジできちゃうし
どこへでも行ける

そのスタートラインにやっと立てたのだと。
そのラインに立てた気がして嬉しい

世界を狭くするのも広げるのも

自分次第。

ウォールズの壁のように

本当は壁なんてなかったのかもしれない
ただ、自分で作っちゃってるのかもしれない

芯を持って突き進めば世界はどこまでも広いんじゃないかな
その世界をどこまで体験できるか。

ワクワクが止まらない今日この頃

次から次へとお話が舞い込んできて
もしかしたら大忙しになるかもしれない!
しあわせだ!!

でも、絶対に奢らない!謙虚に。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4278.JPG
飛行機の中から見た水面は鱗かと思いました

↑このページのトップへ