GWの締めくくりに訪れたのは九十九里浜。

埼玉県民にとって、
海は絶対的な憧れの地。

思い出の昭和歌謡と共にお届けいたします。
この曲は、昭和のグループサウンズのパロディ満載の曲ですw


♪わかーれたあーの夏をっ
    忘れ〜られないーの〜

♪出逢ったしゅーんかんっにっ
    このむーねが震えたの〜

♪ずいぶーんな好みねって、
   人はー言うけれーどー

♪それーでもわーたしにっはっ
       高望みの方だわ〜

    ↑この歌詞なんか好き(〃ω〃)

それにしても、
日本最大と言われる砂浜海岸は本当に広大。



見渡す限り、砂と

お昼寝は、この中で。


ティノさんの座り方w 


私と娘の


♪ああ〜九十九里浜ぁ〜
    夕日が〜泣いている〜
  ※九十九里は東の海なので、夕陽は見えません😂


続いて訪れたのは、
硝子食器好きな私が
愛してやまない菅原工芸硝子

工房が九十九里市にあるのです。

入店制限をしている為、
受付をしてから
40分ほど待ちました。

入り口の取手も硝子製✨ 


その間は敷地内を散策。
菅原のガラス食器でお食事を楽しめるカフェもあります。


待ち時間もあっという間に。


いよいよ入店。
あっ、持ってるものたくさん。
でももっと欲しい。。。


きのこ〜🍄


都心の販売店には出回らない
ハンドメイドの一点ものも。


この間メルカリでポチったやつ✨
半額以下で買えたの🤫


これが欲しかったけど、
レジにとても時間がかかりそうなので購入を見送りました。
いつかのお楽しみに。
これでコーヒーゼリーが食べたい✨


追記・:*+.\(( °ω° ))/.:+




本日もブログにお立ち寄りいただき、
ありがとうございます。

いいねやフォローなど、たくさんいただいて
本当に嬉しいです。(*´▽`人)アリガトウ♡
今日が良い日になりますように🍀*゜