2019/06/16(日)やついフェスに行ってきた。
_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8835.HEIC

バンアパ
Eric.Wからのhigherの流れは完全に高校生の頃を思い出した。マジでカッコよかったなぁ。

桜エビ〜ず
今日のやついフェスの目当てでした。
バンアパからの流れで1曲目に灼熱とアイスクリームやらないかなぁと考えていたら本当にやってくれたのはとてもとても高まったな。
曲は好きだけど普段ライブ来ない人たちとあのイントロを歌えたのはとてもよかった。
↑これが地味に竹中先生とかおもしろいって言ってたのがウケた。長年歌ってきた甲斐がありましたね涙

ただ他の人にある程度の配慮してワイワイやってるのに、そういうのをわからず他の人達にガンガンぶつかって迷惑かける人は理解に苦しむな〜って感じだったな。シンプルに同じにされたくないでしょ。

次はMagik melodyといういい流れで空気感もとてもいい感じで最高だった。ただいつものところでこっち近辺に何もなかったのを見て、あぁ〜終わった^o^ってなったな笑

3曲目は最近ライブで見るとすごくジーンと来てしまう帰れない!でフロアが一旦落ち着いてしっかり見られたのはよかった。

帰れない!が終わって薄明かりの中、次のフォーメーションに着くメンバー。おいおいおいおい……嘘だよな…??まさにこのフォーメーションは…!状態だった。本気か桜エビ〜ず。ありがとう。と考えているとあのイントロが会場に鳴り響いた。

"""""エビ・バディ・ワナ・ビー"""""

多分この日、1番の高まりだったと思う。
フェス的な対バンで昔出会った人たちとこの曲を聴くのが1つの目標であって。最近は12ヶ月配信シングルという良曲の宝庫が世に放出されたこともあって中々こういう場所で見られる機会がなかったし、この日はアイドルの対バンでもない対バンでオシャレな感じで攻めていくんだろうと考えていたから本当に驚いた。
この日のエビバディのラスサビマサイは環境を踏まえて僕が今後桜エビ〜ずを見に行く上でもう二度とないのではないかというくらいよかった。同じ波長の人たちとああやってまた一緒に跳べる時が来たことに感動も覚えたよ。また1つゴールを迎えてしまった。
次は青年館の本編ラストだな(?)

次のさいしょのさいしょも新曲ながら盛り上がりで見てて凄く楽しかった。実はこの曲もラスサビマサイ曲なのだけど、エビバディが良すぎて忘れてた。
一通り盛り上がりを見せてグラジェネでまた一回落ち着きを取り戻せたのも流れ的にはとても良い感じだったと思う。 

それ9もやっぱり僕たちの中ではとても人気でサビの振り付けも踊りやすいし、曲が良いから最高だよね。みんなちゃんと川瀬と水春くんの最後の実質紅白歌合戦見てたかな…この日もめちゃよかった。

そんでリンドバーグ。
前半の灼熱の感じもあって、絶対に怒られるだろうなぁ〜って温度感だったけど平日の朝から晩まで代々木公園でぜぇぜぇ言いながら作ったゲーフラだし、ここでやらないと二度とやる機会ないだろうなぁという個人的なエゴで掲げたら予想通りの結果になってしまった。
こうなるのも仕方ないし反省はしてたので、リスバン切ってもらって帰ろうって考えてたけど校長とやついフェスの運営の人の忖度で残ることができました。頭が上がりませんよ。
MUSiCフェス新規としてやり直します…。

キラキラをBGMに外に出て、帰ってきた人たちと合流した時みんなめっちゃ良い汗かいて楽しかったって口々に言っていたのがよかったし嬉しかったな。
この日の桜エビ〜ずは自分が変に盛り上がりすぎてたんじゃないかなぁと思うくらい盛り上がったのには驚いた。
あのまわるまわるまわる大好きな自分が今日はまわるまわるまわるやらなくてよかったって思っちゃうくらいうるさかったんだからそりゃもううるさかったんですよ。(伝われ)

そのあとは七尾旅人を見た。
音楽という文化がどのように受け継がれ、次の世代に発展していくのか。という事に関しての最適解を凝縮した様なライブだった。本当に感動して涙が出そうになった。上半期一番よかったライブと言っても過言じゃなかった。久しぶりに生で見たRollin' Rollin'よかったなぁ。

ハバナイにいこうとしたけどサニー産の転職前無職最後の日ということで、しょーちくくんとご飯を食べた。本物のようなぴがいた。
_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8848.JPG
なんだこの写真は。

そして東京女子流。
光るよヒマワリRebornAHBPpartitionlove雨と雫睡蓮深海光るよ。中野と同じであれやこれや思うところはあったものの、まぁ楽しかったしよくわからんけどなんだか優しい空間で見てて安心感があった。

そのあとは天下寿司からの今年もナチュラルローソンの前で反省会をして帰りました。
_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8859.HEIC
なんでみんな前向いてるんだよ(人生に前向きなのは良いことだよね)
来年はどうなることやら……

今週末はMUSiCフェスと水春の生誕。
フジファブリックの若者のすべてで横浜の海に還るんだ。

好きみっぴ
      握手行きたかった
                   みっぴちゃん




_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8733.JPG
自分のやりたい事をして達成感を得た。ああいうの久々だったから終わった後のビールはすごく美味しくて喉だけじゃなくて心も潤してくれたような気がした。家に帰ってもずっとその達成感が尾を引いてどこか満足げな顔をしていたと思う。
遊びでも仕事でもつい一年二年くらい前まではそんな感じだったのにいつの間にかなくなっていたよ。なくなっていた、というか仕事に関しては新しい事に挑戦したくて自分から離れたんだけど。遊びでも仕事でもそういうの関係なくマジになって何かを作ることの楽しさを改めて思い出させてくれた日だった。

そんな達成感に包まれたこの日世界で一番美味しいであろうビールを渋谷の王将に飲んでいると世界中を旅していたまっつんさんが来てくれてその時のお話を聞かせてもらった。とても勉強になったし、あの人の常に新しい物を見つけ探求していくバイタリティは本当に凄いなと思った。
オタクやっててよかったと考える数少ないことの1つに老若男女年齢性別職種思考が全然違う人達と仲良くなれたってことがある。その人達から学んだことは良くも悪くもたくさんあったよ。
_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8695.HEIC

確かに楽しい日々が続いてはいるけど全部受け手としての楽しさであって、それはそれでもちろん楽しいけどこのままじゃダメだよなって考えたりもしていて。
じゃあどうするのかって、明確な答えはまだないのだけど、また作る側に戻りたいな。と少し思ってしまったな。

この先、一体何を残せるんだろうか。

六月って、あんま好きじゃないのよ。 




_var_mobile_Media_DCIM_158APPLE_IMG_8186.JPG
そんなわけで6月になりました。
6月って個人的にあんまり好きじゃないんですよ。
理由はいくつかあるんだけど、祝日がないとかそういう話じゃなくて、なんかモヤモヤする月なんだよな。

そんな6月2日(日)桜エビ〜ずを見にGIG TAKAHASHI TOUR FINAL、新宿BLAZEへ行ってきた。
開演が13:00くらいだったんだけど桜エビ〜ずが大トリだったので17:00くらいに新宿へ。

チケットがソールドしてると言うこともありギュウギュウのフロアの中で楽しめるかなぁ〜と言う不安でいっぱいだった。と言うのも最近はギュウ農フェスだったりいぎなり東北産とのツーマンだったり、ある程度スペースに余裕がある場所でみんなで見られてめちゃくちゃ楽しかったってのがあったり、サッカー見に行くのが楽しかったり、先週の中野以降色々と考えていて気持ちがなんだかフワフワしてる状態だったんだ。

でも電車の中でさいしょのさいしょを聴いてて、ジワジワジワジワとテンションが上がって新宿に到着した時にはドンキで大閃光を買っていた。
u7wXCDb963.jpg

会場前についてコージ産とゆふぃすとの人とかとお話をしていざ入場。中ではタスクハブファンがやっていた。フロアは人がたくさん入っていたけど、上手い具合にちょうど良いスペースが空いててそこに入った。
何だかんだ5年くらい前からのマイメン熊澤風花の勇姿を見守り桜エビ〜ずの出番である。転換時に人がグルグル動き始めたので流れにそって歩いてたら上手の余裕のある良い位置につけた。

会場が暗闇に包まれる中、うっすらとメンバーが入場してくる姿が見えた。
桜エビ〜ず好きな理由に入場SEがないってのがあって、SEがないことによる入場してくる時の緊張感と一音目の爆発力がとてつもなく好きなんだよな。

そしてその一曲目、フロアにドラムの音が流れた。
それは月曜日の9時のように だ。
これこれ。これなんですよ。と言わんばかりにグングン気持ちが上がってきた。楽しい。楽しいよ。
落ちメロの川瀬と水春くんの実質紅白歌合戦もいつも以上に素晴らしく聴こえて鳥肌が立ち曲が終わった。
間髪入れずに流れてきたのはまわるまわるまわるだった。優勝である。ダンスダンスダンス。みっぴちゃんみっぴちゃんみっぴちゃんなのである。
本当にこの曲好きだ…。魔曲だ…。
気持ちが高まった故のラスサビマサイしてたら茜空ちゃんも跳びながら振り付けしてくれて嬉しかった。レスだとかそういう面での嬉しいもオタクなのでもちろんあったけど、それ以上にステージ上において振り付けがある中で自由に動いている茜空ちゃんを見るのがすごく楽しいし嬉しいんだ。ライブってそういうことじゃんね。早くスタプラなりのカナミルさんみたくなってほしい。

2曲目にして燃え尽きた…思ったらタリルリラ、きましたきました待ってました。お待ちしてました。ありがとうございます。振りコピ楽しかったーー!最高だーっとなったな。

ってな感じで一旦MCが入って続くのは帰れない!だった。帰れない!のライブアレンジされたイントロから始まる開幕のメロディ、とても良いからみんなにも見てほしいなぁ。
この日の帰れないは自分の感情の問題もあって胸に刺さったというか、すごく切ない気持ちになって涙が出そうになったよ。歌詞がいいよなぁ。

個人的に心がセンチメンタルになったところで次に流れたのはねぇ、ローファーだった。タイミングが良すぎる。完全に聞き入っていた。この曲はやっぱりりじゅちゃんもあちゃんのイメージなんだけど、曲自体が歌謡曲っぽいメロディだからみっぴちゃんの歌い方がすごいハマってて数あるみっぴちゃんパートの中でも好きなパートのひとつなんだよね。

次に流れたのはさいしょのさいしょだった。ライブで見るのは初めてだったからどんなんかなぁと思ってたけど、1番Aメロみっぴちゃんパートは最高だし、歌詞もライブで本人達が歌ってるのを見るとグサグサ刺さってきてラスサビで少し涙を流しながらマサイをした。とても気持ちよかった。
桜エビ〜ずを好きでよかったと改めて思えるライブに来たなぁという実感が更に増したよ。

そのあとはキラキラだった。この曲の最後の空ちゃんのあの歌い方と表情がすごい好きなんだよね。
あと対バンだったけどいつもよりシンガロングしてる感じがしてよかった。川瀬の煽りすごく好きなんだよな。

最後は自由の象徴の曲、リンドバーグで終了。
あの日を超克した2番Bメロのりじゅちゃんは本当に無敵だ。ここ最近で振りが変わったのか、あの力強い指差しになったのはすごくいい。みなぎってるよりじゅちゃん。やついフェスは負けたくねぇ。

最後にアンコールでそれ9をやったんだけど、最後の川瀬と水春くんの実質紅白紅白歌合戦のところで川瀬がいつもと違うめちゃくちゃカッコいいフェイクをしてて、存在感バシバシ出てて、これ皆に見て欲しかったし、まさに映像で見てくださいよぉ案件だった。ライブってこういうことなんだよなぁ。

そんなこんなであっという間にライブが終わってしまった。
特典会でも話したいことたくさんあったけどまずは桜エビ〜ず好きでよかったと言うことを伝えた。やっぱ握手って緊張するね。

グルショは今俺たちの中で一番ホットな映画、愛がなんだ。をイメージして撮った。
mKwJr9Deh7.jpg
監督にRTされていつもより微妙にふぁぼが多く付いてた。

いやー本当に桜エビ〜ず好きでよかった。
心に空いた穴にすごく沁み込んでくる感覚だった。
楽しかったなぁ。

次のやついフェス、めっっっちゃくちゃ楽しみにしております。
俺たちはやるぞ!!やってやる!!
最高の桜エビ〜ずにしてェんだ。。。。


再来週、果たしてどうなる、、、 頼むぞやついフェス…!


みっぴちゃん
      やついフェスは
            やるしかねェ🔥


↑このページのトップへ