月別アーカイブ / 2016年06月

新しいMVを公開しました!

image


というわけで今回は「重力列車」について。


重力列車とは、理論上ではどんな長距離でもすぐに行けてしまう乗り物のこと。


春を別れの季節とするならば、それまでの一緒に過ごせる残りの時間。
冬と春のあいだ、「梅春」を思い出す曲になりました。


ちなみに、サビの「例え許されない…」「今は悲しみに…」という歌詞は当初なかったものでして、元々の歌詞はちょっと誤解を与えかねないかなということで変更しました。

昔のライブではその歌詞で歌ってるんですけどね。もし観ていた方がいたらびっくり!



そしてこの曲、実は知人の結婚式からの帰りにできたというのはここだけの話にしておきます(笑えない!笑)


https://youtu.be/lhV4kDGwNpk

MVたくさん観てね!

面白い出会いがあったのでここに記しておきます。


先日近所に住む80歳代のおばあさまと色々ありまして出会いました(いかがわしくありませんよ)

色々あった話は長いので割愛させていただきますけど、話してるうちにそのおばあさまが趣味でアゲハチョウの羽化をしている、と。
そしてその羽化の内容を事細かに写真に撮って記録している、と。

聞くとアゲハが毎年卵を産みに来るようでかれこれ15年程毎年やっている、と嬉々とした表情で語ってくれました。
…15年!!


「あの蛹からこんな大きなアゲハが出てくるなんてほんとにすごいわよね〜」
と小学校時代に抱いた感想とまったく同じまま、ブレてない。
すごい。

そしてアゲハのイモムシは柑橘系の葉っぱが好きだそうで
柑橘系の鉢も昔からたくさん育てている、そう全てはアゲハのために。
「15年もやってると、葉っぱから育てるのよね〜」
「花が咲くと部屋中いい香りなのよ」

安心〜!
いやはや脱帽で、内心深々と頭を垂れさせていただきました。

羽化するときはもうずっと興奮して寝れずに毎時間、毎分とかかさず羽化する瞬間を逃さないためにほとんど寝ないんだとか。
あらやだ、この人カル・リプケン。


今年はクロアゲハが卵を産みに来てくれたそうでその独特なフォルム、艶、深海のような、藍染のような、漆黒の藍色。
模様は橙でこれまたキレイな着物の織模様の様相。
キレイなクロアゲハで何枚ものカットの写真を見せていただきました。

思わず私も見惚れてしまい
「ごちそうさまでした」
の純粋な一言が口からこぼれ落ちました。


腰の曲がった80歳のおばあさまがそんな情熱を持って敢行しているアゲハの記録。
周りからは「イモムシなんて育てて気持ち悪い」など評判はあまりよくないそうですがそのアゲハの話をしているときのおばあさまの目の輝き。
尋常じゃないです。
モノづくりをする人と同じ目の輝きじゃありませんか。

年を重ねても好きなことに一生懸命になっているその姿、実に美しい!


 
おばあさま、どうもありがとう。
また来年お会いしましょう。

その時だった。

尸丸城が陥落する音が遠くで聞こえた気がしたのだ。
そんなことが信じられるだろうか…。
鳩場丸aka哀一郎(幼名ムクロン)は俄かに信じられない気持ちでいた。しかしその情報は、骸小路軍を翻弄するには充分すぎた。

尸丸様の骨壷がカラカラと悲しそうに渇いた音を立てた。
その瞬間、骸小路軍の士気が上がるのが目に見えるようにわかった。

「鳩場丸!出撃の準備じゃ!」と尸丸様の声が上がった。

精一杯の声を振り絞る鳩場丸。
「あのぉ、準備はもうできています…。」
彼の心ももちろん震えていた。

-----

この時代小説は以前、荒川のLINEグループに唐突に投稿したものの「長い」の一言だけで後は全く話題にもされなかった悲しい物語です。
鳩場くんの祖先"鳩場丸"の日常を描いた痛快ハートフルなコメディ時代小説になるはずだったが感想をくれないのでペンが止まったのだ。
僕のフォロワーがだいたい890くらいなので、1000くらいなったら続きを書こうと思います。書かないでいいですか?さようですか。
そんなわけのわからんもん書かないでいいから曲をかけ!という声が聞こえます。(が耳を傾けません。)

しかしご心配なく。
僕は決めたのです。
いつ何時も、何かしらの曲を作ることを!!
別に曲じゃなくても何でもいいんですけどね。


さて、それにしても、
先日連載の始まったくすかわうそ先生の四コマ漫画「鳩のおじさん」の反響がすごい(ほぼ無し)!
特に、一番喜んでもらえると思ったうちのキーボードの鳩くんに至っては
「はぁ、クレヨンしんちゃんみたいだね。」の一言のみ。
 
ショックすぎて視界が真っ白になって頭の中も真っ白…もはや、ささやき女将状態。
そういえば彼はマンガというものをクレヨンしんちゃん以外ほぼ読んだことがないといっていたことを思い出して納得…。
そんな彼には、クレヨンしんちゃんを全巻まとめて購入し送りつけようと思います。もちろん政治資金で! (編注:嘘です。)

あと全然関係ないけどそろそろキャンプに行きたい季節。
あたしゃね〜いくよ~楽しみの助〜。


それでは、鳩のおじさん連載2回目。
今回も張り切って行ってみましょう。
ついにdobatos(ドバトス)のメンバーの全貌が明らかに!?
登場人物紹介も書きました。

描いてる時たまに悲しくなるのなんででしょうか。
それは自分にもわかりません。 

hatouncle0616
➡︎鳩のおじさん登場人物紹介を見る!
➡︎連載2羽目を見る!


※この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。
※@todayhatoのアカウントの人からの苦情は一切受け付けません。

↑このページのトップへ