今月の配信曲は、
「ハートビートからknockしてるbaby」ですが!まだかまだかと待ってくれてる方のために一足先にライナーノーツを。

大学を卒業し社会に出てすぐの頃、初めて車を買った。中古で乗れれば大体なんでも良かった。車のことなんて詳しくないし何もわからないまま。
カーステレオは徐々に壊れて音は出るけどディスプレイが映らなくなり、勘で操作。
いわば壊れかけのレディオが僕のハートを鳴らし続けてくれてたわけです。
赤い車に乗っていろいろなところへ出かけた。今思えば、僕の喜びや悲しみのストーリーをひとつ残らず全部運んでくれていたのですよね。
6、7年くらい乗ってたかな。いろんなことをあの赤い車に教わった気がします。

そういえば仮歌を録音するときに夜中とか大声だせないときに、車の中に潜みながらiPhone2つ持って暗闇の中で録音してましたよ。一つは歌詞表示用、一つはボイスメモ用。それも全部いい思い出です。

今回も、わたくしの作詞作曲セルフプロデュースです。
RAPまでありますが、まあRAPと言いますか、あれはポエトリーリーディングみたいなもんですよ。笑えるでしょ。
そんな曲があってもいいじゃないですか。



_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3131.JPG
これはプラネタリウムの写真


国分寺カバーという、国分寺市の協力をいただいて、各地で弾き語りを撮らせてもらう企画がある。(YouTubeにあがってますので興味ある方はご覧ください)

先日その撮影をしてきたところなのだけれど、行く先々では初めて出会う人や風景というものがある。(茶畑の中に入った時は何故か妙に照れ臭かった)

どこかの道ですれ違っても、喫茶店で隣の席になっても話をすることはなかっただろう人と出会う。車で通り過ぎるだけだった風景と出会い、特別な意味を持った場所になる。これも有難いことにきっかけがあったからだ。(似たような意味の言葉で「縁」があるけれど、僕はそのニュアンスはだいぶ違うと思う)


「大きくなったらお菓子屋さんになってお菓子の差し入れをしてあげる!」
と女の子が言った。

「その時にはおじいちゃんだよ!」
と違う女の子が言う。

そうか、その時にはおじいちゃんなのか俺は。...いやいやおじいちゃんは言い過ぎだろう!!と苦笑いしてしまった。

本当にたわいもない会話だけれど、こんなやりとりも、きっかけがなければそう簡単にはできないものだ。


僕たちはいつでもきっかけを探しているものだと思う。安定した生活に安らぎを感じていたとしても、僕らは自分を変えてくれるものをいつも探している。なんたって海の中から這い上がって地上に出た遥か昔の大馬鹿者の末裔な訳だし。(この時のきっかけは視力の発達だと言われている)


少なくとも僕はいつでも変わりたい、違う人間になりたいなぁと思いながら過ごしている。


だって、変わってもいいやと思ってる人の所に、きっかけはやって来てくれるような気がするからだ。



vo.一戸

先日のワンマン来て頂きましてありがとうございました!気づけばあっという間に9月で秋が顔を出し始めてるような気温ですね。

みなさま、配信された暁はたくさん聴いてくれてますか?今の季節に特に合いそうな気がしてますよ。ちなみに金星探査機の名前はあかつきといいますね。お!これは11/11に多摩六都科学館にて行われる荒川ケンタウロスアコースティックワンマンライブinプラネタリウムにとてもちょうどいいではないかー!ということで当日のセットリストからあかつきはそっと外しておきますね。
うそです、おそらく外れることはないと思いますので11/11のアコースティックワンマン、みなさん何卒よろしくお願いします!!

この前、高円寺に阿波おどりを見にいきました。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6727.JPG
連ごとに様々な特徴があって面白いのです。1チームにたくさんの人がいるけれど、一人一人のパワーが集まって素晴らしいものを作り上げている。誰1人欠けたらダメなのだろうなと感じました。バンドと同じですね。個々の存在が大事です。

また口内炎ができそうなので今のうち味の濃いもの食べておきますね。ばいちゃ。

↑このページのトップへ