P_20191121_214621_1.jpg
ども。
青沼李果です。


写真は常連さまからいただいたクリスマスカードに入ってたツリー✨
嬉しい💞
うちのダイニングテーブルを飾ってくれてます💞


さて。
結婚について深めた話を。


占い師という立場ほど、
結婚したい!という渇望なさる案件と
離婚したい!という苦悩する案件と、
両方を山ほど聞くことのある仕事はないんじゃないかと思えるくらい、

結婚の前と後のあらゆるご相談をお受けします。



世の中の7~8割は、
結婚に苦しんでる夫婦ですね。。。。


そしてそんな両親を見て育った子供が大人になり、結婚に良いイメージを持てぬまま時間に追い立てられるようにして結婚を求める。

そりゃあ結婚なかなかできません。
深層意識は結婚を恐れてるわけですから。


その恐れ、間違ってないです。
大丈夫、あなたは正しい。


勘違いしないでいただきたいのが、
だから結婚なんかしないほうがいいよ、ってことじゃなく。



そもそも、
この世で一番価値観の合わない者同士が惹かれあい夫婦になってしまうのが結婚なんです。
どんなに吟味しても。
死ぬほど確認しても、なぜかそうなる。
そうなるようにできている。


その価値観、私には必要ないわー、
それ要らない価値基準だわー、

って、ポイポイ切り捨てていった過去の自分の集合体が、パートナーだから。

節約こそ命!って人には
浪費クセのパートナーがやってくる。


だから。
結婚なんて上手く行かなくて当たり前なんですね。




ちなみにうちは夫婦円満です。
今のところ息ピッタリです。
これは何かしらのギフト、ラッキーパンチなんだと思ってました。

けど、よくよく考えたら。
そう成らざるを得ない道筋をしっかりたどって来てた事に気が付いた。

それを、まだ結婚前から坦々とコツコツと積み上げてたってことがわかった。



はい、もうこっから先は自慢です。
堂々と、自慢します。
だってそれだけのことやりましたもん。
やり尽くしました。



夫婦円満の秘訣は、


とことん喧嘩すること。


だから結婚とは喧嘩することとみつけたり、です。




もう、これしかない。
喧嘩は喧嘩ですから、
良質な喧嘩も悪質な喧嘩もない。
そんなもんない。
ただのみっともない小競り合いです。
陣取り合戦です。



喧嘩するたび、試される。


お前本当にそれでいいのか?
そんなんで納得するのか?
情けないとは思わないのか?
こいつとわかり会えると思うのか?
わかってもらえると思うのか?
本当の本当は何を望んでるのか?
何をどうしたら良かったのか?



体力精神力、ギリギリまで削られます。
下手したら周りにも超迷惑かけます。

で。そこで、逃げない。
腹くくる。
ここで女性が先に腹くくらないと、男性は向き合ってくれません。
理不尽に思うかもしれませんが性質上仕方がない。

とことんやり尽くす。
女が、先に覚悟します。




ほとんどの夫婦が、逃げるんです。
やり尽くさない。
せっかく喧嘩できてるのに
面倒くさがって中途半端に逃げたり、
自己探求にも手間をかけない。
変な第三者入れちゃったり(親とか親友とか)
嫌われるのを恐れたり、
見栄はって隠したり、
環境の変化を避けたりする。

そして愚痴を本人以外に吐く。
そしてなんとかやり過ごしてしまえる。



やり過ごしてしまえるから、

自分の反省点にも気が付かない。




夫婦喧嘩は犬も食わないといいますが、本当にそうだと思います。
でもそれでいいんですよ。



人の価値観と価値観のぶつかり合いに、常識も非常識もない。
ないんですよ。
むき出しの感情だけでいい。
シンプルな、己の気持ちだけ。

そこに、自分の感情以外のもの突っ込むからおかしなことになる。



一般常識とか、
世間的には、とか
他の人は、とか
隣の夫婦は、とか


女はこうあるべき
男はこうあるべき、

私はあんなにしてあげたのに、
誰かのために
家族のことを思えば
親を大事に、子供も大切で、


そういうの突っ込んじゃダメ!!!
もっともらしい理由でそうやって逃げるから歪むんです。



お金がないから離婚できない、なんてもっともらしい理由でさえも、そんなのも離婚しないための理由を探してるようなもの。



そういう人はお金に問題がなくなったら今度は子供のために親のために(せいで)離婚しない(できない)とか言い出します。


気づいて欲しいのは、
離婚したいと言いながら本当は恐れてる自分。

相手を変えようとしても変わりません。
この世で一番価値観の合わない相手ですから。
じゃあどうするか。


そんな真逆な相手ととことん喧嘩しつくすことで、本当の自分と向き合うこと。


恐ろしい感情を身にまとう自分が出てきます。
おぞましいほど幼稚な自分も出てきます。
目を伏せたくなるようなみっともない自分も見えてきます。
うっかり相手のせいにできないかとなすりつけたくなるくらい、見たくない自分です。


そこから目をそらさず、
しっかり受け止める。



受け止める事ができたら、
お別れがくるのか、
相手を認めて受け入れられるのか、
どちらか一方の答えがくっきりはっきり、出ます。




そして、

本当の自分を迎え入れることは本当に清々しいものです。



見たくなかった自分を迎え入れるキッカケをくれた相手に感謝すら覚える。



そうして乗り越えた先、もしまだ一緒にいられる仲だとしたら、
それは唯一無二の絆になってゆきます。




嘘なんかいくらでもついていいんですよ。
つきたいならつきつづければいい。


ただ、自分にだけは嘘ついちゃだめ。
自分からは逃げられないから。
自分は一番ごまかせない。
一番嘘が通用しない。


一緒に居たくない相手でも一緒のほうが都合いいからといって自分に嘘ついてると
どんどん鈍っていきます。
自分から見放されてしまう。
自分で自分のこと見放してロクに見てあげないのに、パートナーからちゃんと見てもらえるわけがないですからね。



結婚は墓場だって言った奴、ちょっと出てこいや。

そのセリフがもう逃げ腰なんだよ。
離婚って落とし前つける負担も含めて結婚。

ギリギリまで自分を追い詰めてくれる、そして飛躍させてくれる、ありがたい強制ギブスなんですよ。



ああ、ただね、
奥さんぶん殴ってくるような旦那とか、
出張先まで追いかけてくるようなメンヘラ奥さんとか、
子供に虐待平気な相手とか、
親の会社のお金ふんだくって平気な奴とか、

そういう人からはとっとと逃げてくださいませ。


そういう相手は別問題です。
そういうのからは逃げないと、一生墓場です。