月別アーカイブ / 2019年07月

P_20190715_162858_BF.jpg
ども。
青沼李果です。


占い師ってのはどんなにもてはやされたって、人の心の中を覗くゲスな商売だと私は思ってます。
だから最低限、自分自身の心の中を開示するとか出来る限り整理整頓しようとするとかはマナーだと思うんです。


占い師ほど人生滅茶苦茶な奴はいないわいな。


コミュ障こじらせてたり、
自己承認欲求歪ませてたり、
根性論大爆走させてたり、
スピワールドに逃げ込んでたり、
開運とは程遠い私生活送ってたり、する。
この私もそうでした。し、今も闘ってます。


占い師って仕事に巡り会うくらいだから、面倒臭くて複雑で繊細でクソみたいな精神構造してんのよ。
どんなーーにキラキラに見えて、充実してそうで、美人でもイケメンでも。
どんなーーに常識人に見えて優しそうで人格素晴らしそうでも。
全員そう。私もそう。
その自分自身のパズルに果敢に挑戦することが結果人の役に立つ。
そのパズルを解くことが「お題」。
そこ乗り越えて幸せになった方法や姿をお見せすることでさらに役に立てるのさ。


なのに、その自分のパズルほおりなげて、人のパズルに手ェ出してエラソーにあれやこれや言うことで満足しちゃってたら、クソの役にも立たん。


先生、先生って呼ばれることに危機感を感じなくなったらお終い。

自分との向き合い方は、
占術いくら覚えたって身につかないからね!



・・・・・って、自分にも言えるくらい、
私はこの仕事がやっぱり誇らしい。



人生に失敗できる、
人生をこじらせてしまえる、ってことは、


そこを、成功させる可能性と才能を秘めてるってこと。

完成なんかしないよ、人間は皆未完成。
だから、美しいし、だから完璧。


この言葉を間違えてとるなよ。


だから、いつでも、
「こんな私」。
精神構造クソな、こんな私。

だから、いつでも、 
「すごい私」。
精神構造クソという強制ギブスはめられた状態でしれっと本物に、幸せになってたらまじすごいやん。

だから、その私にお客様として巡り会ったとして、役に立たないことをお伝えするわけがないやん!

そんな私の前で嘘つくお客様には一周回って「ええ根性しとるのぅワレ?」って気分になります。

ほとんどヤクザだな(笑)


P_20190713_075752_BF.jpg
ども。
青沼李果です。


私が占い師になって早、13年が経ちました。

占いの世界はビジネス的にもまだまだ可能性に満ちているし、世間のニーズもこれから開拓されていく土壌が全然残ってる面白い畑だと思います。 

それこそ歴史も古いし、生き字引みたいな人たちも多くて、かと思いきや先人たちの星の解釈に果敢に挑戦して現代に合わせたアップデートを繰り返す人たちもいる。

私はどちらかというと後者タイプの占い師が好き。
本の知識丸呑みしてとことん整理整頓しそれを流暢に話せる技術も素晴らしいけれど、私は
常にアンテナ張り巡らし自己の経験則や観測眼からはじき出した結論で闘う斬新な視点の占い師にロックを感じます。
し、私もそうありたいと思い続けてきました。


けど。
私、そろそろ「占い」とか「鑑定」とか「セッション」とかでなく、

「コンサルタント」

って言いたくなってきて。


タロットや気学も霊視も経験則も心理学も宇宙エネルギーもぜぇんぶひっくるめた「私」で話したい。


「占い師」って言っちゃうとその範疇守ろうとしてしまう。みたい。
それがかなり窮屈になってきました。
自分で勝手に作っちゃった思い込みです。
どうしても占いありき、占いが先で、その下に私がいる、って意識になっちゃってる。



だから
占い師って肩書きを飲み込んで「青沼李果」ってブランドをもっと力強くしたい。



「占い師の人にこう言われた」って言われるんじゃなく、「青沼李果という人にこう言われた」ってそう言ってもらうにはどうしたらいいかな、ってずっと思ってきた。


それには、もっと実績が必要。
もっとわかりやすい実力、魅力を。


ソレはどんな?っていったら、やっぱり思い浮かぶのが高橋歩さん!
Screenshot_20190714-050442_1.jpg

いやもうだってこの人の人生唯一無二で。

星の動きがどうとか何とか、もうどうでもいいもんね。そこ超越した部分で高橋イズムをインストールしたいって思える。



あ、そうか、

青沼李果イズムをインストールしたい!
って思われたい!


個展開催への挑戦も、その「何か」への第一歩かも。



なので、
私が13年無意識に積み上げてきちゃった「占い師ってこうあるもの」って範疇をちゃんと知って

まず、


これまでの占いのノウハウや気学、タロットの鑑定内容を卒業論文みたいにどかんとまとめて講座やセミナーをやってみようかと!




この6つジャンルで考えてます。
のちのちまた変わるかもしれないけれどまずは出してみる。



7月インスピレーション
青沼流タロット講座
『タロットってこんなにカンタン』


8月霊視霊感
青沼流ハイヤーセルフとの対話法
『ハイヤーセルフともっと仲良くなろう』


9月気学
青沼流九星気学バイオリズム講座
『バイオリズム知っておくと超便利』


10月運勢
青沼流運勢トリートメント講座
『運勢整えたいならここに着目せよ!』


11月
青沼流金脈探し講座
『あなたのブレイクスルーポイントはここだ!』


12月恋愛
出会い、パートナー運、うまくいかせるコツ
『青沼スパルタ恋愛塾』



これらを月1開催でやってみたい。 
なんで月1開催かっていうと、

私がその方が精神的にラクだから(笑)


たーぶーんー、怖くてしゃあないと思うから💦
連日開催はテンパる気が。。

とかいって1日やったら一気に慣れて水を得た魚のようになったりしてねww


もう少し整理整頓して、またお知らせします!





そして、大切なこちらの告知も。
わたくし、絵描きとしてのキャリアたった二週間で個展開催を決めました✨
IMG_20190711_013342_245.jpg
Screenshot_20190711-023508_1.jpg
普段は歌う占い師として活動している私ですが、
今年の夏至から何かにとりつかれように絵を描き始め、

それがあまりに楽しく、あまりに夢中になってしまい、
その勢いのまま、個展を開くことにしました!

個展を開催するなんて、もちろん人生初です!!
もう、わくわくとドキドキしかありません!

未経験、初心者だからこその勢いとエネルギーをぜひ味わいにいらしてくださいませ。

個展への思いを、たった1日に込めます💕
入場無料!!ぜひお誘い合わせの上お越しください(*´Д`*)

また、opening ceremonyとして、
私の音楽ユニット「Bachmen」でミニライブをします🍥11:00から。
こちらもぜひ味わいにいらしてくださいませ。

ご来場心よりお待ちしております!


8/11(日)11:00~19:00

神楽坂・光鱗亭 スペースAOMにて



歌う占い師としての活動が載ってるサイト

青沼の物販、絵画作品が見れるサイト

IMG_20190711_013342_245.jpg
ども。
青沼李果です。


なんか8/1までキョーーレツな水星逆行が起きてるらしいですね。

しかも、水星だけじゃない、合わせて5天体が逆行中っていう、全力で「振り返り」、「補強作業」を求められてる時期らしい。

その上、7/3にあった皆既日食、7/17にある部分月食、この「蝕」に挟まれた時期、崩壊と構築がどかんと起きても不思議じゃない。


で、7/20からは夏土用もスタートする。
土用も、気の下剋上が起きてエネルギーシェイクされますし。
とっことん、試される時期に入ってきてますね。


そんな時期に、あたくし、人生初の
個展開催のお知らせぶち込みます✨


これまで、青沼李果といえば占い師、
占い師なんだけどどうやら歌も歌うらしい、
っていう(狭い世界での話ですが)そんなイメージがあったと思います。

そこに、なんと、「絵描き」とゆー肩書きも、加わっちゃう!
個展開催したらもうどんなに未熟でも「絵描き」さん。

イェイ、画家ごっこ


もしかしたら、これまでのイメージがガツンと変わるタイミングに来てるのかも知れないと、自分の感覚で感じています。


絵を描きだしてからの自分の変化には、本当に毎回、毎日、驚かされています。

もっと言うと、「I am a dancer!!」って心残り叫びをサルベージしたあたりからなんだけど。



思えば、自分の周りに絵を描いてる人が多かったんです。
作品展示会呼ばれたり、グループ展観に行ったり、自分がモデルになったこともあった。
中にはNYで個展成功させたキャリアを使って、大手アパレルギャラリーから展示のオファーもらって新作個展開催してる子の展示手伝ったこともあった。

今思えばあれは超貴重な体験。
ギャラリー担当者と軽く揉めてる場面にも出くわしたりw
その当時は何が起きてるのかさっぱりわからなかったけれど、自分が個展開くことになっていろいろ情報に触れた後思い返すと、あの子すごいアーティストだったんだな、そういやプレゼン力ハンパなかったなって思ったり、

ギャラリー側の思惑をなるほどそういうことかと理解できたり、

逆に、あんなに素敵な絵を描くのになんでちまちまグループ展なんかやってたのかなあの子は、って思ったり、

貴重なデータを、
過去に経験済みだったことが面白すぎる!



過去の私よ、ありがとう。
おかげでどんな風に空間を飾ったらいいのか、イメージしやすい。


それに。

これまで負の財産だと思ってきた、
過去の未消化な感情や経験やどろどろとした自分自身の闇の部分、

これが、全て、絵の肥やしになる。。。
ってことが、わかった。。。!!

すげぇ!!すげぇよ!!

トランプで言うところの革命が起きたみたいだよ!


隠したくて仕方なかった闇が、
全部貴重な財宝だったことが判明!!

コレ全部財産ならば、もうこれはすげぇよ!!
いっくらでも残ってるよ!!



何があっても、全部芸の肥やしになるから、
なーーーんて言って、
貧乏時代も、失恋の時期も、めちゃくちゃな私生活も、
肥やしだー!って言ってるうちは

ほんとにタダの肥溜めなだけでどうにも使いようがない。


それらが本当に肥やしになるには、
そんなこと言って安っぽく遊んでるヒマもないくらい、

どん底に、
のたうちまわって、
結果ハラ据えて、
解放しきって、
やりきった後、なんだな。




わたしの中から、なんでも生まれてくる。

なんでも。

何が飛び出すかわからないけれど、

全て、財産。


ここに、信頼ができた。


過去に金脈があって、それを未来に向けて発信し、現実化するのが、今。


少し先の未来でいいみたい。
少しきつめの背伸びをした未来に、投資する。
そこに、ミラクルポイントがある。



芸術をやるのに、好きな仕事をするのに大義名分が必要だと思ってきた。

誰かの為、何かの為に歌わなきゃ、占わなきゃ、って思い込み過ぎてた。

そんなの必要なかった。


ただただ、「気持ちいい」、「快感」。
これを求めて追求してるだけで良かった。


私を、余すことなく、描きだしてみたいと思います。

未熟な画家ごっこですから、連日開催は遠慮しました。ココだけは謙虚になります。

たった1日に、全て込めます。
ぜひ、会場で生の絵に触れてくださいませ。


IMG_20190711_013342_245.jpg
Screenshot_20190711-023508_1.jpg
8/11(日)11:00~19:00
神楽坂・光鱗亭 スペースAOM

blue lake art Gallery

入場無料✨

オープニングセレモニーとしてBachmenで歌います。
良かったらぜひいらしてね!



↑このページのトップへ