20190819_210443_0000.png
ども。
青沼李果です。



2日後に、私の音楽ユニットBachmenのワンマンライブがあります。

インディーズミュージシャンがワンマンライブやるということは大変なことです。

自分たちで会場代を負担し、
自分たちで告知、そして集客をします。

自分たちで演奏メンバーを依頼し、
自分たちの曲をバンドバージョンにアレンジしなおします。

自分たちでリハーサルスタジオもおさえ、
もちろん、サポートメンバーも出演料もお支払いします。

つまり、全部自己責任。
これが当たり前です。

お客様はそう簡単にはいらしてくださいません。
会場代、サポートメンバー出演料を全部ペイできることはほとんどないです。

だから、インディーズミュージシャンは必死になって告知します。
何ヶ月も前から準備して、ものすごく頑張って、イベント内容も厚みを増そうとします。

できる限り、負担額を少なくするために、または赤字でもいいから来てよかったと思ってもらうために一生懸命画策します。



ライブあるから来て!
って

メッセージを、

何百、何千と送ったことか。

メッセージを送れる先を増やしたくて、普段からフォロワーを増やすために、知らない人だろうとなんだろうとフォローしにいくのです。

Twitterだと1日上限200人くらいまでフォローできる。
メッセージ送る上限はもっと低い。 

そして、全く知らない人たちに自分のライブに来てもらうための言葉を必死にひねり出すのです。
 

そうしているうちに、自分たちの中に蓄積してしまうんですよ、

自分たちは、
お願いしてお願いしてお願いして
なんとか来てもらう程度のミュージシャンなのだ、ということが。

おんなじやり方でどんどん大きくなってったミュージシャンたちもいます。
あるいは私のやり方が半端で効果出るほどには達してなかったのかもしれません。


来てもらうことが申し訳ない。
時間さいてお金払ってみてもらうことが申し訳なくなってくるんです。

エネルギーはどんどん下がる。
「告知」ってだけでぐぐーーんと嫌な気分になるほどになってしまう。

けど、お客様は呼ばなくちゃならない。
増やさなくちゃいけない。


この負のループの中で、

私はほとほと疲れてしまいました。



だから、 
ワンマンライブがあっても、

告知しませんでした。

遊びほうけてました。

絵が描きたくなって個展やったりしてました。

ダンスやりたくなって、バレエクラス通ったりし始めました。

旅行あちこち行って資金も底をつくほどに遊び倒しました。


ワンマンライブをひかえたインディーズミュージシャンのすることじゃあないです笑


実はおんなじ日にワンマンライブをやる友人のミュージシャンがいるのですが、彼らはそれこそ何ヶ月も前からすっごく緊張して、一生懸命告知してました。

仲間を呼んで力を借りて、精一杯盛り上げようとしてます。



私は、完全に逆行しました。
ワンマンライブの準備を拓久さんに放り投げ、告知もせずに、西日本の出張鑑定の告知やらお話会の告知やら、
憧れの人たちに会って写真撮ってもらって、
そんなことばかりしてました。


そしたら。
奇跡が起きたんですよ。
IMG_20190902_221151_726.jpg
Zepp Fukuokaに立たせてもらえたという、奇跡が。


たった5分でしたが、
お金払ったって人気あったって、
おいそれと立てないステージに、
遊びほうけてたら、立てたんですよ。


この魔法は、
Happyさんや心屋さんたちが率先してチャレンジして証明してくれてたから。
私はその通りにやってみただけです。

気持ちよかったです。
会場の500人は私を観に来た人たちじゃないのに、その瞬間だけは私を、私も、観てくれた。



売れないインディーズミュージシャンの負のエネルギー満載になっちゃってた私の細胞に、この奇跡の瞬間を味あわせてあげたらどんな化学変化が起きるのか。


確かに歓喜してました。
スパークしてました。

けど、どこかで、


これくらいの規模が私にはぴったり。

これくらいのエネルギー量でちょうどいい。

ああやっと、私に相応しい場所がきた。


そう思ってほっとしてる自分がいました。
出し切れる、安心してスパークしていい場所。
もしかしたら、ちょっと足りないくらいだったかもしれません。



私は、広いところがよく似合います。
それは昔からよくわかってた。 
わかってたけど、相応しくないと思ってしまってた。
力のない自分が望むにはあまりに高望みだと。


小さいライブハウスがいけないっていうんじゃない、素敵なとこたくさんあるけど、

私は、箱に合わせて自分をちいちゃくおさめようとしてしまう。 

同じインディーズミュージシャンたちの場を荒らさないようにと肩をすぼめてへりくだってしまう。

そんな私のエネルギーで告知されたって、行きたいとは思えないよな。
私だったら、そんなへりくだって来た告知の文章、読みたくない。



私が、私に相応しい場所に連れて行ってあげなくちゃ。




明後日のワンマンライブのチケット予約枚数は、残念ながらさんさんたるものです。。。

そりゃそうです。
そりゃそうだわ。

そこにはミラクルは起きない。


けど。
でも。


次私が歌う場所は、
キネマ倶楽部しかない。


まずは、キネマ倶楽部。


広けりゃいいってもんじゃなく、
そうそうたるミュージシャンが鳴らしてきたエネルギー満載の箱じゃないと。


そしたら。
とりあえず次なんとか手が届くのは、キネマ倶楽部だと、思ったわけです。


この先は、きっと、
拡大成長しかない!!


枠がどんどん外れて楽になっていくんですよ。
資金?人気? 
どうでもいいや!
って。




わたし、いま、爆発寸前の何かだと思います。

この噴火直前のエネルギーを受け止めてくれる場所が、apia40でほんとによかった。

apia40じゃなかったら滑りまくって場が荒れまくってしまったかも。

続く。

IMG_20190902_232717_592.jpg
ども。
青沼李果です。

ちょっと聞いてほしい。

夢のような時間を過ごして頭スパークな毎日だったんだけど、

とある憧れの人から、
冷たくされてしまった。。。

冷たくされた理由も、
伝わって来たエネルギーも、
よくわかって。

最初はね、
仕方ない、仕方ない、と思おうとしてた。
なんならネタにして笑うくらいに自分を仕向けてた。


けど、時間経つごとに、
ずっしりと、落ち込み出してしまって。


あたし、いつもこのパターン。
何かものすごく嬉しいことや、
何かものすごくミラクルな機会が来ると、

必ず、
叩かれたり、
意地悪されたり、
嫉妬されたり、する。

で、めちゃくちゃ戸惑う。


私、何をやらかしてしまったのか。
どんな失礼をしたのか。
どうしてそんなこと言われてしまうのか。


はねのけられない。
なにくそしるかバァーーーカ!
って、やりきれない。


憧れの人だったから、なおさら。


大抵、だいぶ時間が経って、いろいろわかる。


なんで、こんななんも力のない存在を追い詰めるのかなぁ。

なんでそんなつまんない嫉妬されちゃうのかなぁ。

どうして、私はすぐこんな風に打ち返されてしまって、応援してもらえないのかなぁ。


だから
応援されない

だから
嫉妬される。

私だから、
うまくいかない。


だから、
「私」じゃなくなろうとした。

もっと地味に、目立たず、人にまぎれて存在していれば、

きっと、愛されて、受け入れてもらえる。




(・д・)(・д・)(・д・)(・д・)(・д・)(・д・)(・д・)



え?




いまなんて?




私の声よ、いまなんて?




だから、
「私」じゃなくなろうとした。

もっと地味に、目立たず、人にまぎれて存在していれば、

きっと、愛されて、受け入れてもらえる。




いやそれ違うでしょーーーーーーー!!!(≧Д≦)




まぎれて、
地味に目立たず、
生きてたって、


大して愛されてなかったでしょう?!?!?



というか、
私は、
なにをもってして、

愛されている
愛されていない

を、決めているのか。




私が、私としてスパークして存在することと、

愛され受け入れてもらえることは、

イコールにならないでしょ?


愛されて受け入れてもらうためにスパークするの?

誰かたった一人でも意地悪されたら、私を生きるのをやめちゃうの?

それって、

拗ねてるよね?
ずるいよね?
自分を見くびって馬鹿にしてるよね?


スパークしたことで、

愛されたこともあったでしょう?
応援してもらったこともあったでしょう?


いや、そこじゃないや、


私として生きるのを、

誰かに嫌がられたくらいで

やめようとしたことが、
許せない!



揺り返しの波を突破できなくて
いつもウダウダしてた。
まさに、ココで。



やっとわかった。

やっとわかったぞ!!



誰になんと言われようが、

どんな態度とられようが、

関係ない!


私は私を生きるのをやめない。

ブレーキなんぞかけてやらない。

むしろアクセル踏んでやる。

私の一番のアンチは、

私だったのだ。

負けてやるものか。




誰かになにか、強烈に「反応」されたなら、

今、私はスパークできているのだ、という、

サインだと受け取ろう。




よし。

よし!

よっしゃ!!





ども。 
青沼李果です。

ライブ配信で霊能者に戻る宣言した直後に福岡で落雷があって。

これは龍神さんのサインだ!
その方向で全面OK 🐲ってことだー! 
わーーーい☀️奇跡おきたぁ!!😆💞

ってはしゃいでいたけど、
次の夜にさらなる奇跡おきたよ!!





Ai kabasawa Live LOVE&HAPPY、
私が大好きな人の一人、愛ちゃんがZepp福岡でライブするので、月の器マルシェの二日後に行ってきたのです。
IMG_20190902_145942_275.jpg
ずっと欲しかった愛ちゃんのノート✨
やっとゲット💕

本番まで時間あったから早速開いたらさ、
なんっかこー、
ノートから


クオオオオ…🐲


って神気感じて。。

こりゃあ、やべーノートだ☀️☀️

カフェで書き込む時もやたら集中できて。
そこに「私もZepp Fukuokaで歌う」って書いたの。





そしたらさ、



二時間後、






叶っちゃったよ。






IMG_20190902_221151_726.jpg
でん


IMG_20190902_221151_723.jpg
ドデン




私、もう、Zepp Fukuokaステージ立てちゃいました❗❗😭😭😭



愛ちゃんのお色直しの間のレクリエーションタイムに、「ここで歌ってみたい人~!」って募集があって。
真顔で手挙げてアピールしてたら、パールさんが私を選んでくれた!!



(゚Д゚)選ばれた…!!!




嬉しすぎてアドレナリン出まくり。
久保田利伸のLaLaLa love song
を歌ったよ。
一緒に選ばれたゆりさんと。


幸 せ だ っ た ! !


お客さんみんなあったかく応援してくださって。



歓喜☀️歓喜☀️歓喜☀️




時間にしたら5分ちょっとだったんだけど、
体感は30分ライブやったくらいのエネルギー量。
いや、それ以上だ。



ずっと全身ふるえてた。
細胞全部がスパークしてた。
小声でずっと「ヤバい!ヤバい!ヤバい!」って繰り返してた!
この記憶、カラダじゅうに覚え込ませて再現させる!
そう思ってステージ立たせてもらってました。



愛ちゃん、
パールさん、
会場の皆さん、

本当に本当に本当に、
ありがとう!!





愛ちゃんが立ってたステージに、
数日後MISIAが立つステージに、
数日前菅田将暉が立ってたステージに、


立たせてもらえて、
歌わせてもらえて、

本当に、ありがとう。




今までの歌い手としての時間の中で間違いなく一番の大舞台でした。





終わったあと、ハッピーさんに声かけてもらった。

「歌うまいですね!観てましたよ~!」

って。



あああああああ
なんかもおおおおおすげええええええ!!!(≧Д≦)


月の器マルシェで
八木さやさんに会えて、
リュウ博士に会えて、
パール&船長夫妻に会えて、
ツダユキコさんの歌にも触れられて、

愛ちゃんのライブに来れて
ノートも買えて、
とうとうハッピーさんに声かけてもらえたなんて。



もうなにかなんだかわかんないや!
次々に私のスターたちに会えちゃって、
自分もスターになった気分味わえて、

愛ちゃんに、私Zepp Fukuoka会場代支払わなきゃならないや、と思った!

今は一千万も持ってないけど、



出世払いを誓わないと。



そして今度は自力でここに立たなくちゃ!✨






9/7(土)ワンマンライブ、最高の手土産できたよ!!!
この体験をした、私自身のエネルギーがお土産。
このエネルギー、学芸大学apia40でぶちまけるね!!

20190819_210443_0000.png
OP12:30 ST13:00
ticket前¥2,500当¥3,000円
(+別途飲食代)
「be flying high!!」

Bachmen初のワンマンライブです。
李果のアートを会場に飾り、よりパワフルな空間に仕上げます。
また、待望のバンド編成を披露!!



チケット予約ちら




みんなで高く飛ぼう。
どこまでも、いつまでも。

「be flying high!!」ってタイトル決めてから、ほんとに高く飛んでしまった気分だよ!!
 
このエネルギー、余すことなく、受け取って欲しい。
一緒に決起会しようよ!

待ってるよ!!


↑このページのトップへ