P_20190425_162603_BF.jpg
ども。
青沼李果です。


突然ですが、
私は「昔のよしみ」ってやつが、
大嫌いです。
苦手とかじゃない、もう、ホント嫌い。


大好きな人はいい。
その人たちを否定する気もないし、
そういうことで親近感を覚えられるのってシンプルでいいなぁと思うことも、ある。

けど、私は違うんよ。
全然、違う。


地元が一緒、とか。
同級生だった、とか。
親戚でつながってる、とか。 
昔、現場で一緒だった、とか。
昔、よく話した、とか。


それだけで何十年も会ってない、関わってない、FBで見つけただけなのに打ち解けられるって、なんかすげぇなぁと。


で、「昔のよしみ」が嫌いな最大の理由として、


そーゆーのが大好きな人たちは
そーゆーのを当たり前のように強要してくる!

へーきで人の陣地を荒らす!

もうとっくに他人になってるのに、そちらの勝手な温度で接してくる!


これが、
ほんとーに
ほんとーに
迷惑だなぁって、思う。。。。 
  

昔のよしみの全てを嫌う訳じゃないですよ、私だって。
懐かしいなぁと思うこともあるし、嬉しいなぁって感じることももちろんあります。 

けど、そういう風に感じさせてくれる方々はとても丁寧でマナーがなっていて、
いきなりズケズケ言葉かけてこないよ。
とても心地いいよ。ありがたいよ。


そんなに仲良くもなかったのに急に距離つめてくる人や、
同窓会の案内のメッセがすげぇ稚拙だったりとか、
丁重にお断りしたのにプチギレしてくるとか、 
なんなら昔いじめてきてたクセに急にお茶しろとか、
地元の同級生の親の葬式参加しろとか、
子供がいて移動できないから地元近くまで鑑定しにこいとか、


あーーーーーー、
もーーーーー、
うるせぇ!!!  


って感じ♥



ネットの文章にもちゃあんとエネルギーのるからね。 
その人たちがどんな下心で書き込んだか、メッセしてきたか、なんとなくわかる。
取り繕ったって無駄でしゅ。。。



勘弁してください。
私そういうの本当に嫌いです。。。
コンタクト取りたかったら自分で動きます。



と、いう愚痴ブログでした。


P_20190623_143226_1.jpg
ども。青沼李果です。   


占いを利用しながらも、
拡大成長する人と、
悪い意味でそのまんまの人と、
大きな違いはなんだろうかとふと考えまして。

年齢でもない、
仕事してるしてない関係ない、
お金あるなしも違う。
性別でもない。
じゃー何だろうか、と思ったとき。 

「占いコンテンツの場所によって大きく異なる」

のが、今のところ一番の体感です。



と言うのも、対面鑑定でよくお会いする、
私のまわりのお客様の中に悪い意味でそのまんまの人って、いらっしゃらない!
これってなんなんだろうなと。



占いコンテンツの場所によって大きく異なる、
体感として、


私本人直接の接点から遠ければ遠いほど、
悪い意味でそのまんま、さまよう人が多い気がします。
近い順に並べてみます。


個人対面鑑定
  
個人電話鑑定
        
個人占い物販
        
イベント対面鑑定(占いフェス等)
             
企業様介入電話鑑定(ロバミミ)
              
占いビデオレター(ザッパラス)
    
サイト用占いコンテンツ(Yahoo!占い)



こんな順番。
私ダイレクトのエキスが、下にいくほどグラデーションになってるからでしょうか。

で、どこのエリアが心地よいかはお客様ご自身が選んで利用してもちろん良いと思うのです。
解決したいけどもう少し時間かけたいって人もいるだろうし。
それは各々自分に納得のサービスをお選びになればいいと、心底思います。



けど。

本当に解決したかったら、
さっさと人生を変えたかったら、

私に会いに来るのが一番だよ



とはいえ、
私は魔法使いでもなんでもないので、会うだけで幸せにな~る~♪
わけはない。

私の言うことだけ聞いていれば間違いない!エッヘン!
ってことでもない。


そうじゃなくて。

やはり、直接本人に会って、
その雰囲気とか言葉と言葉の間の沈黙とか、
洋服とかしぐさとか、
情報として一見役に立たなそうな情報の中に、思わぬヒントがあったりするんだよね。
 
で、これらはSNSや電話や画面を通してではなかなか得られない。


直接青沼に会って、
なんだ、大したことねーや、
って印象すら、利用できるわけよ!

「あんなんでいいんだ」って思える。

逆も、もちろん。
思ってたよりスゲー、
じゃあちょっと言うこと聞いてみよっかな、
でも、いいよね。
やってみてあわなかったら辞めればいいし。


とはいえとはいえ、根拠なく、

「私に会う人は自分自身の魂に触れ、目覚めることが出来てしまう!」

「私に会い、話すだけで人生が好転してしまう!」

「私に会いに来ることで、その人の本来の力が溢れ、最高の守護神とコネクトし、より活躍したくなってしまう!」

という自信は、

なぜかあるんだなぁ。。。これは不思議


そのとき発動しなくても。
のちのタイミングが重なったとき、一気に思い出す何かをご提供できるという自負があります。

これは私の力というよりも。

私にも力を貸してくれて仲良くなってくださったいろんな神様とか精霊とか眷属とか宇宙人とか、そういう人たちの力。
方位取りであちこち行った先のご縁のかたまり。

私はあくまで、紹介人。
コネクター。
パイプ役。

なんだと思います。
 

で、そこにちょこっと、私のエキスも入れさせてもらう感じ。
私の場合はこうだったよ、的な。


でも、「私なんてただのパイプ役だから、大したことないから!」って言う気もさらさらない(笑)

いや、私はスゲェヨ(笑)
なんか知らんが、いぃ~い仕事するよ!

で、ココが重要。
おんなじくらい、

あなたもものすごいのよ

それを思い出して、いこうや。
本来の自分に戻る道筋探す手助けを、させてくださいな。


それは、マジで、私の快感だから✨



もしよかったら、
申し込んでみてくださいな。

高いけどね!
高いなりの理由があるよ🌹


sketch-1561561651536.png
※ご希望の日時はご相談くださいませ。
※大宮、池袋、新宿、渋谷、銀座のカフェにてお受けします。ご希望の場所あればこちらもお聞かせくださいませ。
※カフェ代は各自清算をお願いしております。
静かで心地よいカフェを選んでおりますので、珈琲一杯1,000円~のお店になります。 
※スピリチュアルと風水のコース両方組み合わせでご利用いただくことも可能です。

お問い合わせ&ご予約は

rikaaonuma@gmail.com

まで。



青沼の占い師活動のお知らせが届きます

P_20190419_175941_BF.jpg
我々、明後日の6/29を持って、結婚10周年を迎えまする。

感覚としては、もう10年も経ったのか、という感じ。


いろんな夫婦の形があるから一概には言えない、けど、

仕事柄結婚を切望するお客様が多いので、
先輩としてあえてエラソーに言わせていただくとしよう。


27歳過ぎたら、ときめきは捨てよう。



身も心ももってかれるような激しい恋、
そこからの結婚、なんてストーリーを求めて迷ってしまう方が多いけれど。


パートナーに選ぶなら、
ときめきよりほっとする相手の方が100倍いい。よ。


好きで仕方ない旦那を選ぶのも幸せなのかもしれないが、
ちょっと残業しただけで「浮気してる?!」
ちょっと喧嘩しただけで「私は捨てられる!」
ちょっと旦那が嘘ついただけで「もうやってけない!」
この繰り返しが日常起きるのは正直きつい。


だから、ときめき全く感じないけど、
つまりちょっと物足りないけど、
この人は一緒にいて楽なんだよなぁ、
信用できるんだよなぁ、
って人ぐらいがちょうどいい。



あ、誤解しないでほしい。
私は今の旦那にぞっこんでした。
相手に彼女いたし、私に彼氏もいたけど追っかけ回しました(ひでぇ話💦)

そこから激しい恋の時期、
バンドメンバー(共同経営者)としてのすったもんだ、
同棲してからも、浮気され、浮気もし、
 
なんかもー、全部やりきった!ww


それで今にいたるので、最初からこーんな穏やかでツーカーでタイミングぴったりで、になったわけじゃない。

(拓久は、その昔、マージーでチャラかった。。
チャラ拓久だったww)


家に帰って、なーんも飾らず、
なんでも話できるパートナーがいるのは、
本当に心強い。

何か困ったら頼れる人がいるのは、
精神がとても安定する。


自分の両親みてて、結婚になんの希望も持てなかったとこから始まったけど、

いやぁ、マジで運良かったなぁと、思う。
いろんなドラマから逃げずに向き合って本当に良かったと思う。

この感覚は、生まれた家の家族に感じるそれとは全く違う、もっと自信に満ちた安心だ。


パートナーいなくてもあなたの価値はなんも変わらない。 
だから、結婚を選ばなくったってなんにも困ることはない。


けど、パートナーがいるってことは、
やっぱり、いかに自分と向き合ったか、の結果なのかもしれないなと、思うのだよ。


浮気された!もう無理! 
傷つけられた!サヨナラ!!
面倒くさいこと嫌!バイバイ!


って、被害者意識で終わってしまったら、
全部相手のせいにしてしまったら、

自分と向き合ったとは言えない。
と、強く思うよ。


まだ27歳になってない方々は、
思いっきり恋するといい。
怖がらず飛び込んで、己のギリギリまでチャレンジするといい。
良いことも悪いことも経験して、トラウマになったらこっちのもんだ!ぐらいに飛び込むといい。
その挑戦は、年とってからは本当にできない。

カラダが、そこまで激しい恋を求めなくなる。
心も、うっかり拒否してしまう。

ジェットコースターを楽しめるのは、今のうちだよ。


で、我々10周年記念に、
大好きなPaulのモーニングビュッフェに行こうと画策しとります🌹

ふふふ、楽しみーー🌹


↑このページのトップへ