IMG_20190711_013342_245.jpg
ども。
青沼李果です。


なんか8/1までキョーーレツな水星逆行が起きてるらしいですね。

しかも、水星だけじゃない、合わせて5天体が逆行中っていう、全力で「振り返り」、「補強作業」を求められてる時期らしい。

その上、7/3にあった皆既日食、7/17にある部分月食、この「蝕」に挟まれた時期、崩壊と構築がどかんと起きても不思議じゃない。


で、7/20からは夏土用もスタートする。
土用も、気の下剋上が起きてエネルギーシェイクされますし。
とっことん、試される時期に入ってきてますね。


そんな時期に、あたくし、人生初の
個展開催のお知らせぶち込みます✨


これまで、青沼李果といえば占い師、
占い師なんだけどどうやら歌も歌うらしい、
っていう(狭い世界での話ですが)そんなイメージがあったと思います。

そこに、なんと、「絵描き」とゆー肩書きも、加わっちゃう!
個展開催したらもうどんなに未熟でも「絵描き」さん。

イェイ、画家ごっこ


もしかしたら、これまでのイメージがガツンと変わるタイミングに来てるのかも知れないと、自分の感覚で感じています。


絵を描きだしてからの自分の変化には、本当に毎回、毎日、驚かされています。

もっと言うと、「I am a dancer!!」って心残り叫びをサルベージしたあたりからなんだけど。



思えば、自分の周りに絵を描いてる人が多かったんです。
作品展示会呼ばれたり、グループ展観に行ったり、自分がモデルになったこともあった。
中にはNYで個展成功させたキャリアを使って、大手アパレルギャラリーから展示のオファーもらって新作個展開催してる子の展示手伝ったこともあった。

今思えばあれは超貴重な体験。
ギャラリー担当者と軽く揉めてる場面にも出くわしたりw
その当時は何が起きてるのかさっぱりわからなかったけれど、自分が個展開くことになっていろいろ情報に触れた後思い返すと、あの子すごいアーティストだったんだな、そういやプレゼン力ハンパなかったなって思ったり、

ギャラリー側の思惑をなるほどそういうことかと理解できたり、

逆に、あんなに素敵な絵を描くのになんでちまちまグループ展なんかやってたのかなあの子は、って思ったり、

貴重なデータを、
過去に経験済みだったことが面白すぎる!



過去の私よ、ありがとう。
おかげでどんな風に空間を飾ったらいいのか、イメージしやすい。


それに。

これまで負の財産だと思ってきた、
過去の未消化な感情や経験やどろどろとした自分自身の闇の部分、

これが、全て、絵の肥やしになる。。。
ってことが、わかった。。。!!

すげぇ!!すげぇよ!!

トランプで言うところの革命が起きたみたいだよ!


隠したくて仕方なかった闇が、
全部貴重な財宝だったことが判明!!

コレ全部財産ならば、もうこれはすげぇよ!!
いっくらでも残ってるよ!!



何があっても、全部芸の肥やしになるから、
なーーーんて言って、
貧乏時代も、失恋の時期も、めちゃくちゃな私生活も、
肥やしだー!って言ってるうちは

ほんとにタダの肥溜めなだけでどうにも使いようがない。


それらが本当に肥やしになるには、
そんなこと言って安っぽく遊んでるヒマもないくらい、

どん底に、
のたうちまわって、
結果ハラ据えて、
解放しきって、
やりきった後、なんだな。




わたしの中から、なんでも生まれてくる。

なんでも。

何が飛び出すかわからないけれど、

全て、財産。


ここに、信頼ができた。


過去に金脈があって、それを未来に向けて発信し、現実化するのが、今。


少し先の未来でいいみたい。
少しきつめの背伸びをした未来に、投資する。
そこに、ミラクルポイントがある。



芸術をやるのに、好きな仕事をするのに大義名分が必要だと思ってきた。

誰かの為、何かの為に歌わなきゃ、占わなきゃ、って思い込み過ぎてた。

そんなの必要なかった。


ただただ、「気持ちいい」、「快感」。
これを求めて追求してるだけで良かった。


私を、余すことなく、描きだしてみたいと思います。

未熟な画家ごっこですから、連日開催は遠慮しました。ココだけは謙虚になります。

たった1日に、全て込めます。
ぜひ、会場で生の絵に触れてくださいませ。


IMG_20190711_013342_245.jpg
Screenshot_20190711-023508_1.jpg
8/11(日)11:00~19:00
神楽坂・光鱗亭 スペースAOM

blue lake art Gallery

入場無料✨

オープニングセレモニーとしてBachmenで歌います。
良かったらぜひいらしてね!




ども。
青沼李果です。



昨夜はldf打ち上げ焼き肉でした✨
(※ldfとは、私がインターネットTVにて番組の準レギュラーをつとめさせてもらってた、吉本お笑い芸人ランパンプスさんの番組です。6月末をもって配信終了となりました。)

1562698345177.jpg
楽しかったっす。
寺内さんお誕生日お祝いに肉ケーキ🌹
ゆうきくん爆発で食べてました。

まだたった二週間なので全然お久しぶりな感じはなかったのに。

それでも確実に、風景も感覚も変われている自分を認識してました。
昔通った学校を見てるみたいな。
こんな机小さかったのか!的な。
そんな感覚。
上手く言えないのですが。


そうなれた自分がひたすら嬉しくて。
たった二週間だけど、毎日が成長と脱皮の繰り返しで、意識が拡大してるのが自分でもよくわかる。


それもこれも、
自分の本音を見つけられたから。
ありがとう。良かった。


そして、また神保町でお芝居をやるんだというランパンプスさんたちのお話を聞いてたら、


なんだかまたゾクゾクと「キテ」しまって・・・!


お芝居もまたやりたい。

稽古場、練習着、発声練習、立ち位置、台詞、台本、あの世界でまた挑戦したい。

本番ももちろん好きですが、
私は稽古場も、ゾクゾクする。
ボルテックス入りまくるのです。
芝居を作り上げる過程でどれだけ工夫できるか、そして芝居仲間を感動させられるかが毎回挑戦で。

稽古着でかっこいい、素敵、面白いと思わせられなきゃ、本番衣装つけたって同じだもんよ。

人の注目を浴びながら、視点と感覚を二つ三つに分ける、あの芝居の心地よさをまた味わいたい。



こないだ天の河伝説のミュージカル観てきたのもあって、あのまったくエゴの入らない神境地の芝居してみたい!と願望が生まれてる。

ダンスまともに踊れるようになったら、
ミュージカルも!やってみたい!

歌う、んじゃなくてセリフがそのまま歌になってるミュージカル。
セリフが歌なるってどんな感覚なんだろ!?


年齢なんて気にしてられない。
だってまだ生きてるんだから。

やりたいことは全部やりきって死のう。



とはいえ、もちろん、怖いです。
こわいっす、ちゃーんと。

個展やるって決めた後もやっぱちょっと人の目気にしてブレそうになったし。

遊び感覚でただ楽しく描いてた時とは少しずつ違う感覚が日々、わいている。

そしてまた少し不安定になるけど、無理もない、やったことないんだから。


それでも。
それを繰り返してるうちに、
意識がこんなに変わるなら。
こんなに軸が立つことが心地よいなら。

怖いのも不安定になるのも、なんだか病みつきになりそうだ・・・・・・!!


ldfありがとうね。



IMG_20190704_022435_981.jpg
ども。
青沼李果です。


なんと、
なんと、

あたくしの絵が、

売れました🌹



きゃーーーーーー(*´Д`*)

きゃーーーーーー(^○^)



ご購入くださったお客様、ありがとうございました✨



筆をとって2週間、
売れた、
ノンキャリアのこのあたくしの絵が。

すごい。
嬉しい!
と、同時に。



絵が、売れたとわかった直後、わいた本音は



「寂しい」



でした。



こんな気持ちは、初めてです。
CDが売れても、バンドが解散しても、番組が終わっても、寂しいだなんで感じたことなかったのに。

いつも、「やりきった!」「出し切った!」ばかりだったのが、



寂しい、とな。
まじか。



これまで自分の物販を売るときは「嫁に出す」という表現を使って来ましたが、



これが本当の
「嫁に出す」、だ。。。



って、しみじみ思った。


ああ、なんと軽々しく言ってたことか。


一瞬、ご注文くださったお客様に本気でお断りの謝罪文送ろうかと考えちゃったくらい。。。


ひぇええ。



こんなに、こんなに、
自分の作品を愛することが出来るとは。



これまで絵を描くなんてこと、学校の授業でしかやらなかった私が、

ついこないだの夏至から筆をとった私が、


もう、心はすっかり画家さんですわ。




こんなに、私、絵好きだったんだなぁ。




知らなかったよ、
本当に、知らなかった。



人生何が起きるか、本当に皆目見当がつかないや。



絵が売れて思ったことは。

こんなに嫁に出すのが寂しいなら、
もっとそれに見合った金額をつけなくちゃ、
ってことでした。


まだ、どっかで遠慮してたなぁ。
それでも思い切ってつけた金額だったんだけどなぁ。


まだ2週間だから、とか
無名だから、とか
関係ない。


そしてね、ますます確信に至りました。


私の絵、やっぱエネルギーすごいんじゃないか。


と。 
手前味噌ですがそこは軽々しく自己判断しちゃいけない。




自分でも自覚してないくらい、
絵に相当な想いを込めている。みたい。




個展、ますますしっかりやろう!

って思った機会でした。


私の処女作、受け取ってくださったお客様に心から感謝。





↑このページのトップへ