月別アーカイブ / 2020年06月


「 君が異端だった頃 」
島田雅彦 著

15929957324170.png

題名に惹かれて
借りました



15929968626790.png

著者曰く

正直者がバカを見るこの国で
本当のことをいえば
異端扱いされるだろうが
それを恐れる者は
小説家とは
いえない

私小説は
嘘つきが正直者になれる
ほとんど唯一のジャンル
なのである

という
ことです


読み進んで
だんだん
面白くなって
きました

読み終わる頃には
とても良い本
だと
思いました

わたしが
異端だった頃
思います

🌱



2020/6/24(水)



↑このページのトップへ