永遠ラビリンスのMVが公開になりましたね!


いやぁ、自分で言うのもなんだけど…
やりすぎなあざとさだよね!!
ちょっとくどいくらい!(笑)

なぜなら諸君…このMVのシチュエーションは……

私が私の推しメンにやって欲しいことをやったからなのだよ!!


一度ソロ活動を終えた時に、
皆さんから頂いたあったかいメッセージを受け取って思ったんです。

今度は、本当に支えたいと思ってくれている人に、ふふっと笑ってもらえる作品が作りたいなぁと。

悠木碧、新しいソロ活動の裏テーマ、
一つ目は、みんなに恩返し。です。

特別歌がうまくも、
可愛いわけでもない
私のいい所を見つけて、

沢山暖かい言葉をかけて、
自信をくれたA'sの皆さんに、
喜んでもらいたかった。

そこで、例えば私だったら、
推しメンにどんな事をして欲しいかな?と考えた結果…。


推しを飼いたい。
あわよくば懐かれたい。


という結論に至ったので、
今回はニャンコになってみました…////

こ、こういうのは照れたら終わりなので、
収録中はなりきったよ!!!


私のファンじゃない方は
是非、妄想力で私の顔を推しメンに置き換え、
私をよりしろに、
御自身の推しメンとニャンニャンしてください(笑)

ソロ活動新たな1歩二つ目のテーマは、外の文化を取り入れる。です!

いままで箱庭に閉じこもって来ましたからね…。
ここからは外交して、
あの箱庭を豊かにしたいわけです。


なんて、心意気の話もありつつ。

実は兼ねてから、
猫を演じてみたい願望がありました。

好きすぎてもうそのものになりたいってやつですね。

でもね…気付いたら25歳、
1日でも若いうちに猫になっておかないと、
どんどんイタくなるわけです…。

まだ、画像のフィルターで色々隠せるうちに!!猫に!!

なりました(笑)

ふざけた話をしましたが、
真面目な話も少し。

声優なので勿論、
普段は声のみで芝居するわけでして。

その縛りプレイ感がこの職の最高の楽しさなんだけども。

もともと子役。
時々無性に体を使ったアクトを
思いっきりやりたくなるんです。

突然納豆食べなくなる感じに似てますね。

舞台なんかも楽しそうだなとは思うんだけど、

こんなわがままな衝動を、
いきなり知らない畑でぶちかますのも
おかしな話。

でも、ソロ活動なら、
私の領土で暴れられるわけでして。

なので実は、今までずっとやりたかった、
猫のアクトができてすごく楽しかったんです。

猫飼ってる人なら
共感してもらえるんじゃないかと思う
猫あるあるをいっぱいつめこみました。


最後に忘れちゃいけない!楽曲、
永遠ラビリンスについて。

昨今声優さんは沢山タイアップ作品でCDを出しますよね。

だから、タイアップはして当たり前、
みたいな風潮を感じたりします。

でもね、タイアップって実は、
映像作品と、音楽作品のコラボレーションっていう、
特別で素敵な機会なんです。

私は今回、しょびっちとタイアップさせて頂いたわけなので、

やっぱりしょびっちに合った曲にしたい!

と思ったわけでした。

OPEDには、どんな気持ちでその作品を見はじめてほしか、
見終わった時にどんな気持ちになって欲しいか。

そんな、アニメ制作陣の気持ちが詰め込まれているんです。

だからこそ、アニメ制作サイドの願いは求められる限り100%叶えたかった。

私だってモノづくりする人の端くれです。
はじめと終わりの大切さはよく分かるわけで。

しかもね、ちょっと声優のくだりでも話しました。
私、縛りプレイ大好きなんです。

この曲の中でみんなに笑ってもらうにはどんなふうがいいかな?
もっと工夫が入れられるかな?
そんなふうに歌う時間はとても満たされたものでした。

それが例えば、馬鹿にした笑いでもいいんです。
もし私で笑ってもらえるなら、
それだけで、きっと私には歌う意味がある。

そう信じて歌わせて頂きました。

けれどこの信じる心こそが、
今まで応援してくれていた皆さんから頂いた宝物なんだよね。

数値で計れない仕事だし、
皆さんを永遠に縛り付けておけるわけでももちろん無い。
時には、顔が見えないまま鋭い言葉を突きつけてくる人もいたり。

そんな中で自分を信じ続けるって、
結構な覚悟と確固たる信念、
そして、愛情が必要だったりします。

ていうかたぶんこれ、
芸能人だけじゃないと思うの。

どんな人でも歳を重ねれば重ねるほど、負った傷が多くなると思います。

痛い思いをすれば臆病になって、
他人どころか自分にすら期待出来なくなって。

けれどその傷を、あっためてくれたり、肩代わりしてくれたり。

そういう人に出会って乗り越える。

私は、自分を信じられないまま、
20歳の時、ソロ活動をはじめました。

自分の技術にも感性にも容姿にも、
ちょっとも信頼がなかった。
褒めてくれる人の声も、どこまで信じていいのか分からなかった。

けれどその5年間、みんなは諦めずに、

「大好き」と声をかけ続けてくれました。
「また、聞かせて」と応援してくれました。

少し自分を信じてもいいと思えるようになりました。

そうして生まれたのがトコワカノクニです。

そして、次のステージに行きたいと思いました。

今までは
頑なに脳内世界を表現してきたわけですが、

もらった勇気で、もっと外の世界をいろんな手法で表現してみようと…!

まぁぶっちゃけていいますと、
ブログだってTwitterだってLINEだって表現の場。

新ソロ活動にあたって、与えて頂いた私の表現の場なんです。

つまりなにか発信したら、
注目されたぶんだけ色んな人に批評される。

まー…たぶんこの記事も、
ポエム書いてるとか、
自分がヒロインだと思ってるとか、
書かれるんだろうなぁ〜。

ま、実質そのとおりか!
私は私をヒロインにしてくれる人たちに向けてこの記事を書いてるんだしね!

でもね、そうして私で笑ってもらえるなら、それでもいいかなと。
そうしなければ息が詰まってしまう人達の心の痛み、
今なら私にも、少し肩代わりできそうだから。


と、こんな具合に、みんなのお陰で少し強くなった私です。

だから、これからは許されるかぎり、応援して下さる皆さんに、

前向きに応えていきたいと思っています!

言わない方がカッコイイみたいな文化が日本にはありますが、
私はちゃんと言葉にしたい派!

だから改めて…。

本当にありがとう。

私に出来る精一杯、
皆に喜んでもらいたくて作りました。

良かったら…

受け取ってください!

A's皆さんおいまにー!
9/20 遂にpetit milady4thアルバム
Petitmirettaがリリースされましたー!

今回は童話をテーマにしたアルバム!ということで、1曲1曲のストーリーがいつもより俄然濃いのが特徴です!

Twitterで、軽い全曲紹介や、曲のイメージ、曲から連想したストーリーなんかをまとめて呟かせてもらいました!

どの曲も世界観が違って面白いんだけど、ほかの曲とストーリーをくっつけて妄想したりするのも楽しくてお勧めです!

とかいってTwitterに載せる予定でかるーくストーリー考えてたら楽しくなっちゃって、140字じゃおさまらなかったので、

blogを活用してみることにしました!

今回の記事では例として、
「らぶれたーふろむかぐや」と
「Cinderella BTD」を組み合わせてストーリーを考えてます♪

それでは!2曲をBGMにしながら読んでみてください♪どうぞー!


20XX年。深刻なエネルギー問題を抱えた未来の地球は、近くの星、月の国からエネルギー供給を受けることを決断した。月のエネルギーは月の姫"かぐや"の恋心だ。

幾人もの地球人が、かぐやへ取り入ろうと月へ入国した。しかし、かぐやの持つ「異性を拐かす能力」が、彼らを阻み、作戦は失敗に終わってきた。

地球人は対かぐや要員を生み出すべく、かつてかぐやが恋をしたという数世紀前の人間の遺伝子を引いた少女"シンデレラ"を、特務機関の隊員として育て、かぐやの元へと送り込む。

かぐや特務機関の隊員としてかぐやを騙す為育てられたシンデレラは、遂にかぐやと出会う。しかし訪れた月の国では、聞かされていた話よりもずっと幼く、純粋であどけない少女が、かぐやと呼ばれていた。

戦いと任務しか知らなかったシンデレラは、あまりに自由で眩しいかぐやにやがて惹かれていく。

かぐやもまた、自分の力に惑わされることなく、それでも自分を愛してくれるシンデレラに想いを寄せていった。

こうしてシンデレラはかぐやの恋心を手に入れた。

任務を達成したシンデレラは地球へ帰還。月の国との正式な同盟を組むべきと主張する。しかし、そこで、月の国の真実を告げられ、恋心をシステムへ組み込むべく隔離されてしまう。

シンデレラと会えず寂しくなったかぐやは何も知らないまま地球を訪れる。

地球からの防衛攻撃などものともせずシンデレラの元へ駆け付けるとそこには、エネルギー機関に取り込まれたシンデレラの姿があった。

絶望するかぐやに地球人は、真実を告げる。

シンデレラとは彼女の名前ではなく、エネルギー変換システムの名称であること。

彼女がエネルギーを入手すべくかぐやの元に送り込まれたエージェントであったこと。

更に、

月の国は、数世紀前に恋人だった地球人を寿命で失ったかぐやが、数千年の孤独に耐えかね自らの力で具現化させた、いわば虚像の世界だということ。

かぐやにとっては存在する国でも、周りの星々からすれば、存在しない国___どころか"個人"であり、同盟を組む事などできないのである。シンデレラはその話を聞かされ、納得して自らエネルギー機関へと取り込まれたのだ。

かぐやはそれを聞かされても、シンデレラを愛さずにはいられなかった。そんな自分への苛立ちと、彼女に拐かされた事への怒りから地球侵略を開始する。

しかしそこに立ちはだかるのは勿論、シンデレラであった。

シンデレラはかぐやと話をしたいだけだった。怒り狂うかぐや軍の戦力は凄まじく、地球軍はなすすべなく圧倒される。勝ち目の無い戦いのなか、なんとかかぐやの元に辿りつくシンデレラ。

シンデレラは、自分の身体にまだ、月の国のエネルギー___かぐやの恋心が残されているのを感じていたのだ。

話下手ながら、自分の気持ちを素直に打ち明けるシンデレラ。

最初から、本当にかぐやを愛していたこと。このまま人の姿でいても、寿命の短い自分は、かぐやを置いて逝ってしまうという事、地球のエネルギーになれば、地球としてかぐやと共にいられること。

そして、そうするためには、かぐやに愛していて貰わなければならないということ。

かぐやと共にいるために、エネルギーになる決意をしたこと。

かぐやはシンデレラの想いを聞いて、侵略を中止。月へ帰り、シンデレラはシステムに帰る。

シンデレラシステムは、太陽と地球と月が重なる瞬間に1度メンテナンスに入る。

その瞬間だけシンデレラはシステムから開放される。魔法が溶けた瞬間だけ、かぐやとシンデレラは会えるのだ。

2人は短い逢瀬を楽しみに、星の命が尽きるまで想いあうのだった。。。



なーんてね!百合最高!
王道のかっこいい系アニソンなので、
ストーリーも王道がいいなぁ…とか、

かぐやの歌詞から伺える時空の歪んだ世界観をうまく取り入れたいなぁ…とか、

どっちもの落ちサビ部分が好きだから、
落ちサビのメロと歌詞にあたるストーリーを山場にしたいなぁ…とか!

考え出すと超楽しいんですー!

みんなも是非色んな世界を想像しながらアルバムを楽しんでください♪

そして沢山聞き込んで、リリースイベントや12月のライブにも遊びに来てもらえたら嬉しいな♪

貴方にとって一番綺麗な記憶でありますように☆彡

この度遂にブログを与えて頂きました!悠木碧です!
ブログってことはあんな事やこんな事をしていいってことですよね!ね!
亀更新かもですが、これから楽しくやっていければいいな、と思っているので、こちらも宜しくお願いします♪


LINEの公式アカウントと友だちになる
悠木碧@aoi_yuki
友だち追加

↑このページのトップへ