ある約束を終え15時。
六本木に到着。


前回の記事で話した
おばさんからいただいた
交通費の残りを使い
電車で六本木まで行きました。


DSC_0411.JPG


六本木ヒルズ
大きさに正直びびりました。

 
とりあえず中に入り
  

Googleがどこにあるか確認。


ヒルズの中は
何個かの区画に別れており、


CブロックにGoogleを発見。
このブロックには
Googleの他に8社ほど入っています。


ブロックごとに
改札がついており
そこをまず通らなければ
Google社の前まで行けません。


わりとガードが
ものすごく固くて
すこしびびりました。


まあびびっていても
仕方がないということで


とりあえず改札の横にいた
受付嬢の人に話しかけてみます。


「Googleのオフィスに行きたいんですけど。」


「予約はされてますでしょうか。」


「いえ、していません!」


「完全予約制なので。」


「Googleオフィスを見るためだけに、ヒッチハイクで愛知から来たんです!」


「申し訳ありません、完全予約制なので。」


「社員の方の許可があれば入れますか!」


「そうですね、通行証を発行していただければ、、、。」


まあ当たり前の結果ですね (笑)
受付嬢の方はこういうしかないと思います。


この会話で
次どうしようか決まりました。


社員の方を捕まえて説得しよう。


運がよかったのは、
Cブロックにある会社の
社員の方たちの出入りが
激しかったことです。


追い出されたくなかったので、


Cブロックの入り口付近の
受付嬢の方や、警備員の方から
死角になっているところで


1498146591729.jpg


これを持って、立っていました。


そして、
ぼくの"まだ"せまいコミュニティですが


LINE、Facebookのグループ、Twitterなど
いたるところで


「Google東京オフィスを見るためだけに、愛知からゼロ円ヒッチハイクで、東京まで来ています。
知り合いにGoogleの社員の方いたら、紹介してくれませんか。」


ダメもとですが聞いてみました。


そして、先ほどの看板を持って
立っていました。


案外みなさん
看板を見てくれます。


反応してくれる方は
1割程度ですが。


「わぁ、すごい。」


こんなことを言いながら
通りすぎていきます。

 
そんな中
ある外国人の方が


「Oh,really?!」


「Yes!I´m a ヒッチハイカー from Aichi.」


つたない英語で応戦します。


するとその方が、


「なんでGoogle?


いや、日本語話せるんかい!!(笑)


なぜGoogleに来たのか


そしてどうしても入りたいという 
熱意を伝え


「Googleの友達いたら紹介してもらえませんか?」


「あーいるよ!でも今からカフェいくから、ちょっと待ってて!」


連絡を取ってくれるそう!
テンションマックスです!!!!!


OKが出ることを願いながら
立ち続けていました!!


そうしているうちに、
その方が帰ってきました!!!




「だめだったごめんよ。」




まあしょうがない!!!
唯一の希望ではありましたが
しょげていてもなにもありません。


そう思い頑張っていましたが


ここで最悪のミスを犯します。


それまで、
何回か警備員さんが
見回りに来ていたので


その度に看板を隠していたのです。


しかしなぜか
今回は警備員さんに
気づかなかったのです。


警備員さんに見つかり
つまみ出されました。


最悪でした。


ちょうど2時間ほどやっていて
やる気も落ち、
お腹もすいていたので


ヒッチハイクでのせてくれた
おばさんからもらったおにぎりを
食べていました。


一応看板も立てながら。   


希望もほぼなく、
おにぎりを食べていました。


すると、若い女の方が
 
 
「えー!すごいねー!!!」


なんでGoogleまで来たいと思ったの!


と、看板を見て
元気よく話しかけてくれました。


アメリカに何度も留学している方だそう。


その方を見てると
僕も元気がどんどん出てきました。


ここまできた経緯を説明しました。


話しているうちに、
どんどん熱くなってしまい


「やっぱり、Googleに行きたい!!!


そう思いました。


ちょうどそのとき


「ブルブルブル。ブルブルブル。」


ぼくの携帯がなりました。


Facebook
(あなたの投稿にコメントしました)


「Googleの社員の方、紹介できます!」


奇跡です。


その方が社員の友達の方に
コンタクトをとってくれて、


社内から下まで、
降りてきてくれることになりました。


そのことを女の人に伝えると、


「わぁ、よかったね!!!あんたの熱意ちゃんと伝えなよ!!!」


「はい!!!」


「緊張してるじゃん!がんばりな!」


そう言ってハグして
去っていきました。


緊張しながら
その社員の人を待ちました。


数分後、


「橋本さんですか?」


「そうです!」


このチャンスは絶対に逃せない。


全身全霊で、
自分の熱意を伝えました。




「いいですよ。」




こんなに嬉しいことはありませんでした。


なんとGoogleの中に
入ることができたのです!!!


オフィスの中は本当にすごかったです。
写真をSNSにあげれないのが
残念ですが、、、。


頑張って文で話しますね!!


社内に入ると


キレイな人
たくさんいることにも
ビックリしたのですが(笑)、


まず、
Googleアースに感動しました!!!


180度視界があって、
まるで空を飛んで
行きたいとこに行けるという感覚でした。


そして、通路にある自販機にも。

 
なんとお金をいれる場所がないのです。


飲みたい物のボタンを押せば
ジュースが出てくるのです!!!


オフィスにある机の上には
数メートル範囲に
お菓子が置いてないといけない
という、ルールがあるそう。


そのお菓子のところに集まり、
みんなで話ができるからだそう。


なんと、
卓球場までありました。


また、
国際会議や、普通の会議にも
家から参加したりでき、


必ずしも出勤する必要はないそう。


本当に社員への福利厚生が
しっかりしていると感じました。


また、遊び心もあり、
会議室にはフロアごとにテーマがあります。


例えば、
テーマが植物だったら


そのフロアの会議室の名前は
全部植物の名前です。
コスモスだったりチューリップだったりと。


YouTubeスペースも見ました!
中は入れませんでしたが!


ここは社員でも
出入りが規制されているそう。


まだ色んなものを見せてもらいましたが
これくらいにしておきます。


こんな最高な経験が出来て
本当に色んな出会いに感謝しています。


色んな人との繋がりと出会いがあって
ここまで来ることができ、
さらに、アポなしでGoogleの社内を
見学することができました。


僕はこの経験から


「やってみないとわからない」
 

ということを学びました。


これからは


「絶対無理。」


という言葉は使わず、


「やってみないとわからない。」


をモットーに頑張ろうと思います。


今僕は、
発信力を持つために、


人気YouTuberの方たちに
猛アタックしています!
好きなことをやって生きている
Youtuberの方たちに
純粋に会ってみたいというのもあります。


やってみないとわからない。


もしよかったらみなさんも、


「こんな面白いやつがいるぞ。」


と、僕のことを発信してみてください。


LINEblogを読んでくださる
みなさんとの繋がりが
また新しい繋がりを呼ぶ。


こんな面白いことはないです。
わくわくが止まりません。


現在、
50円で自分を売っています。
どんな依頼でも待ってます!!!


僕のことを買ってくれる方は、
ここのコメントだったり、LINE、
リンクに張ってある
TwitterやFacebookに連絡ください。


僕という人間と出会ってみませんか?
 


長々と読んでいただき、
ありがとうございました!!!



________________________________________
橋本 竜也のSNS
《Facebook》
《Twitter》
《LINE》