9年前思いかげない記事を書いてくれた

すごくびっくりしたし、多忙なのにコメントはちゃんと目を通してくれてるんだなという確信が出来た日でもあり、泣きながらこれを読んだ。
何回も読み直した。

ゆうちゃんの「声」
ちゃんと届いてるよ。

文字だからこそ、本当の声。

何よりも嬉しいblog。

それから毎年1月22日になると、
あーこの日にあの記事を書いてくれたんだなーと思い出す。

何年経っても、残っていることに感謝。


ほんとにこれが支えになってます。

辛くなった時は必ずここを読みに来る。

たくさんのパワーをもらって、
また頑張ろうってなる。


ありがとう。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6803.JPG


今回のアルバムは寿司屋の入口をイメージしたのかジャケットに暖簾が付いていて暖簾をめくると板前ゆうちゃんがいる。

変わったタイトルを含め、こういう遊び心を思いつくのは彼しかいないんじゃないかな?
っていうか見たことがない。

ゆうちゃんが作った曲なのに、
ゆうちゃんは、いつも決まって言う。

「いろんな人に見て、触って、聞いて(聴いて)自分(あなた)の曲にして」

って言う。

だから、小さい子供には、
シールや、組立て、パズルなど。
耳で見る人には、
曲の背景で流れるナレーション、DVDの副音声。
わたしのような目で聴く人には、
字幕テロップ、直筆(手書き)メッセージ、手話。

ライブの時も、ジャンプできない人もいるから、ジャンプは無しと言っていた

それぞれが、楽しめるように考えて作ってくれる "やさしさと思いやり"

目と目、見つめあってキャッチボールができるのも、ゆうちゃんだから出来ること

ライブ中、端っこから一番上にいる人にまで
ひとりひとりの目を順番に見てくれて、キャッチボールしてくれることがうれしいなって思う。


今回のアルバムも、元気や勇気をもらって、笑顔になれた。
だから今年のツアーも今からすごく楽しみです。



_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1813.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1811.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1810.JPG


#遊助
#あの・・いま脂のってるんですケド。

↑このページのトップへ