私は今まで(今もだが)機械音痴だ。なので1回目の講義を受け、「あぁ、来週から自分でブログを書くのだるいな〜」と思っていた。
正直ブログなんて一生書かないと思ってたし、ブログどころかTwitterもほとんど呟かないし、同年代と比べるとSNSを使えこなせている自信が全くないのだ。そんな私にブログを書けなんて、よこたん(https://yokotashurin.com)の拷問にしか思えない。履修登録を間違えたとまで思ってしまった。
だが、この講義を受けよく考えるとこれからの時代でデザインをするにはSNSどころかパソコンや情報にも詳しくならないとやって行けないと感じた。と思いながらもこのブログも結局後回しにして次の講義の前日の夜にやっている。でもなんということか、この私がブログを書いていること自体を褒めて欲しいくらいだ。
でもやってみないとわからないことが世の中にはいっぱいあると感じた。実際このブログもそんなに難しくない(ラインブログで書いてるからだと思うが)なので自分から苦手意識を持って食わず嫌いをするのはやめようと思った。
そもそも私自身苦手な事がほとんどなくて、デジタル系が唯一苦手だと思ってたが、これを機にブログを書きつつ少しずつ学んでいきたいと感じた。

さて、前置きが長すぎた。それは書きながらわかっていたが、下手なやつの人生最初のブログなので許して欲しい。

人生においてこの講義を受けて1番学んだ事は上記の事だが、1番印象に残ったのは「35億じゃないですからね、あの人は昔のデータで言ってますからね、」だった。私はブ◯ゾンちえみさんの35億のネタで、勝手に世界の人口は35×2=70億人だと思ってた。
しかし今や地球の人口は76億人いるらしい。その内電気が通っているのは62億人、ネット利用人数は40億人、日本人は1億人らしい。
つまり地球の人口の14億人は電気を使えていない。電気を使えない生活なんて日本人の私たちには考えられないだろう。夜は何時に寝るのだろう、冷蔵庫無しで物は何日で腐るのだろう、スマホは使えないのだろうか、あ、そもそもスマホは先進国でも約10年前からしか使用されていないのだった。このままだと私たちはスマホを手にしているのに発展途上国の人たちは電気も通っていない、格差はどんどん広がるのではないか、世界は、地球はどうなっていくのだろう。。。
まずは76億人全員に電気を使用できるようにすることが大切だと思う。 iPhoneの新機種がどうとかではなく。。。