月別アーカイブ / 2017年08月

P_20170812_104001_vHDR_Auto.jpg
わーーー!!!
天使!天使!オーラがすごい!というか!
ほんとに!近い!間近ではいけんできて!すごいー!もう!すごい!

そんなテンションのまま!ブログかくよ!すげー!

というわけで!
このまえの、じゅうばん勝負で初めて!乗車して

わいみたいなおとこなのに
いったらおじゃまじゃないかしら?とかおもってたけど

乗車してみたらすごくよくて!
そのあと国際会議場のも!見に行ってファンクラブもはいって!

どんどんすごい!超特急さんはすごいし!
八号車さんも!すごいあたたかい!すごい!
っておもって
今日!
初めて!のハイタッチ会!

朝9時半に現場について
まだ誰もいなくて一番で待機列に!

んでしばらくまってると
福岡からこられてる八号車さんがこられて
はじめましてですが、いろいろおはなしさせてもらいながら

なんだかんだで!
受付開始!!

ユースケさん一部のいちばんはじめ!

もうね、一言なにを声をかけよう?とか
いろいろかんがえてたんだけど

わー!!!緊張がやばい!
声を出せるか心配!
わー!!!わー!

しかいえないかとおもつったけど

Twitterにもかいたけど

ハイタッチレポ
わい あのっ!猫ティーの作者のボブ山す!

ユースケさん えーー!わー!!えーー!ファンですー!

わい あっ!!ありがとうございます!ありがとうございます!

※嬉しすぎて足ガクガクなりながら退出

感動すぎてハイタッチの感触?わすれるくらいやばいうれしー!


そんなかんじだったんすよー!
うれしすぎない!ほんと!

ハイタッチおわったあとなんか
足がふるえてガッタガタして

外で少しへたりこんでしまったよ、、、


やっば!ほんとやばい!
ほんまもののユースケさんやべー!すてきすぎる!
感動しかないよー!乗車してよかったー!うれしー!


IMG_20170807_000247.jpg
東山動植物園!グッズだよー!

っていうわけでこんにちは
いやはやーまーね色々あったけど
今日はよい日なので、普通に楽しいことだけ
かこうかなっ

まー!実際販売開始になって
わーい!だけど!
商品が並んでいるところを見ると
やっぱり!うれしーなー!

大きめのところに商品おいてもらった系だと
PARCOの猫展だったときに

PARCOに猫グッズを色々おいてもらったり

最近だったら東急ハンズのなごや栄動物園とかね

やっぱり誰でも知っているようなところに
おいてもらったりするとスゴいわくわくするけど

今回の東山動植物園のは
細かいところはちょっとかけないんだけど

わいが絵を描いてからは、そのあとはお任せをしている
形になっているので

実際のグッズ自体を見るのも初!
だいたいこういうふうになるかなー?とはおもってたけど
でもやっぱり実物を見るのはすごいうれしい!

なんかねー、ほんとね

動物とかの絵を描く人間としては
やっぱり動物園ってほんと特別

いつか!そりゃ自分の絵が並んでいたら
うれしーよそりゃ!ね!

っというわけで今日は東山動植物園に行って
それから商品を見て

園の中をぐるぐるまわろうとおもったんだけど

中心のところちょっとまわっただけで
暑さと日々の疲れからか
ちょっと動けなくなって
ベンチでしばらく座って

そのあとは人と合流してごはんたべたりしたよ

思ったよりもちょっと疲れてたみたいだけど
でもこころの中はワックワク

今月はお盆で帰省とかもするから
絵に時間を多く使えないけどでも

絵の構想とか構成は色々考えているよ

色々今後もまだまだ たくさんのワクワクがあるし

もっともっと沢山のすてきな絵を描いて
みんなに届けたいなーっておもうですよ。

こんな絵だし、こんなわいだけど
いつもいつも本当にありがとうございます。

色々な人に感謝しかないですよ。

苦しいことは今日は置いておいて
綺麗におしまい!

ありがとーー!みんなー!

おめでとーー!わがはい!

なにか!いつか!ぜったい!もっと!きっと!
みんなが!自慢できるような!絵描きになります!
もっと!もっと! もっともっと! うぉー!


P_20170806_143839_vHDR_Auto.jpg
P_20170806_143841_vHDR_Auto.jpg

P_20170806_144454_vHDR_Auto.jpg
P_20170806_144556_vHDR_Auto.jpg

P_20170806_151643_vHDR_Auto.jpg
P_20170806_160750_vHDR_Auto.jpg

IMG_20170805_012143.jpg
やーやー!こんにちは!
暗黒電波っ子のみなさん!こんにちは!

おやおやー?声が小さいぞ?

せーーの!!!こーーんにちわーー!!!

はい!そういうわけでばっちり
全員に無視されたところでどうもよろしく

初めまして暗黒電波美術家ボブ山画伯こと
暗黒電波美術家ボブ山ですね。

まーいやはや決まりましたね情報公開ですね

東山動植物園についにわいの描いたキャラクターが
グッズ化されるとは、、、、!!

やったぜ!本当にありがとう!!!

いつも応援してくれるみなさんありがとう

あと、今まで離れちゃったかもしれないけど
グッズや原画を買ってくれた人ありがとう

会ってくれて声をかけてくれた人ありがとう

もちろん、自分に協力をしてくださった
作家さんありがとうありがとう


ーーーーーーーーーーー

ここからちょっとめんどくさい闇の部分が
でてくるのと
どちらかと言えば今後作家さんづきあいについての
部分とかそういうところなので
あんまし楽しくないと思います。

ーーーーーーーーーーーーー

まーそんなわけで始めます。ながいよー


まぁ何度か語ったかもしれないし
どうして絵を描くことになったかとかを
もう一度書くと

抑圧された超絶ブラックの2ヶ月休みなし
多いときでも1ヶ月に2回 泊まり込みあり
とかそういう職場や

売り上げを上げたり受注をとるたびに
なぜか怒られたり、上司が俺の言うことを聞くな!とか
わけのわからないことで怒ってくる職場

いろいろ考えられないくらいそういうブラックな
職場で以前は働いていました。

そこで心を病み、すべての人が信じられなくなって
インターネット上に心を吐き出すことが
もし見られたら、、、 って怖くてできなくなったとき

絵で自分の思いをぶちまけることにしました。

今まで絵なんて中学の時までは少し描いてたけど
高校では美術1で先生にいろいろやなこと言われて
ずっと離れてたけど

自分の闇をぶつける絵 だから暗黒が名前にはいってるんす。

ほかの意味もあるんだけどそれは長くなるから割愛

まーそういうわけでひっそり絵を描いて
それからいろいろなきっかけで絵の展示を
はじめて、主催をはじめて、、、

最初に絵の主催とかしようとおもっていたのは

絵やイラストを発注できるような人

いつか外注さんとかで誰かいい人いたらいいなっていう
思いも含まれていました。


なので主催をするときにはいつも書いていることなんだけど

画力は関係ないよ でも遅刻をしない
搬入搬出の日時を守る
何かあったら報告
まずいことあったら連絡
わからなかったら相談

それを守ってくれる人をよろしくどうぞ
ってかいているんだけど

展示に参加する人、参加に興味があるいわれて
概要を送った人とかいろいろな人に向けて言いたいんだけど

大半の人はOKです。
でもだめな人は3割~4割います。 正直な話

興味がありますいわれて概要送っても無視

参加しますか?と送っても返事なし

展示では遅刻は当たり前

勝手に画廊と話してルールを破る

搬入搬出来ない

お仕事している人とかでどうしても搬入出
来れなくなって前もって連絡してくれてる人は
もちろんそれは仕方ないことだからOKなんだけど

連絡なしで 搬出の時間に来ないから連絡をしたら
名古屋にそもそもいないとかね

まーまーまーまー
いろいろあるんだけど。

作家のみなさん、、、、

正直もう一度言うけど
わいより あなたたちの方が 画力は遙かに上だと

ほんっと!こころのそこから思っているけど!

仕事を安心して投げれる人間ではないんです。

べつにわいから仕事をほしいとか
わいの仕事も基本社内で回せれる量だから
偉そうなことは何もいえないんだけど

もったいないよ、、、ほんとうにもったいないって
思っています。


わいは自分の中で
今まで買ってくれた人や支えてくれた人たちが
将来的に自慢になれるような絵描き・作家になりたいと
思っているんです。

でもみなさんという言い方は悪いかもしれないけど

何を目標にしてどこに向かおうとしているのか
わかんないんです。

将来的なことを考えたときに

絵で食っていきたいっていう考えであれば

毎月最低ラインで考えても利益で20万円

もしグッズで食ってこうとおもったら
原価や委託や出展料加味すると 最低でも50万の売り上げ(名古屋市内で考えると)

絵で食べていこうと思ったら
絵の売価だけでも40万(画材とか考えると)コンスタントに売り上げをあげなきゃいけないと
自分では思っているんです。

じゃーだれがそのお金を払ってくれるかというと

お客様なんです。


いろいろな作家さんを見ていると
作家から作家 そして作家

作家のグループでぐるぐるぐるぐる回っているだけの
ような気がしてならないんです。

作家さんに評価してもらう為の展示や絵

それはちがうんかなって思うんです。


わいのいろいろいいことでた結果ってさ

裏ではいろいろ言われてるよっていうお話も聞いてるし

そもそも絵を描き始めた当初は

ふだん全然絡みもない人たちから
おまえの絵はパースがなってない
絵の練習しろ
デッサンやった方がいいよ
とか うるさいうるさいうるさい!

そして創作活動としてグッズを作り始めたときは

同人活動は金儲けはだめだ
あなたの考えはちがう

とか言われたり 1次創作だよ?わい?
著作権侵してないのになにがわるいの?
うるさいうるさい!

絵の展示をしたら
嫌がらせをされたり
知らない人に悪口をいわれてたらしかったり

うるさいうるさい

まーいやなこといっぱいあったよ


でもそれはそれ、おいておいてさ

自分自身がいい!!!やったら!いみがある!って
思って進んできたから 今があるんです。

展示をやりはじめてすぐの頃に
有名な絵画の先生がたまたまTwitterでつながって
東京からわざわざ見に来てくださったり

好きで聞きに入ってた
バンドマンさんや弾き語りの方にいつもいろいろ
協力してくださったり

一度も原画を見ていないのに それでもほしいって
言ってくださった遠方の方々

テレビの向こうの世界の有名な方

たくさんの絵描きをやる前では自分の絵が広まることなんて思っていなかったんです。

でも思ってはいなかったけど いつかはならなきゃ!
やらなきゃ!って思っていたから

無理かもしれないけど美術館申し込んでみたり
先日の芸術文化センターを申し込みして展示をしたり

自分の絵じゃ無理だっておもったら何もできないし
何もかわらないんです。

自分の絵が無理か無理じゃないか決めるのは
人なんです。他人なんです。

だからもしこの絵はだめ!っていわれたら

別の このえでいいよ!って言われるまで
チャレンジしたらいいんです。


いろいろな作家さんは、チャレンジをしているの?
本当に自分が満足できる展示をしているの?
何をしたら楽しい?何になりたい?って
疑問に思う人が非常に多くいるんです。

バカみたいに絵が大好きで
うちのこかわいい!絵を見てみて!の人はすばらしいし

自分の絵が大好きだし!これを評価しない奴は!だめ!
みたいな自信に満ちている人もすばらしいし

いつか絵でめしをくえるようになってやる!って
あがいている人も大好きなんです。

自分はそういう押さえきれない何かが好きだし
自分は誰にも教えてもらわずに、自分の画力でも
ここまでこれたんです。 だからそういう人を見ると
なにか力になれることがあれば言ってくれれば
力になりたいし、一緒に展示をしたりしたいっておもってるけど、、、


なんというか うーん。。。。


絵描きってコミニケーション苦手な人が多いけどさ

売れっ子になるまで 自分をアピールするのも
自分の絵をアピールするのも 全部自分なんです。

プロモーションは誰かが勝手にやってくれる世界でもないし
PIXIVとかの投稿サイトに投げてても
だれかに拾ってもらえると思ってるのでは
飛び抜けた画力がない限りはだれにもみつけてくれないとおもうんです。

だから、コミニケーションというか 人を大事にしなきゃなんです。

お客様にありがとうは当然だし、
ギャラリーさんにもお世話になった方にもありがとうを
伝えていかなければんです。

できている人はいいんだけど
できていないなって思う人はまー
自分の話なんて聞かなくてもいいし好きなようにすればいいんだけど

もしよかったら考えてほしいんだけど

自分がもし 自分自身に絵の仕事を振るときに
安心して仕事を振れる人間なんだろうか?って考えてほしいんです。


というわけでグチグチかいたけど
こういう事かくと正直 心痛いなって思う人は
離れていくかもだけど

人としての部分で当然の部分も大いにあると思うんです。
(全部が正しいとはいわないけど)

お会いしてお話したひとにはいうんだけど

わいの展示やイベントには
もう、最低限の遅刻報告や独断での判断 とか
そういうことする人は呼びたくないって思っているんです。

社会人としての常識ってまぁもう何が常識か
わからないけど

自分自身の今をよーーく見つめなおして

なぜ絵の展示をするのか 何で絵を描いてるの?

そこをもう一度考えてほしいなーって思いました。

まーーーこれが ここ最近ずーーっと思ってたことです。

スゴいいやなことかいてるかもしれないけど

画力ではなくて人間性がだめなひとがおおすぎるよ、、

自分ががんばっても正直病むし 辛い

こいつやなやつだなー っておもったらどうぞ離れていってくださいな

作家さんとはもちろん仲良くしていきたいけど
仲良くしているだけでは何もかわらないんです。

一緒に前に進んだり
進みたいけど悩んでる人や苦しんでいる人
そういう人たちと一緒に進んでいきたいっておもうんでした。 おしまい

↑このページのトップへ