※本当はめんどくさいことかくようぶろぐに
かこうとおもってたけど
ログインパスワードわすれたからこっちにとりあえず
あとでめんどくさいこと用ぶろぐにもかきますよ


はてさてー!
なんだかんだでやっとこ!!
東京で黒字をだせたねー!
やったね!よかったね!うれしいね!

つってももちろん日当を抜けるのはまだまだ先の話

でもとりあえず今回のイベントでは黒字なのだよー
やったね!よかったね!

いくら黒字なのかって?

聞いて驚く無かれ!

1000円くらいなのだ

ひぎぃ!

って思うけど東京での黒字って
交通費(新幹線)とか場合によったら宿泊費
とかそういうものを抜いた金額での黒字なのだ。


まーさいきん作家さんとかそれ以外の人からの
お話とかでさたまにきいたり
むかしきいたりしたけど


趣味でやってたら黒字とか!利益とか
いっちゃだめ!とかぺっぺっぺ!って言う話が
よくあるじゃんね?

まー二時創作とかは別としてさ
一時創作、ハンドメイドとかになったら
利益は求めるのはふつうなんじゃないかなー?

趣味で趣味でっていうのなら
そりゃ趣味でやればいいんだけど
それは人は人、それぞれだよ

わいはその趣味っていうのは否定しないし
それはそれでもいいっておもうのだ

でもそれを人に強制したり押さえつけたりっていうのは
正直関係ないやん、、、、わいの創作物を
わいがうってるだけなのだしね。

まーなんでそんなこというかっていうと
そういう風に攻撃してくる人って
弱い弱小サークルとか作家にしか言わないから
汚いっておもうんですな。

創作、絵描きをするに当たっても
リスクを背負うのは作家自身だし
リスクの中には在庫・交通費・出展料・時間
いろいろなものを抱えていきているんすよ。

まー、なんやかやいってもさ
ほとんどの駆け出し作家はたぶんわかんねっけど
結構な赤字だし、時間を使って在庫を抱えて
大量に作ってやすくしてさ
それでも数人の人に手を取ってもらって
でもそれでも うーん!赤字だぜ!とか
ぽろっと吐いたらたたかれる始末

へんてこでいやなせかいだよー

まーね、お金儲けのために!っていうと
いやな感じがするかもだけど

いつか!!この!!創作や絵描き活動で
ご飯食べれるくらいのレベルまで持ち上げるためには
赤字赤字を繰り返して、その赤字をだんだん少なくして
やっと立てるのがプラマイ0のライン


それがおわったら初めてきちんとした日当を
とれるくらいに、その後は継続して飯を食えるライン
て考えたら

お金儲けだけのためにやってたら

一日ただ寝ているだけの方が 使っているお金は0だし
どこかでアルバイトしたり何かした方が
絶対に黒字になるんだから遙かにお金儲けになるよね。

でもちゃうねん、みんなはちゃうかもしれへんけど
わいはちゃうねん

作家活動は自己満足、絵描きなんて自己満足
赤字でも少しでもお金払ってもらえるなら
感謝しないかん! むかつく!!

っとかいわれてもさ、それでも赤字が続いたら
いつかは作家活動をやめなきゃいけない時がくるし

わいは続けたいし、もっともっと作家活動の時間が欲しい

もちろん楽しいし満足もしているけど
本当の自己を満足させるためにはまだまだ足りないのだ。

この三年間は本当に充実してたし
めちゃくちゃ運が良い方だって自分でも思うけど

でもそれでもだって、わいは画力もないし
仲間もいないしツテもなかったから
だからいろいろわからないなりにチャレンジしてきたし

だから結果として三年間で 絵の展示・主催・イベントの総出展回数100回以上を越したのだ。

自分自身の確信と希望の光をもってたから
やってやるんだ!っていう気持ちが折れなかったもの

っというわけで
今回のプラスはたった1000円かもしれないけど
その1000円はとても重い 重要な千円なのだ。

他人にとってはたったの千円で
朝五時に起きて東京いって終電近くに名古屋に帰る
それは意味のないことだっていうひともいるかもしれないけど

そういう人は素敵にバイトとかして
堅実にお金をかせいだらいいのだ。

わいは、この千円でまた新たに人との縁をつないで
商品が旅だったことによって在庫が捌けて
また新たな商品を生む原動力にしていくのだ。

1年はとてもはやい、本当に早い

3年なんて言うのもあっというまだし、
3年たってもまだまだなにも先は読めないし
希望の光が遠くにあるのは
ほんのりちかくに見えてきたとしても
確実な希望としての実績も力も画力もなにもかも
まだまだ足りないのだ。

でも足りていないってわかっているなら
もっともっと力と実績をつけるしかないし
それは自分だけの力では実現できないことだから
なら、いつか大きく羽ばたける縁を見つけるには
繰り返して繰り返して工夫をして工夫をして
失敗と成功を繰り返さなきゃなんにもわからないんだもの

もっともっと早くに作家活動をしていたらって
思うことはあるし、そんなに急がなくてもっておもってる
ところは自分でもあるけど
いまきづいたのならいまからの時間しかないんだし

でも本当に残されている時間なんてあっというまだって
いっつもおもってるし、
だけど、わいには自分自身の絵の力を信じてあげたいし
信じてくれて、絵をグッズをかわいがっていただいている
みなさんのためにも やってやるのだ

やるぞ!わいはやるぞ!

そんだけアクティブに動いてすごいっすね!
とか言われることはあるけど
犠牲にしてきたものもいっぱいあるから
動けるだけなのだよ。

もうたくさんを犠牲にしてきたから
もう戻る事なんてできないじゃんね。

時間は戻らないんだもの。やるしかないのだ
体が動くならやるしかないのだ ばかやろー!
うぇーん!

やるぞー! ばっかやろー!