牡羊座、牡牛座、双子座…など
一般的にみなさんがよく目にする星占いは
西洋占星術といいます。
(その中でも現代占星術にあたるのですが)

ヘリオセントリックの星よみには
星座は出てきません。
宇宙には星座が存在しないからです

西洋占星術の出生図は
地球🌏の生まれてきた日時、場所から
見上げた空模様を表したものになります。

歴史は古く(B.C.5000年ごろ)メソポタミアで始まったとされています。
そのため、地球から見える星に名前やストーリーをつけて、星座が存在するのです。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8813.PNG

一方、

ヘリオセントリックの出生図は、
生まれた日時を宇宙からみたとき
太陽を中心とした惑星がどの位置にいるかを表したものになります。

そして、
宇宙に漂っている無数の魂(意識体)は
今世、地球という星を選び、
魂レベルを上げるための活動をしにきている
という概念があります。

私たちは生まれてくる時に
こんな才能や資質をもち、どんなことを取り組むかなどを他の星と約束して生まれてきた
という考えのもとで成り立っています。

ところが、いざ地球に生まれたら
社会のしがらみなどで
心が疲弊し、すっかり忘れてしまっている。
(子宮から生まれてくる時がファーストトラウマとなり忘れてしまうという説も)

そこで、
本来の才能や資質、目的や使命を
星と星の角度のつながりを読むことで
再確認しよう

というのが

この星よみになります。

そのため、西洋占星術とは違い
吉凶がありません。

今のあなたにとって
一番しっくりくるよう、ご自身で読めるように
わたしがガイドをいたします。

気になる方は
是非お声かけください