「育児のイライラと葛藤」
_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4017.JPG


子育て中のママたちにとって、わが子と過ごす1日のスケジュール管理。


眠い

お腹減った

まだ遊びたい…


子どもの要望とうまく折り合いをつけながら、日々の進行管理を行うものの、ささいなことでリズムが狂い、すべての予定が噛み合わなくなることも。


負のスパイラルにハマり、気力・体力を使い果たしたし、精神的に追い込まれるママたちは決して少なくないでいでしょう。


夜、寝ない…

母親にとって想像以上の地獄


ことの発端となったのは、子どもが夕方に昼寝をしてしまったことで、眠りのリズムが狂ったというささいなことでした。


しかし、どんな小さな出来事であっても、致命的な問題になってしまうのが育児の辛い現実。


その日を境に就寝時刻は遅くなり、朝から睡眠不足でイライラ、いつもよりもイヤイヤが激しくなることも。


育児と家事で日々精一杯の母は、子どものイヤイヤと向き合うための多大なるパワーを消耗し、さらに体力を回復させるために必要な自身の睡眠時間さえ削られる。


疲れているのに、眠れない…、繰り返される授乳。


育児のつらさのひとつには、寝たいときに眠れないというストレスとともに、心の余裕をなくし、「自分」が「自分」でいられなくなるという想定外の苦悩を味わうこともあるのです。


もう限界…母の苛立ちが爆発する瞬間だって。


夜寝ないわが子との日々から脱すべく、母は息子の昼寝を短く切り上げ、午前中もお昼寝後も精一杯遊ばせるなどの努力で乗り切ろうとします。


しかし、そのぶん家事はまったくできず、しわ寄せが起きることに…。


子どもの食事、お風呂と段取りを組んで、進めようとする母に対して、眠さと自分で食べたいけど食べられない…というイライラを募らせて、激しいイヤイヤで応戦。


先にお風呂に入れたい母と眠いからおっぱいを欲しがる我が子。

戦いはどんどん激しさを増し、

ずっとずっと我慢していたものが、おさえきれず、どうにも止まらなくなった瞬間。


過酷な育児のなかで、ぐっとこらえていたのに、"我慢の紐がゆるんだ"一瞬のうちに、苛立ちが子どもに向かってしまう。


ご飯よりもお風呂よりも、もっと大切なわが子のこと


しかし、子どもの気持ちを無視して、頑なに育児や家事を進めようとした自分の行動してない?


我が子は常にかわいくて、愛おしい存在。

それは揺るがないけど、「かわいい」も「大好き」も「愛してる」も余裕がなくなると伝えられなくなる。


母親の愛が神聖なものであることを期待する世の中の風潮がいまだあることで、現実とのギャップに苦しみ、さらに「私はダメな母親なのでは…」とママたちを追い詰めてしまうということもあると思います。


母親だって、人間。


ギリギリまで気持ちが追い込まれ、心の余裕をなくせば、わが子への愛さえもうまく表現できなくなることだってあります。


母性本能は、決して無敵なものではないのですよ(^^)


*また写真がアップできないでいます…

↑このページのトップへ