LINE@のフォローは↓こちらから↓
昔は太っていたものの、数年前に内臓系の大きな病気をして以降は痩せたというMさん(50代、男性)
手や足に痺れが出たり、背中が張るとのこと。
気分が落ち込むことやイライラすることもあるようにで、電話や院内にて話をしていても、どことなくメンタルの不安定さを感じました。

検査をしてみたところ、やはり自律神経に異常が診られ、また睡眠に問題があってかなり疲労が蓄積しており、まさしく更年期障害の様相を示していました。
(男性でも更年期になること、更年期が酷くなることはあります。近年はその辺の社会的な認知度は上がりましたが。)

自律神経系統への施術をメインとし、お腹が弱く内臓に不安要素があったのでそちらへの手技も施し、
頸椎のズレや頭蓋骨の動きの悪さも、諸症状の原因のようでしたので、首の矯正や頭蓋骨の緊張を解くテクニックも行いました。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5124.PNG
その結果、施術の回数を重ねるごとに背中の張り等は改善されていき、
特に手足のしびれはほぼ出なくなられました。
また、眠りの質が良くなられたと仰られており、実際にメンタルの安定を感じさせる喋りになられていきました。

施術を終えた後は必ず、諸々の不調がまた出ないようにと、普段の生活の中でのメンタルの維持に、有効なことを色々とアドバイスしております。
特に、かなりの長身なので、姿勢が悪くならないような、背中に負担がかからないような体勢の取り方を、アレコレと伝授しております。

LINE@のフォローは↓こちらから↓
偏頭痛持ち体質の方は、その痛みの特徴として、発作が起きると、動けば動くほど痛みが強くなったり、前かがみになるたびに痛くなっていったりします。

額の真ん中等をぶつけてからソコとは別の箇所、それも頭の片側が偏頭痛的に痛くなるのは、
上記のような頭の動きによる痛みの悪化と、衝撃からの偏頭痛は基本的に同じものであるからです。

かがんだり動かしたりすると頭の血流に刺激が徐々に加わっていって、それで痛みが次第に激しくなっていくのですが、
頭部への衝撃はこの血流への刺激を一気に進ませてしまうので、それでそれから急に痛みの発作が呼び起こされてしまうのです。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5122.JPG
どんなに激しい頭痛持ちでも、頭を打てば必ずしも痛みの発作が起きると云うわけではないのは、その日の調子によってはいくら動いても頭痛の発作が起こらないのと同じように、
頭に衝撃を受けても自律神経が乱れた状態でなければ、頭痛を引き起こす血管の拡張は食い止められるからです。

頭をうってからの頭痛というと、深刻な脳の異変が起きているケースもあり、怖いイメージもありますが、
もともとが頭痛持ちであり、かつ頭に受けた衝撃が、立ち上がる時に扉や上の出っ張りにぶつけた程度のものであれば、
とりあえずはいつもの発作ということで、すぐ病院に行くほどの対応はしなくてもよいかと思います。

とはいえ状態の変化にはくれぐれも細心の注意を払い、いつもとは違う痛み方であるのなら、早めに医師の診断を受けに行きましょう。

LINE@のフォローは↓こちらから↓
風味が好きと云う方も多数おりますが、眠気覚ましにとコーヒーを飲まれる方は多いかと思います。

コーヒーに含まれているカフェインは、スポーツにおけるドーピング検査で引っかかるような成分であり、世界のどこでも合法なモノですが、一応は危険分子も少しはある「薬物」です。

カフェインが薬物であることを示す例として、「効き目が安定しない」という面が挙げられます。

時にカフェインが効きすぎて、夜眠れなくなってしまうことがありますが、これはコーヒーを飲みすぎたらなるイメージが強いかと思います。
しかし決して沢山飲んだわけでもないのに、やけに目が冴え出していつになっても効果が切れずに困るなんていう体験をされた方も、案外いるのではないでしょうか。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5121.JPG
また最近では、昼寝の前にコーヒーを飲むと、起きた時にスッキリと目覚められると言われていますが、
飲んだそばからカフェインが効いてしまい、昼寝どころではなくなってしまうケースも、結構多いのです。

それとは逆に、「飲んでも効かない」と云うことも、実に多くあります。
毎日毎日飲み続けだ結果耐性がついて大量に飲まないと効果を発揮しなくなったなんて事例もありますが、
飲んだはいいがやけにダルくなってしまい、逆に眠くなるばかりか寝て起きたところで目覚めもパッチリしているワケでもないという、本当にカフェインが効いたのかさえ怪しく感じるような体験を、私は何度かしたことがあります。

これは、以前も述べましたが、薬というものは、その日の身体の状態や精神状態によって、効果が変わりやすいのです。
カフェインも薬物である以上その影響は受けます。
医者の処方薬ではないので怖く考える必要はありませんが、あまりに眠気の解決をコーヒー頼りでいると、
その効果の乱高下に、振り回されてゆくようになってしまうでしょう。

↑このページのトップへ