月別アーカイブ / 2013年02月

元気すぎるぜ、、

少しおとなしくしてくれよ、、、

と思うことも多かったハロ(猫)が

しばらく元気がなくて、

食欲も無くて。


心配だったんですが、すっかり元気になりました。

なんだったんだ??

って感じです。


ペットでもこんなに心配なのに、

小さいお子さんがいるご家庭は、本当に

大変だろうなあ、、、と思いました。


さて!

アルバム「ZERO」の予約キャンペーンですが、

参加券配布店舗が、増えました!

チェックしてね~♪

http://www.starchild.co.jp/artist/angela/news.html


そして今日はアルバムのジャケット写真のデザイン打ち合わせ。

素敵なパターンがたくさんで、、、

ああ悩む悩む、、、タイムでした。


桜餅や、イチゴ大福を食べながら悩みました。。


私は相変わらず、元気ですヽ(゜▽、゜)ノ


angelaオフィシャルブログ Powered by Ameba-FxCam_1361632879200.jpg angelaオフィシャルブログ Powered by Ameba-FxCam_1361766490584.jpg

レコーディングでした!


ベースはいつもお世話になりっぱなしの

IKUOさん!!


連日のスタジオワークでお忙しい中、

ありがとうございました!!

みんな、大絶賛でした。


そして私の歌。

方向性が決まるまで、悩みましたが、

今までの経験を活かしながらも

笑顔が伝わる感じで歌えました。

歌は難しいねえ~。。


そしてカレー丼を挟んで、

男子コーラスレコーディング。


前列左、真藤さん

前列右、SINGOさん

後列左、MASAAKIさん

後列右、塩分??あ、BeBe??ん??


でした( ̄▽+ ̄*)


残すところあと1日!!


最終日も盛りだくさんです♪



angelaオフィシャルブログ Powered by Ameba-IMG_5822.jpg angelaオフィシャルブログ Powered by Ameba-FxCam_1361702482840.jpg angelaオフィシャルブログ Powered by Ameba-IMG_5805.jpg

ツイッターとかの写真見てると楽しそうでしょ?
だが、お菓子! 楽しいです。

限りなくHi-Fiに録ってアナログテープにわざわざ落として
昔のTANNOYから鳴らした物を広めのフロアにて
87でMSステレオで再レコーディング・・・

「ビート○ズなら、メロトロンだろ?」と意気揚々とエンジニアさん達に言いながら
そもそもビー○ルズをリアルタイムで知らない連中が

1時間~2時間で神様に近づこうとしても無理なのであった。

ストリングス生演奏をメロトロンみたいなサウンドに?
を試行錯誤したが・・・撃沈。
確かに豪華なストリングスが『窮屈だがゴージャス?』な感じにはなるのだが?
逆にそのまま弦だけはHi-Fiな方が、歌詞の愛しさとせつなさと心強さが表現できる
。。。ような気がする。。。

オルガンのコーラスをJC-120のステレオ・コーラスをモノラルでリアンプ録音。
これは成功かな?単純にオケ&ドラムに馴染みながらも歌を際立たせる上、
フレーズはちゃんと見える。マイクとアンプの距離、マイクの種類、角度などは
は探るのが大変だったけど。。。

しかし、JC-120に付いているオーバードライヴは20年所有してるが
僕の役に立った事は1度も無い。
(あ!一度だけあった。路上ライヴ時代にエフェクターが無くて強引にそれで歪まして演奏した。
だが、やはりODではなくキツめのクランチにしか・・・)
トランジスタ系じゃなくチューブアンプでも試したかったのが唯一の心残り。

だが、そのJC-120がアンプとしての役割以外で役に立った。
音楽とは音階&ハーモニーだけではありません!
空気を振動させる音全てを取り入れれるアイデアこそが重要。
目に見えないもの、だけに聞く人のイマジネーションを、いかにかき立たせられるか?
むしろ簡単に聞こえない音?にこそ大事なものがあったりするものです。

もぅボロ?とかポンコツと言うのやめてくそボロい事に感謝の領域。。。
そしてこのアイデアを思いついた俺は真似されると嫌なので
4/24アルバムZERO発売まで絶対黙秘。。。

さて? angelaはどこに行こうとしてるのだろうか???
レコーディングはまだまだ続く・・・


$angelaオフィシャルブログ Powered by Ameba

$angelaオフィシャルブログ Powered by Ameba

$angelaオフィシャルブログ Powered by Ameba

$angelaオフィシャルブログ Powered by Ameba

↑このページのトップへ