前回、私たちはドラマの中にいて、
役を演じている、ということを書きましたが、
そのことに気づき、
自分が役者だと気づけば、
ドラマのストーリーに翻弄されるのではなく、
いかにその役を演じ切るか、
そしてその役を楽しむか、
ということに意識を向けていくことができます。

結局のところ、

役を演じ切る(=魂の望みを生きる)
役を楽しむ(=今幸せになる、波動を上げる)

この世を生きやすくするには、
これ以外にないと言ってもいいです。
(自分の波動を選んでいくこと、魂の望みを生きることについては、これまでのブログ、書籍に全部書いてますので、ご参考ください)

「魂の望み」を引き寄せるーーチャンスも出会いも豊かさも! 思いのままの人生を生きる方法 | Amy Okudaira 奥平亜美衣 |本 | 通販 | Amazon
AmazonでAmy Okudaira 奥平亜美衣の「魂の望み」を引き寄せるーーチャンスも出会いも豊かさも! 思いのままの人生を生きる方法。アマゾンならポイント還元本が多数。Amy Okudaira 奥平亜美衣作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「魂の望み」を引き寄せるーーチャンスも出会いも豊かさも! 思いのままの人生を生きる方法もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp

魂の望みを生き始めたら、
出会いもチャンスもなんでも引き寄せ放題だよ、
というのはよくお伝えしていることですが、
自分の役どころをちゃんと演じ始めると、
うまく回り出すわけです。

逆に、この世での辛さ、苦しみ、妬み、そうしたものは、
自分の役柄に逆らうと生まれてくるものです。

だから、本来の自分(の役割)を生きる、
ということが大事になってくるのですが、
ただでも、それは、今回の人生の役割であって、
「本当のわたし」ではない、という認識を持ちながら、それをやる、ということ。
そのようにドラマから抜け出すことが解脱であり、それが、覚醒しながら生きるということです。

そして、
なんのために、役者をやっているかというと、

「自分とは何であるか?」
「なんで自分は今、役者をやっているのか?」

を理解するためです。
みんな、究極にはそれを理解するために生きていて、それを理解することが悟りです。
(悟りにも段階があって、理解するのはその入り口で、完成までにはその後がありますが)

それだけのために、この壮大すぎる宇宙をあなたは創造して、
そして、その中で気の遠くなる程何度も転生を繰り返し、
ドラマに翻弄されながら生きてきたわけです。

でも今、ドラマから抜け出す時がきています。


=====
新刊 『「魂の道」を行けば、ソウルメイトに必ず出会える』 


=====

6月新刊『しあわせを創造するnote』 キャンペーン 特別無料QA動画 ⤵️⤵️

=====


note では、宇宙のはじまり、世界のしくみ、わたしの実体について、詩的に感覚的にお伝えしています。

=====

今後のイベントの予定

8月20日 『しあわせを創造するnote』 オンラインQA会(書籍購入していただいた方は、特別価格でご参加いただけます)


9月13日 オンライン講演会



9月19−21日 空(くう)を理解し、体感し、今、目覚めるリトリート (静岡) 満席・キャンセル待ち受付中


=====


↓↓↓ ブログ更新情報が届きます。
友だち追加数