もう一ヶ月以上前のことになりますが、
「天気の子」見てきました。

以下、ネタバレありますので、見ようと思っている方でまだ見ていない方は、見てからどうぞ。


EOgFck1Dk9.JPG


前半は、晴れ女版アナ雪だなあ、と。

エルサは、全てを凍らせてしまう能力を
陽菜は、晴れ女の能力を。

それぞれが持っているものを活かして生きればそれでいい、っていうメッセージ。


後半は、心のままに生きよ、というメッセージ、
だとは思ったけど、イマイチそれがハッキリと伝わって来ずで。

「君の名は」は、「ツインソウルの存在」という強くはっきりとしたメッセージがガンガン伝わってきたんだけど、
「天気の子」 は、「心のままで生きる」、っていうことを伝えたいということでいいのかな??
という感じで、最後に ?? がつく感じでした。

それは、私が女性だから、陽菜の立場で見ていたからで、
この映画を見た友人の男性が言ってたのは、
男性側から見たら、その「心のままに生きよ」
というメッセージはもっとはっきり伝わってきたと言ってて、
それはたしかにそうかもしれないなと思う。

世界中を敵に回しても、心のままに生きていいんだよ、っていうのは、本当に今必要なメッセージだと思うけど、その結果、東京が水没してしまったら、心のままに生きることに躊躇してしまう人が多いのではないかなあ。

心のままに生きたら、世界中は敵に回らなくて、味方になって調和していく、と思うし、それが見たかったー!   と思った。

もちろん、
晴れは良くて、雨は良くない、というわけではないし、東京が水没したとしても、それが調和ではない、とは言えないのだけど。


個人的には、家出までしてしまう、彼をそうさせてしまうのは何があったんだろう?
というところが最後までわからないところなど、
いくつか ?? が残る映画ではありました。


子供はすごくこの映画が気に入ったようで、バリでもう1回見てました!
SQmVcb3Z8B.jpg




======

今後のイベントの予定


10月5日 シンガポール講演会 こちら

10月11日〜12日   八ヶ岳1泊リトリート
 
10月17日    2020年 手帳発売記念イベント(東京)

10月19日   Q&A会 (オンラインプログラム会員様向け)

11月1〜5日 バリ島リトリート こちら

=====
↓↓↓ ブログ更新情報が届きます。
友だち追加数