少し前のことになりますが、去年末、13年ほど結婚していた夫と離婚いたしました。

結婚してから10年ほどは、非常に仲良く問題も少なくやってきておりましたが、
離婚に至った理由は、数年前から私が本来のわたしに目覚めたことで、
夫婦が別々の方を向いて歩き始めてしまったことです。
以前の私は本当の私を偽っていましたから、
本当の私に戻った時に関係性が変わっていくのは必然と言えば必然です。

5年ほど前、ちょうど最初の本が出た後あたりから、小さなズレは感じ始めておりました。
その度に私は、
夫婦について、愛について、男女について、など
たくさん考え、学びの機会を得ました。

少しだけ経緯を説明しますと、
仕事的にも、時間的にも、経済的にも私の状況ががらりと変わったのち、
元夫が以前のように仕事をしなくなった、仕事に対する熱意を失ってしまったことは、
本やブログやトークイベントなどでも多少はお伝えしていたこともあり、
ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

最初のころ、私は、「どうしてこの人はちゃんと働こうとしないのだろう?」
と、元夫を責める気持ちもやはり人間なのでありましたが、
深く、深く、自分と向き合ううちに、あるとき、
私自身が「やってあげないといけない」「やってあげない自分には価値がない」
という観念を持っていたからだ、ということに気づくときがやってきました。
私が、元夫をそうさせていた、ということに深く納得したのです。

そして、その気づきが起きた後、元夫は変わりました。
自ら働こうと前向きになったのです。
すべては元夫のせいではなく、私が原因でした。
そして、その仕事が日本にあったために、そこからは私は主にバリで、元夫は日本で、という別居状態になっておりました。
この別居はお互いが嫌だから別居になったのではなく、お互いのよりよい関係のための別居でした。
ですので、私が日本にいるときは一緒に生活しておりました。

元夫が以前のように前向きに仕事をするようになってから、私たちの関係性はずいぶんと良くなりました。
しかし、そのうえでやはり、
一緒に生きていくには今後の方向性や考え方がかけ離れてきてしまったことや、
一緒に生きていくとすると、私が私らしくいられないような思い、
自分が縛られているような感覚をどうしても感じてしまうため、
私の方から離婚を申し出、結婚という関係には終止符を打つことになりました。
元夫とは今でも連絡は取りますし、友人としてとても良好な関係です。
結婚という契約はなくなりましたが、これまでとなんら変わりないという状況です。

今が嫌なうちは次のステージへは行けない、今の波動が引き寄せるのだから、
ということをこれまでもお伝えしてきましたが、
学ぶべきことを学び、今の状況を改善させたことで、次へと向かうことができたと思っています。
数年前までは、自分が人生において離婚という選択をするなんて思いもよりませんでしたが、これも、魂の道筋の上にあったことだということに今は心から納得しております。

小さなズレを感じ始めてからは、わたし自身もいろいろと悩み、このままやっていける道はないか模索したり、試行錯誤の連続でした。
そしてその中で、本当に成長させてもらったと思います。
決心するまでは本当に大変でしたが、決心してしまうと、
心情的、条件的にも全く揉めることなく、すんなり離婚ということになりました。
学びが終了していたら事はすんなり運ぶということを身を持って体験しました。

元夫の魂も、すべてわかっていて受け入れてくれた、そして私にたくさんの学びと愛を与えてくれた素晴らしい魂の協力者だと思っています。
これまでもこれからも、ソウルメイトであることは変わりません。
13年間、本当にありがとう。

離婚のことを友人、知人に伝えたところ、そのほとんどから
「おめでとうございます!」と返ってきて、私自身もその言葉をありがたく受け取りました。
それは、元夫との関係がダメでそこから抜けたからという意味ではなく、
私自身がひとつの大きな学びを終えたこと、そして、新しいステージへと移行したことに対する「おめでとう」だからです。

離婚は、不幸なことでも悪いことでもない、とこれまでも書いてきたと思いますが、私にとっては、また一歩階段を登った出来事であり、登った先には新しい希望に満ちた世界が広がっていました。
離婚後はますます伸びやかな空気を感じながら、仕事にも、私生活にも邁進しております。

これからもますます自分らしく、魂に沿って生きていけたらと思っています。

=====
↓↓↓ ブログ更新情報が届きます。
友だち追加数