先日、少し戒定慧の話をしましたが、
今日はその続きです。

修行で悟れるのか? : Amy Okudaira 公式ブログ
今ファスティング中でして、本日で6日目。今回は、自分史上最長となる、14日間やる予定です。(断食のおとも)で、今回9月にロング断食やろう、というのは、7月くらいから決めてたのですが、それは、なんとなくそうしたい、心身が浄化を求めてる、というのを感じ取ったのと、
lineblog.me

戒定慧というのは、戒律の戒、禅定の定、智慧の慧で、
仏教において、解脱、悟りまでの方法論を表したものです。

まずは、「戒」ですが、
五戒というのを皆さん聞いたことあるかと思いますが、

不殺生・不偸盗・不邪婬・不妄語・不飲酒

の五つで、
殺したらだめですよ、盗んだらだめですよ、嘘をついてはだめですよ、など、
まあ、これらは基本的なこと、当たり前のことで、
殊更に守らなければだめですよ、と言うほどのものでもないし、
クリアすることも簡単だとは思いますが、
以前、八正道をご紹介したときに、
結局は自分の良心に従うこと、ということを書きましたが、
基本、自分の心に聞き、その良心に従い、
そして「自分で判断する」ということが大事かな、と思います。
(飲酒に関しては、難しいという人もいるかとは思いますが、
これも、一滴も絶対にだめ、というよりは、
自分が飲まれてしまうなことではだめですよ、
という意味で捉えるといいのではと思います)

生活が整っていないと、次の「定」=心を整えるというところへ行きませんので、まずは、基本的なところから、
ということですね。

そして、次のステップが「定」ですが、
これは、瞑想などで心を整えること、
心が現実に惑わされることのない状態を作ることです。
自分で思考・気分を選択してぶれない自分を作ることということも、この「定」に入ると思います。

この段階で、体感として、自分=世界、自分=すべて、
自分が消えすべてになることを体感することもあります。

しかし、体感しただけでは、
自分が宇宙のすべてだ、自分は空(くう)だ、
ということは分かったとしても、
なぜ、そうなのか、
その仕組みはどうなっているのか、
すべてである自分、空である自分が、
今ここに肉体を持って
一人の人間を演じているのは何故なのか、それはわかりません。
そしてわからなければ、それを伝えていくこともできません。

それが、全部書いてあるのが法華経です。
そして、その法華経を学ぶことが、
3つ目の「慧」智慧にあたります。

自分とは何かを知ること。
空とは何かを知ること。
それが目覚めの最終段階です。
だから、完全に目覚めるためには、法華経を理解することが必須です。
法華経からしか、最高の悟りは生まれません。

法華経は、あなたの精神の中で起こっている物語です。
法華経は偉い人がつくったありがたいお経ではなく、
あなた自身が、あなたが読むために、あなたのことを書いたものです。

どうも私は、前世までで、「定」までの段階は終えていたようで、(今世、始まった時点で既に「自分の意識と現実は関係あるって知ってたので)
今回は、「慧」、智慧である法華経を学び、そして伝える、
というためにこの世界に生まれてきたようです。

法華経を覗くことは
空であるあなたを知ることであり、
空であるあなたがなぜ今ここに存在するのかを知ること。

以前、正しい努力で悟れる、ということを書いたと思いますが、
それは、法華経の内容が理解することが悟りだからです。

今後、こちらのブログで、少しずつではありますが、
超訳版法華経を書いていきたいと思っていますので、お待ちくださいね😊😊

=====

note では、宇宙のはじまり、世界のしくみ、わたしの実体について、詩的に感覚的にお伝えしています。