ワクワクと言えばバシャール、バシャールと言えばワクワクですが、
さて、ワクワクすることだけやればよいのでしょうか?
そして、ワクワクできないことをやっている人はダメなんでしょうか?

この「ワクワク」を表面的に読むと、今の仕事はワクワクしない・・・、やめたほうが良いのかな?
と思う人がたくさんいるかもしれません。

でもね、バシャールが言ってるのは、そういうことではないんですね。

ワクワクすることを見つけるために、外にワクワクを探しに出よう、と言ってるのではないんです。
そうではなくて、まず、目の前のことに、あなたの生活の中にワクワクを見つけるのです。
探せば必ずありますから。

これは、エイブラハムの言っている、そしてこのブログでも再三書いている「少しでもいい気分になる思考の選択」と同じことです。
これまでと同じものを見たとしても、あなたはこれまで以上にいい気分になれる思考を選択することができるんです。
今現在のあなたの中に、あなたの生活の中に、幸せも、ワクワクも、全部あるんです。
前回の記事にもつながりますが、全部あるから、その今の現状で満足してそれ以上求めるな、ってことではないですよ。)

目の前にワクワクを見つけるようにしていると、そのワクワクが次のワクワクを引き連れてきてくれ、さらに、そのワクワクが次のワクワクを、と連鎖していき、気が付くと、自分の周りはワクワクでいっぱい、ということになるのです。

一気に、自分のまわりを100%ワクワクで満たせ、と言っているわけじゃないんですね。
というか、もし100%ワクワクで満たすことができたたとしたら、そのうち何がワクワクかわからなくなってきますよ~。

バシャール名言集では、こんな言葉も出てきます。

「辞表を出すのは、人生がマジックに満ちていると確信できてから」




目の前のワクワクを見つける、ということを繰り返していけば、あなたにとっての奇跡が起こり始めます。
最初は小さいものかもしれません。
でも繰り返すうちに、本当に自分が人生を創っているんだ、と思えるようになるでしょう。
そうすると、あなたはもう魔法使いになったも同然です。

もし、あなたが今、主に生活を支えるのを目的として仕事をしているのであっても別に良いのです。ただ、もう自分は魔法使いなのだと確信出来たなら、信頼できたなら、その時はその仕事を手放すときです。

この名言集は、バシャールのエッセンスが詰まった一冊とも言えますので、とってもお勧めですよ。


 ↓↓ ブログランキングに参加しております。
もしこのブログに共感していただいたり、何かのお役に立てましたら、ポチっとクリックお願いします。↓↓ 




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 ↓↓ 読者様募集中です。読者登録お待ちしています。↓↓ 



↓↓ Twitterです。Followしてね!↓↓ 

Twitterボタン