昨日の記事で、本当は愛しかない、と書きましたが、そのあるはずの大きな愛をなかなか感じられない、という人もいるかもしれません。

そこで、今すぐ簡単にその大きな愛を感じる方法をご紹介したいと思います。

例えば、世の中、こんなに添加物だらけ、薬だらけ、企業は金儲けのことしか考えてないし、こんな世界のどこに愛があるの~?とあなたは思うかもしれません。

でもね、あなたには、添加物を選ぶ自由と選ばない自由があるんです。
誰も、強制的にあなたを添加物漬けにしているわけじゃないんですね。
自分の選択をする自由がいつでもあるんです。

また、添加物を作っている人たちには作る自由が、薬を作っている人たちには作る自由が、
金儲けをしている人には金儲けをする自由があるんです。
そもそも、してはいけないことがあるなら、できないようになっています。

思考においても行動においても、何を選択することも私たちは許されているんです。好きにやっていいんだよ、と信頼されているんです。これを大きな愛と呼ばずしてなんと呼びましょうか?

他人の選択や、外で起こっていることを気にするから、愛じゃないものがあるように見えるだけなんですね。



自分が何をも選択できる自由を与えられているんだ、そして、それは誰から与えられているの、そして誰から何を選ぶのも許されているの?
と考えれば、本当に大きな愛をいつでも感じられます。


私も以前は、
イルミナティが悪の限りを尽くしている地球には愛がない、ヤツらがいなくなったら愛の星になる、とか、
肉食がはびこっているこの地球には愛がない、菜食が広がれば地球は愛の星になる、なんて、
外の世界を変えようと一生懸命だったのですが、今考えると、それは、
誰にも侵害できない個人の選択の自由の領域に踏み込もうとしていたのだな、と思います。
そして、これは自分が愛が感じられないのを他人のせいにしている状態でした。

そんなことをしなくても、自分の見方を変えるだけで、地球にあふれる愛を実感できるのです。
あなたは何を選択してもいいよ、といつもいつも言われているのですから。

もしあなたが、自分は愛に基づいて生きると決めたなら、自分が愛を選択すればよい=何をも許されている自由に愛を感じればよい、だけであって、そこに他人の選択は関係ないのです。

今では、イルミナティがいても自分は自分の人生を創れることがわかりましたし、
肉食か菜食かにこだわりがなくなり、自分がどっちが好きかの選択があるだけです。
今でも、匂いが無理で食べたいと思うことがないので肉は食べないですが、魚介類はたまに食べておいしいな~と思うようになりました。
何を選択するのも、本当に自由ですね。

いつでも、私たちは自由な選択が許されている、そして好きにやっていいんだよと信頼されているという大きな愛に包まれているのです。


 ↓↓ ブログランキングに参加しております。
もしこのブログに共感していただいたり、何かのお役に立てましたら、ポチっとクリックお願いします。↓↓ 




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 ↓↓ 読者様募集中です。読者登録お待ちしています。↓↓ 



↓↓ Twitterです。Followしてね!↓↓ 

Twitterボタン