昨日の続きを書こうと思ったんですが、気になるニュースがあったので。
(続きは明日書きますので、もうちょっと待っててくださいね)

資生堂:すべての動物実験を廃止
http://mainichi.jp/select/news/20130301k0000m040046000c.html


私も、以前は動物実験に心を痛めていた一人でしたが、今はもう本当にどうでもよいです。
どうでもよい、というと言葉が悪いですが、どっちでもいいです。
どっちにしても、動物たちは幸せなんです。
私たち人間が、どんな状況でも幸せであるように。

自分が、動物実験を望まないということは変わってません。
なので、「関心をもたない」という選択をしました。
この世は、自分が関心を持つものが現実化されちゃうんです。
なので、いい意味でもう諦めました

そうしたら、このニュース!
私が諦めたら、資生堂さんも諦めてくれました。
ありがとう、嬉しいです。
資生堂さん、宇宙さん、神様、本当にありがとう。
この感謝は、また次の「感謝したくなるような現実」を引き寄せてくれるでしょう。


さてさて、もし「動物実験はけしからん、動物たちが可哀想」という怒りや憎しみや悲しみの感情を持ちつつ、このニュースを聞いたらどうでしょうか?

資生堂が動物実験をやめたことについてはとりあえずよかったと思うことでしょう。
でも「世の中にはまだまだ動物実験がはびこっている、なんとかせねば~」とすぐにまた怒りの方向へいってしまうのではないでしょうか?

あなたが、その気持ちを持ち続ける限り、動物実験はなくなりません。
動物実験をなんとかしたい → それには動物実験をしている会社が必要、という風に現実はつくられてしまうのです。
あなたが動物実験をしている会社を探し続ける限り、それはあなたの現実に存在します。

「資生堂が動物実験をやめた」

このニュースに対して、ただ感謝の気持ちで受け取ることもできるし、また怒りの方向へ持って行くこともできる。
そして、その抱いた感情に対して、また現実が返ってくる

全ては自分次第です。


 ↓↓ ブログランキングに参加しております。
もしこのブログに共感していただいたり、何かのお役に立てましたら、ポチっとクリックお願いします。↓↓ 




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 ↓↓ 読者様募集中です。読者登録お待ちしています。↓↓ 



↓↓ Twitterです。Followしてね!↓↓ 

Twitterボタン