天上天下唯我独尊、この言葉は釈迦が誕生した時に言ったとされる言葉ですが、この言葉の意味って何でしょうね?

Wikipediaでは、「全世界で私が一番尊い」
とあるウェブサイトでは、「この大宇宙で 唯私たち人間だけになし得る、たった一つの尊い使命がある」
また別のサイトでは、「この世の中で、みんなそれぞれにお互い自分というのは、かけがえのない尊い存在であり、かけがいのない尊い命であるということ」
って書いてありました。

もう何が本当の意味なんだかわかりませんね。


でも、このブログを読んでくださっている方は、わかるのではないでしょうか?
このブログでは、これまで、

・あなたの現実はあなたの思考のみがつくる
・他人はあなたの現実を創ることはないし、あなたは他人の現実を創ることはない
・あなたの目指すところは、あなた自身の喜びである

ということを繰り返し書いてきました。

つまり、天上天下唯我独尊とは、

「広い宇宙であなただけがあなたの現実をつくり、あなたこそが、あなたの喜びこそがもっとも尊いのだ」ということです。


天上天下唯我独尊 「全宇宙で、自分がもっとも尊い」

何も知らずに聞くと、とっても利己的に聞こえます。

だから、これまでにいろんな解釈が生まれたんだと思います。


しかし、この天上天下唯我独尊とは、

「あなたの宇宙はあなただけが創るので、あなたはあなたの現実の創造に集中しなさい。あなたの喜びがあなたの目指すところであり、他の目的は何もない。それが最も尊いことなのですから」

という、引き寄せの法則、すべては波動なのだということを教えてくれているのですね。


 ↓↓ ブログランキングに参加しております。
もしこのブログに共感していただいたり、何かのお役に立てましたら、ポチっとクリックお願いします。↓↓ 




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 ↓↓ 読者様募集中です。読者登録お待ちしています。↓↓