引き寄せというと、どうしてもモノやカネを引き寄せるぞ~というギラギラしたイメージを持つ人もいると思います。
私も、ずいぶん前に「ザ・シークレット」のウェブサイトは見たことがあったのですが、私の偏見ではありましたが、モノやカネを目的としているという風に感じてしまいまして、当時は実践しようとは思いませんでした。
(私は『ザ・シークレット』の本はまだ読んでいないのですが、今読めば、違った感想がもてると思います。)


私は長い間、お金を求めるのにすごく抵抗がありました。
多少なりとも途上国を見てきたこともあって、この日本に生まれただけでも素晴らしい事、これ以上求めてどうするの?という思いがずっとありました。『アミ小さな宇宙人』や『シルバーバーチの霊訓』を読んで、その思いはどんどん強化されていきました。
スピリチュアルの世界に足を踏み入れた人なら、多かれ少なかれ同じような気持ちをお持ちではないでしょうか。

また、世界を金融で支配している支配者層の存在を知り、銀行がいったいどんな事をしてお金を作っているかを知ってからは、お金を諸悪の根源だ、とまで思うようになっていました。(ここでは詳しく触れませんが、イルミナティやロスチャイルドなど、聞いたことがある方は多いかもしれません。いわゆる陰謀論の世界です)

そういう思考を持っていましたので、私の経済状態というのは、良くも悪くもない状態、生きていくのには不自由がないけど余裕もないという状態でずっと固定されていました。


さて、前回の記事で、思考は自由である、誰にも思考は邪魔されないから人間は本質的に自由なのだ、ということを見ていきましたが、それでは行動の自由はどうでしょうか?

この地球上のほとんどの場所では、お金なしに生きていくことはできません。
何をするにもお金が必要です。つまり、お金が行動の自由を左右しているんですね。

この事が嫌で、『アミ小さな宇宙人』に出て来るお金のない社会にも憧れました。
そういう世界が実現すれば、それは素晴らしい事と思いますが、現状としては、やはり地球上はお金が行動の自由を左右しているんです。

そして、それが嫌だからといって、押しのけようとする思考を持つことは、逆にその現実を強化してしまいます。
ここでも、現状の良いところを探す選択をしていくのが最良の方法なんです。
つまり、お金でどんな楽しい事をするかを考えて、よい気分になるのが現実を変える最短の方法なのです。


ここで、こちらの本をご紹介したいと思います。
この記事でご紹介したエイブラハムシリーズの中の一冊です。

お金と引き寄せの法則 富と健康、仕事を引き寄せ成功する究極の方法





この本の中で、エイブラハムは、地球上ではお金が行動の自由を左右しているため、お金とは自由を意味し、自由とはお金を意味する、と言い切っており、ここで私のお金に関する呪縛が解けました。

私は自由が大好きなんです。
あまり自由が嫌いな人はいないと思うんですが、私は小さな時から自由に重きを置いている自分を自覚していました。

以前の私は、こういう状態だったんですね。

$人生は思い通り

これでは左右に引っ張られて、自分はどこにも行けない状態です。

自由が大好きで、お金が嫌いというのは、同じものを好きであり嫌いであると言っている、ありえない状態だったんです。

私は自由を求めます、というのと、私はお金を求めます、というのは、同じことだったんですね。
それが分かりましたので、これからは、同じ方向へベクトルを向けて進んでいけます。
私は楽しい事が大好きなので、その楽しい事をするお金が欲しい!って素直に思えるようになりました。


$人生は思い通り


お金を求めることは自由を求める事です
自由というのは、人間の基本的な欲求なんですね。
ですので、お金に関心を持っても魂が汚れるなんてことはありません。
どこまでも、自分の好きなだけ自由(=お金)を追求してよいのです。

こう考えますと、既にお金を持っている人に対する見方も変わってきます。
お金持ちに嫉妬や偏見を抱きつつ、自分がお金持ちになることはあり得ません。それは、自分の思考に反するからです。
お金持ちの方は、自由を追求してきた結果そうなっていると考えたらとっても素敵じゃありませんか?


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ



ブログランキングに参加しております。
もしこのブログに共感していただいたり、何かのお役に立てましたら、ポチっとクリックお願いします。