_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2115.JPG
東大競技会に出場してきた。2018年のシーズン・イン。

社会人になって、陸上に競技復帰して、「なんでやってるんだっけ」みたいな気持ちになることがよく、ある。
主将だから……とか、部活だから……とか、そういうモチベーションを強制的に維持する仕組みがなくなると、陸上というスポーツのキツイところ、単純に追い込む練習で吐いて肉体的に苦しいとか、どれだけ忙しい中でも練習ちょっとサボると一気に体力や技術が落ちてしんどいとか、そうやってがんばればいいことがあるわけでもなくてふつうに相手に負けたり記録が悪かったりして悔しいとか、まあ陸上ってそういうものだから仕方ないよね、みたいなことのオンパレードで、「なんでやってるんだっけ」に向き合わざるをえない。
それってひゃくパーセント自分のため、なんだよね。誰も頼んでない。好きだからやってる。選んだからやってる。じゃあ、なんで、ってまたなるわけだ。会場の東大に行く道すがらぼんやり、うどんみたいなイアホンでむかし試合の前によく流してた曲を聴きながら、ああ、いつの間にか一人になっちゃったなあ、中高で陸上やってて今もやってるやつもういないよね三十路だし、強い頃の自分を知ってる大学の後輩たちに今の姿は見せなれないし、なんていろいろ考えながら歩いた。
それでも、やってるのは。一人だけど、みんなが早々に卒業した陸上にみっともなくしがみついているだけかもしれないけど、弱くなっちゃったけど、やってるのは、陸上のアレが好きだからだ。
なんていうか、さっぱりしているところ。勝ったら「イエーイ勝ったぜ」って言っていい。負けたら「ちくしょう負けたぜ」って言っていい。才能と努力と運をかけあわせて勝負して、合計が大きい人の勝ち。あるいは過去の自分の記録と比較して、記録が良ければ勝ち。陸上には相対評価と絶対評価のどっちもあるけど、順位と記録ははっきり数字で示されるからそれがめっちゃわかりやすい。仕事のように自分のことすごいってアピる人がすごいみたいにならないし、「アレオレ」って誰かに手柄を奪われることもない。コネも容姿もフォロワー数も関係ない。ていうか仕事でもそういうの関係ない、あるいはそれをひっくるめて実力なんだけど、少なくとも社会に出るとわかりにくいのが、勝ったんだっけ、負けたんだっけ、そもそも勝負なんだっけみたいなモヤモヤ。こっそり積み重なって、心の澱になる。
そんなのでも、しょーもないから。だからスカッと、勝ち負けがわかる競技が好き。そんな感じ。
で、東大に着いたらたまたま、大学時代の後輩たちに会った。見せられないとか言ってる場合じゃなかった。なんだおまえら出てんのかよ門の前にいるなよ会っちゃうだろ。でも後輩たちは僕が出るって知ってたって。「いや先輩、Twitterに出るって書いてたじゃないですか」って、はい、そのとおり。感傷ってまじで意味ないな、独りよがりかよ。
僕が創部した陸上部には、去年も、東日本の大会で優勝するような子が入ったらしい。数人で立ち上げて、40人50人規模になった、思い入れしかない場所。でも、あんまり顔を出してない。まだ早い気がしている、ずっと。
肝心の試合はどうかって、ダメだった。今シーズンからグライドは止めて、ターンで投げることは決めてて、それなのに完全な準備不足。年が明けて、砲丸に触れたのは一回だけ。しかも試合の直前。
それでターンなんて、発想が甘々だった。どうしてターンで投げる人が少ないのか思い知った。難しいからだ(当たり前)。練習投擲はまあまあだったんだけど、一投目が右に大きく切れてファール。審判が慣れてない学生さんたちで、飛んできた鉄球に慌てて後ろに逃げる姿にこちらが恐怖心を抱いてしまった。投擲は基本、横に逃げないと当たるし、当たると死ぬので。二投目、なんとか悪いなりに記録を残し、三投目はタイミングが合わず、ここで予選敗退。予選敗退!まじか!
練習投擲がリラックスしていて一番よかった。10mラインの前くらい。いずれにせよ自己ベストは遠い。
敗因は準備不足。でも、これずっと言ってる気がする。初の単著が出るから、政治家アンケートをしているから、年度末だから、年末だから、腰をケガしたから、etc.etc.……。ちがうでしょ!そういう言い訳が嫌いだから、陸上が好きなんでしょ!ずっと準備不足ならそれが実力だ。だっせえ、くだらねえ。
でも、ここからが陸上のいいところ。やるしかないから。足りないなら補う、とてもシンプル。ロード・トゥー・全日本実業団対抗選手権。いつでも再スタート。明日からまたヨーイドン。
1/8〜3/19の練習メニュー

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1531.JPG
#インターネット陸上部 はじめます。きっかけはこの記事。
要するに、LINEのグループで運動を報告して励まし合う、という試みなのですが、これすごくいいなー、って。
そして、これ、ハッシュタグでやってもおもしろいんじゃない?と思った。

練習したらメニューを書き込んで「いいね!」するだけのゆるやかなつながり。
こうやって投稿したら、Twitterではすぐに参加してくれている人たちも現れて、感謝です。

というのも、これまで、運動するコミュニティは何回か作ろうとしたことがある。
でもやっぱり社会人になると「予定を決めて」「実際に集まる」ところのハードルが高いようで。
今度は機能するように、がんばります。

メディアは「健康になりたいならこれをしちゃだめ」「健康になりたいならこれをしろ」と言いがちだ。
でも、言いっ放しで自分たちが不健康じゃ、説得力がないよね。
みんなで健康になろうな!

自分の場合は主にインスタと、週イチで練習メニューをまとめたLINEブログ(を紹介するTwitterとFacebook)で参加する予定です。

#インターネット陸上部 👟はじめます🙌🙌🙌練習したらメニューを書き込んで「いいね!」するだけのゆるやかなつながり☝️Twitterなどではすでに参加してくれている人たちもいて感謝です🙏これまで、運動するコミュニティは何回か作ろうとしたものの、やっぱり「予定を決めて」「実際に集まる」ところのハードルが高いようで😂今度は機能するように、がんばります💪メディアは「健康になりたいならこれをしちゃだめ」「健康になりたいならこれをしろ」と言うけれど、言いっ放しで自分たちが不健康じゃ、説得力がないよね🤔 #みんなで健康になろう ✌️写真は陸上部といえば、の最高の小説『一瞬の風になれ』🏃🏻 #training #workout #run #running #fitness #diet #trackandfield #トレーニング #ワークアウト #ラン #ランニング #フィットネス #ダイエット

A post shared by 誠一郎 朽木 (@amanojerk) on

あっ、ちなみにこれは最高の陸上小説こと『一瞬の風になれ』。読み返して泣いた。

12/31週の練習メニュー
1/3 ラン(都内で一番の急坂)
東京体育館はもう開いてるって知ってたけど、いつもより閉まるの早くて時間的に間に合わなかった。
品川区と港区の間に「都内で一番の急坂」というのがあるので、そこで。
完全に傾斜に負けている。鈍い。

1/4 ウエイト(ジム)
  • ベンチプレス 60kg×10+100kg×3+100kg×1+90kg×5+80kg×5+70kg×10+60kg×10
  • プレスダウン 25kg×10×5
  • アームカール 10kg(左右)×10×5
100kg×3回3セットできるようになりたいんだけど、まだ2セット目で潰れてしまう。
とはいえ全体的に数値は向上。少しずつ、体が変わってきた。

1/6 ラン(東京体育館)
  • 1km jog
  • ドリル
  • 100mWS ×5
前回の振り返りにも書いたように、昨年末に腰を痛めた。
走り込みのスピードは様子を見ながら戻していたんだけど、今日、ちょっと調子に乗ってしまい。
5本目で9割くらいまで出したら急に腰にバシッと来て、本当に怖かった。
学生時代に10年以上、陸上をやっていたけれど、あまり大きなケガを経験していない。
強い選手はこれを乗り越えてきたのかと思うと、なんだ、おれぜんぜん陸上わかってなかったじゃん、って。
自分の体の状況をできるだけ正確に把握して、今、必要なことをしっかり選び取ろう。

年末年始はジムがほとんど休館で、トレーニングに穴が空きがち。
葛飾区の総合スポーツセンターとか、開きっぱなしのうれしい施設もあるみたいだけど、正直、遠い。
せっかくいい感じで練習を積んでも、この時期は食べて寝るだけになって、例年リズムが狂う。
どうしたもんかなー、と思っていたら、ひらめきました。そうだ、公園に行こう!

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1476.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1477.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1475.JPG

公園は年中無休24時間営業だし、タダ。最強。
あちこち調べてみたところ、近所の公園にマラソンコースと大人も使えるアスレチックがあるようで。
元旦から軽く体を動かしてみることに。

行ってみると懸垂やディップスができる遊具(?)や器械体操の吊り輪があって、なかなか本格的。
ガチ勢の人は吊り輪でクルクル回ってた。
今日は開いてなかったけど、200mの陸上トラックもあった。また来ようっと。

年末年始はおいしいものを食べる機会も多いから、楽しみつつ、締めるところは締めなきゃですよね。

#筋肉ズボラ飯 の一環で、年越しそばを年越し糖質ゼロ麺にしてみた。
うまい汁で食べればだいたいどんな麺でもうまい。

運動と食事のどちらもおろそかにせず、上手に年末年始をハック(攻略)したいものです。

↑このページのトップへ