本も音楽も映画もビッグタイトルはどうやらもう一般常識として扱われているようだ、
というか基礎知識としてもっていたほうがいろんなパロディや後追い作品がたのしめる。

ということが以前、『最終絶恐計画』(いろんなホラー映画のパロディ)を観てから『スクリーム』(最初にジェイソンの正体を言う)を観、
やばい間違えたと思って慌てて観た『13日の金曜日』はリメイク版(シリーズの総集編的位置づけ)だったという最悪の順番を踏んでしまって痛いほど身にしみたあまもりさん、

流行ったものを気になったものを何も知らずに観て、気に入ったら掘り下げていって古典に当たることがやっぱり多いけれども、
なるべくなら時代の順番は守ったほうがよいよ…ほんとだよ…

というわけで2000年代サイコホラーの金字塔、ソウを観ました。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8855.JPG
なんでこのタイミングでソウを観たかと言ったら、これも以前から観なきゃ観なきゃと思っていたのだけど、
いまネットフリックスで夜な夜な観ている『スキンウォーズ』(アメリカのボディペイント勝ち抜き番組)シリーズのシーズン2の回のゲスト審査員がジグソウの中の人だったから。
コンテスタントのみんなのテンションの上がりっぷりがうらやましかった。
そして制作中にもちょこちょこ出てくるジグソウさん。気になる。

よく話はきいてて、シンプルに残虐なシーンつめつめあわせ作品なのかなあと構えていたらそんなことはなく、ストーリーにもワオ!でした。
あんだけオマージュ作品ができるのも納得です。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8842.JPG
これはゾウ。

映画になんの造詣もないわたしにして、
E.T.を観たら「わたしも最高の映画作りたい...」というきもちになりましたが、
ソウ観てたら「わたしもホラーのアイコンになる殺人鬼を生み出したい...」というきもちになりました。
影響?受けやすい。



次のライブはこちらです!

05/04(金)
松下菊乃企画
『ao』
町田INTO THE BLUE
open19:00/start19:30
¥2700+1drink
出演 amamori、松下菊乃、おとなり、サメとうふ
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8601.JPG
ゴールデンウィークの1日。ぜひ来てね。
あまもりの青色を。



きのう夜中にもやもやがもやもやしてもやもやしていましたが、
台所と洗面台とトイレをがっがっがって掃除したらとてもさっぱりしました。
お掃除はよいもんです。

お洗濯もすきです。お散歩もすきで換気も大すき。
しかしその前に立ちふさがるヒノキ花粉。
一生ヒノキ風呂に入れないかわりにヒノキ花粉取り除いてあげるって言われたら、
わたしはヒノキ風呂をすてるね。
お風呂も大すきだけど。
そろそろ終盤でしょうか。
みんなも気を強くもってしっかりね。