春が嫌いだ。
花粉症だからだ。
鼻水が出る。出るのにつまる。のどがかゆくて朝目が覚める。覚めた目もかゆい。
気持ちのいい気候。いいお天気。なのに外に出ることはおろか窓すら開ける気がおきない。
ああもういやだ。希望なんて見えない。杉の木を全部切りたい。いや伐採なんて生ぬるい、焼き払え!!
生きとし生けるものを大事にする気持ちなんてわたしの中からすっかり消えてしまった。

今まできいていた薬もどうもきかない。
どうもきかないが、飲まないと本当にどうにもならない。
種類を変えたらどうにかなるのだろうか。でもそれも合わなかったら。
不安や敗北感やよくわからない色んなものを抱きながら、ともかく薬が切れたので近所の病院に行く。
ふだん何かで病院にかかるついでに抗アレルギー剤をもらうことが多いため、耳鼻科にきちんと行くのは久しぶりなのだ。
初めて行った近所の耳鼻科・小児耳鼻科の先生に、
「いままでこれ飲んでて薬がなくなったのできたんですけどどうもあんまりきいてない感じもして…」
と言ったら生命力溢れる先生、ハイシーズンは今まで飲んでいた薬のみじゃ抑え切れないのだろうと言う。
「それではあまもりさん、作戦としてはですね…」と、2週間のみ寝る前の追加の薬と点鼻も併用するのでどうかと。
それでお願いして薬をもらって帰り、翌日、わたしはびっくりすることになる。
起きても鼻がむずともしない。どこもかゆくない。
おお、医学の勝利だ!!
そうか、今まで飲んでいた薬、君が悪かったんじゃなくて君だけじゃ太刀打ちできないくらい花粉が強かったんだね。
一度はもう付き合いはこれっきりにしようかと思ったのだけど、ちゃんと働いてくれていた。疑ってごめん。
外を歩くのも苦じゃない。生命の息吹だ。日差しはこんなに明るかった。

駅前でおじさんがチーズを食べながらビールを飲んでいた。おお、気持ち良さそうだなあ、と思う。
そうだもうすぐ桜が咲く。
春の空気をたっぷり吸って花を見ながらビールを飲むのもすてきじゃないか。

(抗アレルギー剤とアルコールに関しては一旦眼をつぶることにする)
(まあその頃には花粉も落ち着いているだろうし…)

どうでもいいことだけれども、吸入のところのモニターで今話題のアナと雪の女王が流れていた。
これはあのぱりっとした先生のジョークなのだろうか、偶然なのだろうか、と思いながら、
わたしは風邪ひきの男の子と二人並んで、鼻から薬を吸いつつ吹き替え声優が変わるアナ雪をぼんやりと見てきた。


きのう。ありがとうございました!

03/16(土)
新高円寺STAX FRED
open19:00/start19:30
¥2500+1drink
出演 amamori、aro、富山優子


*セトリ*
これは恋?
彼女はワニを飼っている
鶏小屋
逃避行
リンゴ追分(カバー)
midnight highway
room
夜が見てた
帰郷


次回はこちら〜〜〜!
客席にグランドピアノを下ろして、ステージの上にも客席を作って360度方向から見ていただけるグランドピアノセンターステージライブです😊🎹

03/20(水)
北参道ストロボカフェ
open18:30/start19:00
¥3300(1drink込み)
出演 amamori、Ryo Yoshinaga、鶴田奈々、イトウナホ
出演時間 20:50頃


そのあとのライブは、
10(水)高円寺U-hA

蜂鳥スグル×amamori×熊田プウ助で、
19(金)浜松エスケリータ(静岡)
20(土)矢場町ボクモ(愛知)
以上!

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2603.JPG
左下がスグルさん、左上がプウ助さん、右上がぼく。
(右下はドルショック竹下さんだけど今回は3人!)
何の曲やるのかも決まってないけど各地で食べるものは着々と決まっています。へへへ。

小さい頃、テレビを録画したドラえもんの映画を繰り返し観ていたような頃。
(CMの間に考えていたのをよく覚えている)
眠りに落ちる瞬間というのをつかまえたくて仕方がなかった。
蛍光色のしっぽがしゅるんと逃げるように眠りの中に駆け込んで行く姿が見えた。
眠りの入り口は、眠ってしまうと見失うけれど眠らないと現れない。
哲学みたいだ。
(なんでも哲学と言えば賢そうになる)
だからつかまえたい気持ちをもちながらも、これはつかまえられないものなんだろうと思っていた。
お姫様にはなれない、みたいな。
ドラえもんは現れない、みたいな。
そういうもの。

しかし、時間が経ってみないとわからないこともあるもんだ。
いまわたしは眠りの入り口を知っている。
考えていたことや頭の中の風景人物が自分の手を離れて勝手に動き出したら、そこからが眠りへのスロープ。
眠る前に夢は始まる。現実とトレーシングペーパーのように重なる。そしてフェードイン。
移行しきらないうちに「あれ?」と意識をもってしまうと現実に戻る。そんなときは、眠りそびれる。
きのうは夜の森の中で大きな船がそっと動いたのが夢の入り口だった。

違ったこれは一昨日見た夢だ!
日毎夜毎に境がなくなる
と歌ったのは、CD「一昨日見た夢」に入っている「消えた物語」。

昨日観た映画、一昨日観たタランティーノの映画のばりばりインスパイアものでびっくりしたな。
偶然、ぴったりな順番で観てしまった。よく順番失敗するからラッキー。
と思いながら渋谷駅のエスカレーターを降りている途中で、
いや、一昨日タランティーノを観たのは現実だけど、昨日観た映画は全然別ジャンルだ。インスパイアな箇所なんてあるはずがない。
と思い直して記憶を精査したら「タランティーノのインスパイアものの」という部分のみ夢だった。らしい。
記憶と夢は、映画を観ていた部屋も姿勢も同じ。
そういうときはタチが悪い。

そして帰ってお風呂に入りながら「今日は家にいて何にもしなかったな」と思ったけれど、
昼間表参道の美容院に行ってそのあと渋谷まで歩いてクリスピークリームドーナツを買って帰ったのは今日の出来事だ。
その渋谷駅のエスカレーターで考えたのがさっきの映画のくだりじゃないか。
3日前くらいの出来事として頭の中におかれていた。

ああむつかしい。ああいやになってしまう。
時空もゆがんで境目もあいまいでわたしの記憶はもうゆらゆらのぐらぐらだよ。
_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4590.JPG
そう、髪の毛を切りました。
だから写真や記録は、なるべく残すことにしている。


_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4548.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4598.JPG
vHThg67kDh.jpg
ごはんを食べるということはたのしいことなので、友達に「完全に人呼んでるテンションの飯」と呼ばれてるソロ晩酌セットと一緒に晩酌しています。

野生のあまもりは自分が作ったごはんを人が食べるということをなぜか「とられた!」と認識してしまって非常に不機嫌になるので、
(二、三人前作ったら明日も食べられるはずなのに、一食でなくなるなんて信じられない…となる)
自分が食べたいものを自分で作って自分で食べるがいちばん落ち着くし幸せだなあとこのごろは思います。
(時間がなくてくたくたで腹ペコのぼろぼろで「誰かごはん作っておくれよ!」という気持ちになることはあるけれども)

「食べてくれる人がいないと作る気がしない!」
って言う人に会うと、何がどうなってそうなるんだ、となる。
むしろ、わたしは何がどうなってこうなってしまったんだろう、となる。
一人っ子で横取りされることもなく、ケーキのメレンゲも一切れ多いお肉も全部ほしいと言えば手に入ってきたはずなのに。
前世が飢饉だったのかもしれない。
おお、どうか安らかに。
いつかその魂が浄化されて「おいしいって言ってもらえることが幸せ」って言えるようになるといいね。

KhTtLR3sNb.jpg
ピザパーティーとかタコパとか鍋パはよいなあと思います。
きのうはじめてイートインでドミノピザを食べたらおいしくってびっくりした。
宅配ピザってふだんあつあつで食べることないもんなあ。


_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4555.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4563.JPG
絶対インスパイアされてないもんな。
うーん、ポスターの色合いのせいかなあ。うーん。
こじらせてきたなあ。蝶々でも自分でも不具合なくゆきたいもんです。

ライブでした!

03/04(月)
南堀江knave
open18:00/start18:30
前¥2500/当¥3000 +1drink
出演 amamori、RYOSUKE SUNSET、ケシカルカッコ、大槻美奈、とみぃはなこ
出演時間 19:10頃


*セトリ*
彼女はワニを飼っている
drain away
更地
stuck
room
夜が見てた


_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4533.HEIC

今日の14:50着の新幹線で新大阪について、23:30発の高速バスで東京に戻ります。
滞在時間は8時間40分。とんぼ返り。

バスの中で眠れないので夜行バスというものが苦手で、いままでは極力乗らないようにしていたのですが、
(ゆうてOPETHの大阪公演のときは自主的に夜行で行って朝から京都ばりばり観光してカレー食べてライブ観て夜行で帰ったのだけど)
(何事も大事なのは勢いだな)
(元気があればなんでもできるんだな)
考えてみたら夜行バスが走ってる時間には最近そもそもほとんど寝てないのだから、寝れなくても関係ないのでは?と久しぶりに高速バスに乗ってみました。
実験。三列のちょっといいやつ。
ちょうど後ろの席がなくてリクライニングも倒し放題で、いまのところ悪くない気分です。

あとはひまに耐えられるかだな。
アイマスク支給するなら電気つけといてくれたらいいのにって思っちゃう。
タブレットやスマートフォンなど光を発する機械は使用禁止とのことなので、
いま頭からコートかぶって光漏れないようにこれ書いています。
飛行機みたいに映画観れたらたぶんぜんぜんいける。

大阪次こそは完全あそびで来たいな〜っていつも思います。
ユニバ行ってエルモに会って串カツ食べてビール飲んでたこ焼き食べてビール飲んでお好み焼き食べてビール飲む。
わたしの中の大阪。
おいしいはたのしいでうれしいだからさいこう。


_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4382.JPG
ずっと気になってたこれこのあいだ観たんだけどおもしろかった。
高速鉄道内で起きた銃乱射事件のノンフィクション。派手じゃないんだけど。
主役の3人、実際に事件に巻き込まれた本人を起用してるってあとから知って「えええええ」ってなりました。

緊迫してない場面も退屈しない映画ってなんなんだろうなって思う。
わたし映画ビギナーだからまだいまいちわかんない。研究する。

↑このページのトップへ