月別アーカイブ / 2018年12月

セットリスト
SE OVERTURE
※MUGEN衣装
1 MUGEN
MC・自己紹介、ロジャポAR受賞者発表
2 キミと笑顔(高井)
3 SUPER STAR(内藤)
4 さよならからはじまりへ(平瀬)
5 イエロー(内山)
6 Memories(椎名)
MC・VTR(「Saint Mental gift」についてのメンバーインタビュー)
※ジャポニーサンタ衣装
7 Saint Mental gift(初披露)
MC
8 教歌SHOCK! -Xmas ver.-
9 ASTRO GIRL
10 BUSY
MC・2018春ツアー日程 & 2019.4.17 6thシングル発売の発表
11 SPARKLE TOUR!!

アンコール
※アンコール中にスクリーンに観客へのワールドピース平瀬落ちサビでのサプライズ指示
1 ワールドピース
※大切なお知らせ…2019年4月29日(月)平成ラストワンマンライブ@中野サンプラザ
MC・挨拶
2 歌いたいのうた
VTR(BGM…「Saint Mental gift」、中野サンプラザ発表の段幕や飾り付けをしているメンバーの動画)
約120分
メンバーによるお見送り

参考
日刊エンタメクリップ
ロジャポ、クリスマスライブを開催!来年4月にはロジャポ史上最大キャパとなるアイドルの聖地【中野サンプラザ】にて平成最後の単独ライブ開催決定!
12月25日(火)東京都・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて、ロッカジャポニカのクリスマスライブ「ロジャメリ2018 〜Saint Mental gift〜」が行われた。OVERTUREか
entameclip.com

ロジャポサンタからのクリスマスプレゼント
平成最後のクリスマスに行われたロッカジャポニカ初のクリスマスライブ(過去2年間はインストア会場で実施)。1階のI列上手から。ちょうど目線の好位置だった。内山ブログによれば、メンバーとクリスマス当日を過ごすのは初めて。それはオトモダチと過ごすのも初めてということ。チケットはライブの前日に完売。若干枚数の当日券が出た。かねてからMUGENツアーで告知していた大切なお知らせは、「平成ラストワンマン2019年4月29日(月)中野サンプラザ」という大きな大きなクリスマスプレゼントだった。メンバーはこの内容を事前に知っており、アンコール時に発表する台本だったと思われるが、運営側はそこを逆手に取ってメンバーとオトモダチへのダブルサプライズを仕掛けていた。アンコール中に「ワールドピース」の平瀬落ちサビで「…おめでとう!」と叫んでくださいという指示がスクリーン上に出た。「…」はどこかのライブ会場であることがこの時点で分かったが、中野サンプラザだと分かったのは平瀬の「会いたかったよ!」 のほんの2、3秒前だった。この元ネタはももクリ2013の国立競技場サプライズだと思われる。ロジャポの中では、発表の仕方や状況は違うが、横断幕を使ったサプライズだった2016.2.1の原宿アストロホールでのフリーライブに何となく似ている。「会いたかったよ!」の直前、サプライズに鋭い平瀬はザワつく観客席に気付き、後ろを振り向いて驚く。結局「会いたかったよ!」は歌わず。他のメンバーも平瀬にならって後ろを振り返る。発表後、椎名が堪え切れずに涙。「だってこれ私たちが発表する予定だったんだよ!」とみんな何が起こっているのか分からないといった顔。サプライズ大成功だった。

参考
音楽ナタリー記事 ももクロ・2013.12.23 
「White Hot Blizzard MOMOIRO CHRISTMAS 2013 美しき極寒の世界」@埼玉・西武ドーム

amp.natalie.mu

参考
musicman-net記事 ロジャポ・2016.2.1
「ウィークリー週ありがとう!ライブハウスでフリーイベント!!」@原宿アストロホール
ロッカジャポニカ、グループ初の単独ライブが4月に開催決定 | Musicman-net
ロッカジャポニカが、2月1日東京・原宿アストロホールにてフリーライブを行い、グループ初の単独ライブを4月17日に東京・ラフォーレミュージアム原宿にて開催する事を発表した。
www.musicman-net.com

ライブ内容について
いつものSEでスタート。「MUGEN」から始まり、各メンバーソロのMUGENメドレーへ。MUGENツアーの総決算。ハロウィンver.に引き続き、今回はクリスマスver.の教歌SHOCK!。原曲より若干BPM遅めで、クリスマスというより和テイストのアレンジに聞こえた。続いて「ASTRO GIRL」、「BUSY」とアゲ曲を連発。「ASTRO GIRL」は内山の実の姉である、SILENT SIRENのあいにゃんが見に来ることを知り、内山がセトリを変更させたらしい(あいにゃんのインスタグラム参照)。「BUSY」の名前コールの強さ(特にBメロのるったん、るんぱんコール)はアップテンポなこともあり、「教歌SHOCK!」や「世直しタイムスリップ」を超えている気がする。
6thシングルの発売日を2019.4.17(しいな=椎名の日)にしたのは偶然か必然か。しかも、その週の土日が富山県で行われるももクロ春の一大事である。今回のももクリ外周ステージの好待遇といい、主要ターゲットをモノノフにしているのは明らか。大正解だと思う。ただ、もう一つの発表だった2019春ツアーの日程が出た瞬間のオトモダチの何とも言えない反応をメンバーも感じ取っていたに違いない。今年の春ツアーよりランクダウンな上に、初日の渋谷がO-Crestだったからだ。その後に「次で最後の曲です」のアナウンスがあったものだから、個人的には今年一番盛り上がれない「SPARKLE TOUR!!」になってしまった。全体を見ても、1曲1曲のパフォーマンスは満足できるのだが、ライブとしてのボリュームが圧倒的に足りなかった。2時間という時間制限があったのだろうか。あと30分欲しかった。ロジャポの1番のウリであるライブを充分に見せず、実質的に中野サンプラザワンマン発表のための公演になってしまったのが残念。

「Saint Mental gift」について
作詞は「歌いたいのうた」「記憶のサイズ」でおなじみの只野菜摘さん、作曲はAKB48「言い訳Maybe」やアニメソング・ゲームミュージックに提供が多い俊龍さんという豪華な顔触れ。只野さんはこの日、ライブを見に来ていたらしい。歌詞は、個人的な解釈になるが、「何事もないように思える日も見方を変えれば実は特別な記念日なんだ、そんな気付きや気持ちを大切に生きよう」といった内容。少し違うかもしれないが、セレンディピティや第六感を題材にした内容にも受け取れる。椎名「クリスマスの言葉がたまに出て来る程度で、思いっきりクリスマスという曲ではない」と言っていた通り、冬以外の季節でも歌えそうな歌詞だった。衣装はサンタ衣装にジャポニーサンタの色を使ってメンバーごとに装飾を施した特別なもの。メンバー曰くロジャポ史上一番可愛い衣装で、平瀬「ロッカジャポニカも可愛い衣装でやる時はやる」。
サビを主旋律と副旋律で1人対4人で歌うというおそらく初めての試み。主旋律を歌う1人をプレゼントボックスに包み込むように他の4人が四角形を描きながら踊る。Cメロは椎名、Dメロは平瀬。この日限定販売されたCDを聴くと、冒頭のユニゾンはまるでももクロのようだ。

挨拶コメント
内藤「18歳のお花、ありがとうございました。私たちを信じてくれたスタッフさんとオトモダチを信じて頑張りたい。SNSで拡散よろしくお願いします。」
平瀬「来年の目標は自分の歌唱力を上げることと、ロジャポをたくさんの人に知ってもらいたい。これまでも満員や1000人などの目標があったが、今振り返るとそれまでの過程は良い思い出。今回も過程を楽しみたい」
椎名「今年は色々なことがあって心が揺さぶられることがたくさんあったけど、最後にみんなに幸せな発表が出来て嬉しい。ただ私、中野サンプラザが埋まるのか不安で仕方なくて…」の後に涙を流し、内藤に泣きつく椎名。「みんなで中野サンプラザ満員ですと笑えるように全力で頑張りたい」
内山「MUGENツアーは正直もっとたくさんの人に見てもらいたいという気持ちがあった。中野サンプラザを発表したらみんなどんな顔をするのかなと思っていたが、喜んでくれて嬉しかった」
高井「自分たちに見合う箱なのかは分からないけど、満席にできる可能性があるとスタッフさんが取ってくれたと思うのであと4ヶ月、頑張りたい。自分は負けず嫌いなので、私たちのMUGENに広がる道の先のMagical Viewを、みんなと一緒に見て最the高な思い出をこれからも作っていきたい」

サプライズから挨拶の間、1人だけあっけらかんとしていたのが平瀬。メンバーにもオトモダチにも「なんで泣いてんの?」を連発。「私が中野サンプラザまで連れて行ってやるよ」と言わんばかりの様子がとても頼もしかった。一種のカリスマ性に近いものを感じる。平瀬推しの気持ちが何となく分かる気がした。

日本青年館ワンマンライブから約1年。そして本番まであと約4ヶ月。2019年4月29日(月)中野サンプラザ・2,222席を満席にするという、ロッカジャポニカの挑戦が始まった。

2019.1.1追記
大晦日にパシフィコ横浜で「ゆく桃くる桃~第2回 ももいろ歌合戦~」の開演前にメンバー5人で中野サンプラザのチラシを配った。アメフラっシのサロンコンサート中、入場前にロビーを走っていくメンバーの後ろ姿が見えた。ももクロを見に来たモノノフの「ロジャポ可愛い」というツイートが大量に上がっていた。今後もバレイベや春の一大事など、ももクロ主催のイベントでどんどん配って欲しい。何割かは確実に来てくれるはず。動員を増やすのに現時点で一番効果的な方法だと思う。
参考
「ロジャメリ2018 〜Saint Mental gift〜」ENDING MOVIE

_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2771.JPG
会場限定シングル「Saint Mental gift」のジャケット。
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2776.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2752.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2753.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2755.JPG
AejRTjMwPf.jpg
メルマガ無料会員特典でもらえたポストカード。
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2762.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2763.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2764.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2766.JPG
0XAeiPzfZ0.jpg
小ネタだが、同じ日にさいたまスーパーアリーナでライブだったももクロのところにも全く同じ雪だるまが。
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2768.JPG
3Vj_ySGeJk.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2787.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2788.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2791.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2770.JPG
「Saint Mental gift」の振付を担当したHIROMI先生。平瀬の「さよならからはじまりへ」を振付したご縁から。
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2745.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2746.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2747.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2748.JPG
内装は川崎クラブチッタや武者修行GIGの時と同様、メンバーが飾り付け。ロジャポ流のおもてなし。
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2789.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2790.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2792.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2793.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2794.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2796.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2797.JPG_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2799.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2800.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2801.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2802.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2780.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2777.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2779.PNG
dY0tYsXy1R.jpg
参考
中野サンプラザワンマンライブのオフィシャル先行、現在受付中!
⬆️中野サンプラザのチケットはすでに最初の先行抽選が開始(〜2019年1月6日(日)18:00まで)。まだロッカジャポニカを見たことのない方、是非中野サンプラザで彼女達の挑戦を見て欲しい。

参考
「ロッカジャポニカ大忘年会!2018年をゆる〜く振り返ろっかジャポニカ」
⬆️メンバーが2018年を漢字一文字で表すなど、今年一年間を色々なテーマで振り返る。

セットリスト
※アメフラ衣装
1 ミクロコスモス・マクロコスモス
2 笑一笑 〜シャオイーシャオ!〜(ももクロカバー)
3 轟音
4 ベリメリ・クリスマス
5 グロウアップ・マイ・ハート
MC・自己紹介、告知

ももクリ外周パーク2日目のトップバッター。ロジャポと違い、アメフラっシは通常の衣装。ただし、特典会はサンタ衣装だった。セトリは2日前のフジさんのヨコのセトリに若干の変化を加えたもの。10列目の上手1番くらいから。1曲目の「ミクロコスモス・マクロコスモス」がやはり肝。伸び代を考えて他の曲より振付を難しくしているのか、練習を重ねてレベルアップした時の完成度が楽しみな曲。現状では細かい部分がまだ揃っておらず、綺麗なフォーメーションとは言い難い。M2の「笑一笑」は比較的最近の曲のカバーで驚いた。メンバー曰く、ももクロと同じ振付だそう。モノノフにとってもフリコピ曲で、歌唱、ダンスとも完成度が高かった。「轟音」は1度聞かないとコール部分が予想できないため、今のオリジナル曲で一番難しそう。愛来が頑張ってコール部分をリードしていた。「Wow…」はみんながしっかり声を出さないと今日のような大舞台では聞こえない。「soul of 3B junior」で始まった「ベリメリ・クリスマス」。もはや涙なしでは見られなくなってしまった。ラストの「グロウアップ・マイ・ハート」、フジさんのヨコでもそうだったが、イントロでMIXを走って打つ人がいて混乱。BPMの速さのせいか、サビのコールが意外に難しい。1拍目でオーイングをちゃんと入れないとズレる。「シ民」(公式アカウントより)にも宿題を与えつつ、29日の1stワンマンライブへ。
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2735.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2736.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2737.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2742.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2743.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2744.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2750.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2751.JPG

セットリスト
※サンタ衣装
1 教歌SHOCK!
※曲終わりに椎名離脱
2 最the高
※2番で復帰
MC・自己紹介
3 BUSY
4 タコ感 ロッカジャポニカ
5 アブラカタブラ アルジェブラ
MC
6 MUGEN
7 ぶっちぎりデイズ!
MC・ロジャメリ告知
8 だけどユメ見る

13:00から約45分・8曲のライブ。有り難いことに、今回は非常に良い時間帯かつ長時間の枠を割り振ってもらえた。フロア内には間違いなく1000人を超えるモノノフ。現地で聞いた生の声では、ロジャポを見ますという方もかなり多かった。メンバーもオトモダチもこの45分にかける熱量がハンパなかった。改めて見ると、セトリは練りに練られていたと思う。
サンタ服衣装で登場し、初めから「教歌SHOCK!」を投下。椎名が途中でサンタ服のボタンが外れたらしく、曲終わりで一度離脱。他メンバーも服をかなり気にしていて、外れやすい衣装だったか。いつものルール通り、「最the高」の1番、Bメロ椎名パートを全員でカバー。2番で何事もなかったかのように戻ってくる椎名。アクシデントに全く動じない。いわゆる楽曲派の人にはニュージャックスイングが新鮮だった様子。
この日の繋ぎで面白かったのが、「BUSY」終わりで手を合わせるポーズから、そのまま上を見上げて「タコ感 ロッカジャポニカ」に繋がるところ。モノノフにメンバーの大縄はどう映ったか。そしてまさかの「アブラカタブラ アルジェブラ」。ももクロに多数提供のある前山田健一さん繋がりで、「x+y= セイ! CIA!」(元ネタはもちろん、「ワニとジャンプー」の「x+y=? "CIA!"」)を入れたかったのだと思われる。冒頭のかけ算や途中の円周率92桁暗唱も中毒性が高い。
MCで椎名が「今日はみんな一緒でサンタ衣装だけど、個性溢れる曲です」のフリから「MUGEN」。この曲の特徴を説明をした方がすんなり頭に入る気がするが、それは同時にネタバレを意味するため、あえて説明しない方針の様子。内山パートの「ハローみんな ほら また会えた」で何だかほろっと来た。
ラストは「だけどユメ見る」歌詞の内容から、学生さんにウケが良いとも聞く。ラスサビでセンター位置の高井が今までにない高さのジャンプ。手応えを感じたのかもしれない。「タコ感〜」と同様、一緒に踊って一体感を得られる曲で、綺麗な締め。セトリの1番最後に来る曲の鉄板になっている。
全セトリ8曲中、3曲が曲中の歌詞に「ロッカジャポニカ」が入っており、代表曲でもあるため、少なくとも「ロッカジャポニカ」というグループ名は覚えてもらえたのではないか?ツイッター上での反応も非常に良かった。スタダ系のアイドルがロジャポとたこ虹だけしかいない日だったのも大きかったかもしれない。最the高のコンディションで翌日のロジャメリへ。
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2668.JPG
さいたま新都心駅から徒歩3分。
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2669.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2670.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2671.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2672.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2673.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2724.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2729.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2730.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2734.JPG
すでにサンタ衣装を着てしまったが、翌日のロジャメリもサンタ衣装か、はたまた?

↑このページのトップへ