月別アーカイブ / 2018年08月

セットリスト
ロッカジャポニカ
ストロベリーステージ
SE OVERTURE
1 ぶっちぎりデイズ‼︎
2 教歌SHOCK!
MC・自己紹介
3 NEW CROWN
4 最the高
5 タコ感 ロッカジャポニカ
ロッカジャポニカとしてストロベリーステージに立つのは今年が初。2016年に幕張メッセで行われた時、1日目の朝一で3B juniorとしての出演経験はある。今回も10:25という朝早い時間帯で、集客は疎ら。しかも同じ時間帯に3B juniorの特典会があり、3B勢の応援はほぼ皆無だったはず。前方のVIPエリアにはそこそこ人がいた。ただ、ロッカジャポニカの特徴がしっかり詰め込まれていたセトリで、初めて見た人にも何か伝わるものがあれば、と思う。「ぶっちぎりデイズ‼︎」はもう少し人がいればコールに巻き込めたと思うが、少なくとも花道上手後方付近は無理だった。「教歌SHOCK!」も同じ。少ないオトモダチとサークル出来たのは良い思い出。MCは「ロッカジャポニカのストロベリー初ステージ」をアピール。内山がストロベリーの発音が違うと言い出し、英語っぽく「strawberry」と発音した後、英語曲へ。前2曲に比べ、エンドステージをかなり大きく使っていた印象。「最the高」は途中から花道へ。高井、ストロベリーでアクロバットを華麗に決めた。ラストはいつもの変身後、「タコ感 ロッカジャポニカ」。大縄をするには若干幅が小さいように見えたが、練習の成果か、全員成功。初めて見た人に「大縄とたこやきマントマンのアイドル」というイメージが与えられれば大成功だろう。毎度ながら、「最the高」からの振り幅が真逆で凄い。「タコ感 ロッカジャポニカ」の時のメンバーの笑顔が本当に幸せな表情をしていて、ロジャポ版「笑顔の天下」があるとしたらこの曲なんだろうなと思った。

ロッカジャポニカ
キウイステージ
SE OVERTURE
1 WEE FIGHT OH!!!!!
MC・自己紹介
※終わったらエビ中!
2 烈 作郎〜レッツクロウ〜
3 BUSY
4 SPARKLE TOUR‼︎
※「グランドフィナーレ出ます」の告知あり
18時台のキウイステージ、久しぶりに「WEE FIGHT OH!!!!!」スタートでエンジンをかけると、去年にピーチステージでやった図工曲。これも久しぶり。改めて図工曲は身体を動かす曲だなぁと思った。Aメロのジャンプはかなりの人がジャンプしていた。フリコピ系アゲ曲。道徳曲より激しいが、道徳曲にかなり近い。「BUSY」はインビジ曲補正があるのか、比較的最近やっている。オトモダチのコールも忙しいが、メンバーの振付も忙しい。池袋でメンバーがやっていた(?)ように、メロディー全部に名前コールを入れるともっと忙しくなるが、曲を楽しむ余裕はなくなりそう。最後はこれも去年のキウイステージでやった安定の「SPARKLE TOUR‼︎」。後が大阪☆春夏秋冬だったのだが、センター中列付近でファンの方が一緒に盛り上がってくれていた様子だった。MCで言っていた通り、この後メンバーはエビ中を見にストロベリーステージへ。グランドフィナーレには内山・高井が登壇。MCに猛アピールし、「最the高」の宣伝。それに応えるオトモダチの数が相当数いたのは驚いた。


参考
3B junior
ストロベリーステージ
SE SunLiVe
1 Stardust Fantasia
2 バトルロイヤル
MC
3 Fragile Stars
4 まけずぎらい
5 勇気のシルエット

リーフシトロン
ブルーベリーステージ
1 リーフシトロンのうた
2 青春ペダル
3 玉乗りピエロとアールグレイ
MC・自己紹介
4 雨のテラス
5 夢見がちバニー


奥澤村
ブルーベリーステージ
1 スパイス少女
2 さま〜ばけーしょん
3 黄金魂
SE 奥澤村の自己紹介
4 HAPPY★LOOPER

マジェスティックセブン
ピーチステージ
SE Theme from S.W.A.T
1 未知とのSo Good!!
2 仮想ディストピア
3 Space Ship Go!


さくちゃんとじぃじ
ピーチステージ
SE 天才・たけしの元気が出るテレビ!! オープニングテーマ
MC・こんなアイドルはイヤだ!
1 老人と子供のポルカ
2 勇気のシルエット
MC
3 アダムスキーじぃさん
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7960.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7964.JPG
私立恵比寿中学と。スタプラ以外のイベントで集合写真を撮ったのは初めてかもしれない。
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7965.JPG
チームしゃちほこと。
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7966.JPG
グランドフィナーレの集合写真。
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7968.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7969.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7967.JPG
平瀬は前日の1日目にプライベートで来ていた。
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7978.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7982.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7985.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7987.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7983.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7984.JPG

SE OVERTURE
1 タコ感 ロッカジャポニカ
MC・自己紹介
2 最the高
3 放課後アフタースクール
4 世直しタイムスリップ
MC
5 SPARKLE TOUR!!(栃木ver)

ギュウ農フェスは新木場コーストに引き続き2回目。後半のトップバッター。集客は平日の金曜日とはいえ、200人くらい。もう少し埋まって欲しかった。「キラキラ☆キラ」ということで明確な禁止事項が定められており、客層も年齢高めの人が多い印象だった。
初めにマント付き衣装で登場。もちろん1曲目は「タコ感 ロッカジャポニカ」。スタプラ東京と同じ舞台を下手前方から見たのだが、意外にこじんまりとしたステージだった。MCを挟み、衣装の上着を羽織ってから「最the高」。最初か最後が妥当な気がするが、セトリの間に組み込むのを試行錯誤中?「放課後アフタースクール」、「世直しタイムスリップ」は若干久しぶり。「世直し〜」の破壊力はやはりバツグン。フリコピも「タコ感 ロッカジャポニカ」に並ぶくらい簡単。フリコピしやすい曲を最低1つは入れると効果的だと思う。
ラストはここ最近皆勤賞の「SPARKLE TOUR!!(栃木ver)」。前回のギュウ農フェスに引き続き、栃木verを披露して締めた。
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7904.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7905.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7906.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7914.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7915.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7955.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7958.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7956.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7895.JPG
ギュウゾウさんと。

2018.8.18の1回目が好評だったため、追加で行われた「最the高」写真展トークイベント。当選者には前日、月曜日の13時台にスターダストプロモーションから電話が来た。今回は電話で連絡が来ることは分かっていたが、いつ頃来るかは13時前の公式ツイートでしか発表がなく、電話に出られなかった人が多数いた模様。自分はたまたま仕事の合間にかかってきたからラッキーだったものの、既存のファンに対する不親切な対応が大ダメージになることを全く理解していない。最低限、何時頃に電話をするという告知は出来たはず。非常に残念。
主に公開済の写真についてモニターを使いながら5人が解説。たまに未公開写真も。大きく分けて、台湾遠征、「最the高」リリースイベント、MV撮影、夏S、前日のスタプラ東京の写真、質問コーナーだった。椎名は1回目が体調不良で欠席だったため、この日が初めて。オトモダチはいつも見る顔と見ない顔が半々で驚いた。全体的にアットホーム感、わちゃわちゃ感を満喫した45分間。とにかく近い。現場が2階で、エレベーターで7-8人が4回に分けて入ったのだが、毎回違う形でメンバーがお出迎え。入る時、内藤が物陰から「わっ!」っと飛び出て来たのには驚いた。自分の前で一緒に中に入ったオトモダチがめちゃくちゃ驚いていた。
「最the高」の集合写真で内山が謎のギャル感。台湾の写真では、タピオカミルクティーがみんな大好き。椎名、今回の春ツアーで大阪の塩たこ焼きを食べられて幸せだったらしい。平瀬はとんちんかんな答えを連発、ところどころ記憶が欠けているのか、「ホントにみぃちゃん?」と聞かれ、「アッペルゲンダー(ドッペルゲンガー)」と答える。驚愕だったのは、アイドル横丁1番地の写真。平瀬はすぐ外に海があることを認識していなかった(笑)。夏S、高井のヒールが13cmくらい、最初は子鹿のように歩けなかったらしい。カモシカになれて良かった。七福みゅ〜ずの写真、恵比寿天である真山の打ち出の小槌は真山専用。シャッフルユニットの椎名と高井、椎名の頭の上に高井が手を乗っけている写真を再現。高井が身長の話で椎名をいじった後、椎名が高井に殴りかかるフリをするのが面白かった。高井と内藤の身長差の写真も。寄せ書きノートは当日に茜空が来店、1ページびっしり書いていたらしい。質問コーナーで「好きなラーメンの種類?」という質問を引いた椎名、今はみそ。具体的なお店を聞かれると、「適当に入るから思い出せない」。最後の挨拶で椎名「思い出と言われてもすぐパッと思い出せないんだけど、写真を見ることで思い出を振り返ることが出来てこういう時間もいいなぁと思いました(意訳)」。
帰りもメンバー全員でお見送り。2階から手を振ってくれた。
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7834.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7833.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7835.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7836.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7837.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7838.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7839.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7844.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7845.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7847.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7850.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7851.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7865.JPG
👇メンバーが選んだお気に入りの1枚。
IWo_dCCpYF.jpg
K0T0bZsj1C.jpg
XPNcefhb2w.jpg
ZNa6YXG6Hy.jpg
ntxcRldIsF.jpg
xmBYZhfJA6.jpg
USFrWzf7HQ.jpg

↑このページのトップへ