月別アーカイブ / 2017年03月

概要
18時から1時間ほどのインターネットによる公開生配信。スタートゲートは西川文野アナウンサーによるアイドル紹介番組。スタジオは小さめで、内部が見えるのはせいぜい40〜50人程度か。ロッカジャポニカは主に4thツアー、「だけどユメ見る」、ツアー会場限定シングルのカップリング曲「Dreaming Road」を宣伝。

雑感
西川アナのテンポが非常に良く、あっと言う間の1時間。楽曲を放送している最中のメンバーとオトモダチのコミュニケーションタイムは今回も健在。あの少ない人数でなぜウェーブをやったのかは謎(笑)次は大きな会場で。「Dreaming Road」の落ちサビ以降が初解禁。落ちサビのタイミングでメンバーがるったんにケチャ。るったん、恥ずかしそうにしながら歌う。この辺りのアドリブは少しずつ伝統芸になりつつある。オトモダチの皆はそれを微笑ましく見ている。今日もロジャポ現場は平和だった。
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9976.JPG

以下、一問一答で気になった点など。
内山…安定の丸み。夢見ていることが「イルカの睡眠法」とは?これぞ内山ワールド。。英語が好きなのに「understand」という単語を最近覚えた。他メンバー驚愕(笑)自分が話していない時はメンバーに気を配っていた。
内藤…デコ出し。好きな楽器がギターとギロ。カメラ目線を常に意識。ずっと笑顔(ニヤニヤ?)だった。
高井…やっぱり顔が小さい。会話に積極的にカットイン。相槌を打ったり、必要な情報を逐一補足したり、優等生的な回答が目立った。
平瀬…マシュマロが好き。お菓子の家の話で、西川アナの振りに乗っかったのはなかなか。初めからカメラを意識して欲しかった。
椎名…ハーフツイン。とろろごはん、酢飯。メンバー唯一、わさびが好き。最近、「食」のイメージがついてきた。姿勢が良いせいか、緊張しているように見えた。
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9977.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9975.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9981.JPG

セットリスト
世直しタイムスリップ
ボクタチ、ワタシイロ
MC
独特道徳ドクトリン
だけどユメ見る
教歌SHOCK!

雑感
初めにアゲ曲2連発。MC後、ラップ調の独特道徳ドクトリン、だけどユメ見るで楽曲の幅を見せ、最後は教歌SHOCK!で再び盛り上げて締める王道セトリ。対バン用セトリとしては、現状で最もバランスが良いと思う。
2階のセンターから見ていたが、最初の2曲で盛り上がりは上々。「だけどユメ見る」では前列から中列くらいまで、サビで振りコピしてくれていたように見える。盛り上げるという観点では、MC中に、あーりんのような煽りをもっと入れても良いのかな。「上手半分盛り上がってるか〜〜!?」みたいな。
パフォーマンスは違和感がない。抜群の安定感。毎回の平均点を限りなく100点に近づけるイメージ。ただ、ロジャポはサビを除いてメンバー1人1人が違うダンスをするため、間違いに気づきにくいかもしれない。るんぱんも(特に教歌SHOCK!の)ジャンプ以外はあまり個性を出さなくなった。みぃちゃんは全体的に動きが滑らかになった。間違いなく5人のダンスを揃える方向性。歌声も、CD音源に近づいているような印象。
1ヶ月ぶりだったこともあり、メンバーはみんな心の底からライブを楽しんでいる様子だった。自分も応援しながら、終始ニヤニヤしていた。お見かけしたことがないロジャポTシャツの方が結構いて、じわりじわりと浸透しているのかな。
この日、3B juniorの定例公演があり、特典会には参加しなかった。3Bとイベントが重なったせいか、これまで起きていたフェスでの特典券枯れがなく、新規の方がたくさんいたとの話を聞き、3B本体から一旦離脱したメリットを感じさせられた。
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9946.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9947.JPG
アイドルネッサンスさんと。
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9948.JPG

概要
NACK5のパーソナリティチームの一員としてロッカジャポニカが参加。1周1.8kmのコースを、せっかちチーム(平瀬・椎名)とのんびりチーム(内山・内藤・高井)に分かれて1周ずつ走った。メンバーの周りをキングレコードのスタッフが伴走。レースの合間の時間にNACK5の生放送に出演し、3rdシングルの「だけどユメ見る」や4thツアーを宣伝した。
イベントは親子ラン、チームランがあり、チームランは5時間でコースを何周できるか競うもの。チームランには総勢300組以上のチームが出場。オトモダチチームが少なくとも4チーム参加していた模様。その中に20位以内に入ったチームがあって驚いた。
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9807.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9811.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9816.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9815.JPG

一年に一度あるかのレアイベント
チームランの一員に入れて頂き、自分も5時間で3周を走った。みんな3rdツアーで推しからもらったハチマキを付けていたのはさすが。ここで使わずいつ使う?ロジャポのメンバーが走るタイミングで一緒に走れた人は本当にラッキー。そうでなくても、スタンドにいるメンバーにアピールしてレスをもらっていた人がたくさんいた。かく言う自分もタオルを目一杯広げて、誰かに手を振ってもらったのだが、遠目で誰だか分からなかった…😅ゴールポイントを通る瞬間、自分の名前が聞こえて今まで味わったことがない感動。どなたか分からなかったけど、温かい声援、ありがとうございましたm(_ _)m
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9859.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9822.JPG

ロジャポメンバーが走る時は、まずスタートで応援→スタンド席を通って外周コースへダッシュし、待ち構える→タオルを掲げながら一緒に路上を並走。コースに3回張り付くという。まさかテレビのマラソン中継みたいなことをやるなんて思わなかったなぁ。1.8kmはそれなりにキツかったみたいで、応援に応える余裕はみんなあまりなかった様子。前評判通り、高井さんが一番ヘロヘロだった(笑)
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9833.JPGしゃべろっかジャポニカでお世話になっただいすけさん。またいつか捌いてくれるのをお待ちしてます。

_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9834.JPGLa PomPonさんとロジャポポーズ。

_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9835.JPG

いつの日かこの場所で単独ライブ!

↑このページのトップへ