‪オープニングアクト
1 Rain Makers!!

ナタリー記事
【ライブレポート】ももクロ佐々木彩夏、“あーりんの森”で動物たちに扮した「AYAKA NATION 2019」(写真50枚) - 音楽ナタリー
ももいろクローバーZの佐々木彩夏が昨日6月23日に神奈川・横浜アリーナでソロコンサート「AYAKA NATION 2019 in Yokohama Arena」を行った。
natalie.mu

横浜アリーナで行われたあーりんこと佐々木彩夏による4回目のソロコンサートのオープニングアクトとして、アメフラっシが出演。アメフラっシ、DAN⇄JYO、CROWN POPの順にパフォーマンスを披露した。開場17時、開演18時で、17時半ちょうどにスタート。客席の埋まり具合は半分くらいでCROWN POPの時と比べるとかなり少なかったのは残念。トップバッターで「Rain Makers!!」の1曲だけだったが、ちょうど真向かいの天空席でも声量はバッチリ聞こえた。ラスサビでステージ目一杯に広がった時のフォーメーションが綺麗だった。

ソロコン本編でもバックダンサーとしてメンバーが登場。今回のテーマは森に住む可愛い動物達で、あーりんやメンバーはウサギ、ヒョウ、ネコの衣装でパフォーマンス。愛来はストーリー仕立てのライブであーりんを演じる重要な役だった。あーりん曰く、あーりんの化身役(笑)の愛来が白いワンピースを着て要所要所で演技をする様子は、息をするのを忘れるくらいに見入ってしまった。白が凄く似合っていた。前半の曲繋ぎで、あーりんと愛来が前後でシンクロするダンスをする瞬間があり、これが個人的なハイライトだった。また、「天国のでたらめ」の後にも登場。劇中の夏菜子の役と重なって見えた。そういう演出だったのかもしれない。
ダンスパフォーマンスは遠くから肉眼で見る限り、誰か分からないくらいに綺麗に揃っていた。3Bメンバーはこれまでも毎年あーりんのソロコンに出演している。毎年感じるのだが、「揃える」ことが重要なバックダンサーとして、レベルの高さを感じた。
あーりんのライブパフォーマンス、テーマに沿ったライブの構成力、企画力、バックバンド、衣装、そして可愛いさ…どれをとっても素晴らしいの一言に尽きる。あーりんがアンコール後の出演者紹介で、自身のソロコンにもかかわらず後輩達に対して積極的にマイクを向ける姿が印象的だった。
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9357.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9361.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9371.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9372.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9374.JPG
asdV5_lvNT.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9383.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9384.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9411.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9412.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9413.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9415.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9414.JPG