こんにちは。アリムです。

今日は先日友達と話しながら思ったこと、考えた事をここでシェアできたらと思いブログを書いてます。

題名の通り。精神病に対する考え方。

私のブログを読んだことあるかたは少し精神病に理解がある方だと思います。多分。
この記事で私のブログを初めて読む方は他のブログももしよろしければご覧ください。色々語っております。

この前Instagramでたまたま精神病についての考え方を変えることについて投稿されてる方を見つけました。
その方はジェンダー関係の記事や差別など色々なコンテンツをその方の考え方で発信されてて。
とても素敵だなと思いフォローさせていただきました。

そこにあった投稿で熱が出たらどこかが痛む時に病院に行く、心が辛かったりしんどかったら病院に行く。
同じことです。とても大事です。とかいてありとても素敵な投稿だなと思いました。

日本だと心療内科、精神科、カウンセリングなどに対してマイナスな考え方をしている方が多いと思います。なのに日本人ってすごく考えすぎちゃったりちゃんとしなきゃって思いながら生きたりけっこう色々考えながら生きちゃうと思うんです。
毎日毎日、ちゃんとしなきゃ、こうしなきゃ、って考えながら生活するってすごくしんどいことだと思います。
もちろんそれがしんどくない方もいるとは思いますが。

学校に行きたくないのに行かなきゃ、仕事に行きたくないのに行かなきゃ、いい大学に行かないといけないから勉強しなきゃなどなど…色々な事でやらなきゃ、ちゃんとしなきゃって追い詰められちゃってる方ってとても多いと思うんです。

でもきっとそういう方に限って精神科に行きづらい、人の目が気になる、弱いだけ、思い込みだって思って頑張りすぎちゃう方があると思うんです。

精神科に行くのはおかしい、精神科に行ってるやつはおかしい。なぜそう思うのでしょうか。
私も昔はそういう考え方もあったかもしれません。
でも今は友達に病院に行っていた事、薬を飲んでいる事、病気のこと。隠してません。
もしそれで離れていくならそれまでの関係だった、早めに縁が切れてよかった。そう思うように心がけてます。

先日、友人と精神科についてお話しました。
私が上で書いた方の投稿をストーリーにシェアして、こういう世界が広まってほしいと書いた為。
その友達もそう思うと言ってくれたのと同時に精神科に実は行ってみたいと昔から思ってると。悩みを話してくれました。でも友達のお母様は病は気から。思い込みだからそう思うからそうなる。って言ってらっしゃるみたいで…友達はそのせいで病院に行きづらい。との事。

もちろんお母様の考え方も一理あると思います。
不安障害、パニック障害を抱えてるからこそお母様の言ってることもわかりました。なぜかというと予期不安で体調が悪くなるから。私も吐いたらどうしよう。友達に迷惑かけちゃうっていう不安からご飯が食べられなかったり吐き気がしちゃったりするから。

でも友達に私は行きたいなら一度行ってみるのもありだと思う。話を聞いてもらうだけでも心が楽になるかもしれないから。と伝えました。友達の声を聞くと結構悩んでそうで。辛そうで。解消してあげたいなと思ったからです。
私は不安障害、パニック障害、恐怖症を持っていて病院の通院経験もあるし薬も飲んでますが、精神科医、カウンセラーではないので友達を直接的に助けることは難しいので。言葉をかけてあげたりすることしかできないので。プロのお医者さんに助けを求めるのもありだと。悪いことじゃないし、マイナスに考えることじゃないと。伝えました。

少しでも、少しでもいいから辛い不安な心を解消できる人が増えたらいいなと心から思ってます。
自分も経験者で自分の母も経験者で。
同じように辛い思いを長い間一人で悩まないでほしいなと。
人間なので不安や恐怖を感じる事が全くないですっていうのは正直ないですが、その不安や恐怖が日常生活に支障をきたしていたり、自分が辛いと思うなら誰かに頼るのも一つの手だと思います。

そして少しでも不安障害、パニック障害、恐怖症などへの考え方が変わる方が増えてくれれば。そう心から思ってます。
難しい事ではありますが1人1人が少しずつでもそう思っていけば少しずつ変わっていくと思ってます。

このブログを読んでくださった方が良い考え方や少しでもいいなって思ってくださったら嬉しいです。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。
もしよろしければコメントやいいね、フォローもお待ちしております。