先程のブログでの補足。

『ザギ』について。
ザギさんは人が駒(道具)として扱われることが特に嫌いですね。
きっと、自分と重なるから。
O50にてセシル、ボダイが民を兵を下としてみていることが、気に入らず手にかけに行く。
そして、シュシュ。
この子も守ってくれる相手を『利用している』と公言している。
ここがザギさんが特に破壊したくなる行動、人間なのでしょう。

O50にルークバセンがいますが、このバセン兄弟もルークにポーンと『チェスの駒の名前』で切ないなと見ていました。

キャラのこと書く機会あったら、もっとちゃんと書きますー。

オーブ以外のウルトラマンも履修していたら、もっと考察の幅広がるんだろうな!って思っています(>_<;)

それでは、またー✧︎*。

ネタバレ注意


今回はウルトラマンが出てこず、闇堕ちしたキャラクターメインに繰り広げられる物語。

本編はある惑星のある科学者・ヒュース・アーディの思いを叶えるために、今までウルトラマンに敗れていった闇の世界に属する者を復活させ願いを成就させる物語。
端的にいうとこうなのですが、
何故、闇の者の力が必要なのか。
何故、光の属性では駄目なのか。
という二点が物語を終えたいまでは特に気になっている点です。

今回は特に『ザギ』と『カミーラ』にスポットを当てていて、道具として駒として扱われるもの、愛すること、人。
そのようなメッセージが多量に含まれています。

メッセージを届けるための物語は、大筋として光の者が光に属する惑星を襲う、です。
攻める側は洗脳か「これは正義」だと思って闘うけれど、闘っている時に涙を流す。
これは望まない闘いで物語でも出てくるように、「信念がない」。
人を殺めることを本能は拒否しているのに、操られていることによってせざるを得ない。
だから、闘わなければという思いとは裏腹に、正義ではない行いに涙が出るのだななんて切なくなります。

一方、闇に属する人達はそれぞれの意思が確りしているので、闘うことに自分の意思がある。
自分の欲望、理想、決意……などなどが相俟って、迷いがない。
そして、その為の犠牲にも覚悟を持っている。

光と闇の対比。

今回、闇をメインということで色々悩んだのだなと思いつつ、光の正義を曖昧なものにしたが故に闇の真意がよく見えたなと思います。

特に今回は全体としては『欲望』『選別』『貧富』のキーワードにとても注力しているかなと感じました。
そして、中でもパルビナが確りと話しているけど、『選別』これは普段から、そして今まで生きてきた中で皆直面する問題で、でもこれはどうしようもないことなんだけど、闇堕ちせずに切り替えて生きていくことの難しさもありますよね。
この『選別』は我々より役者さんの方がより身近に感じてるものだとは思いますが。

本編中にコミカルなやり取りもあったり、用語とか必要な背景とかの説明もあり、ウルトラマン知らないよ。
という方も分かりやすいと思います。

物語についてしか書いてないですが、アクションも物凄いです!
毎回、推しも始め、アクション部、闇、光の方々。
死なないでーって見ています。
ジャグジャグさん的にいうと「死なないでねぇ↑↑↑」ですね!笑
個人的にはザギさんとジャグジャグさんがお気に入りです☪︎*。꙳
あとOP途中の3000万年前の説明するところのイーヴィルティガの声の変化。
ここがね、徐々に変わるところあるので、聞いて欲しいです!!
天才!(?!)

DVDも出るので、今回見れていない人は見てみて下さいませ。


そんな私はウルトラマンとウルトラQしかみたことがなかったです。
応援させて頂いている役者さんがジャグラスジャグラー役だったこともあり、プレビュー公演前までにオーブを履修したのですが、オーブ履修したのは正解だったなーと思います。

演出が久保田さんなのと、近いのがオーブだったのもあって、まずはオーブって見始めて正解でした。

気が向きましたら、キャラの感想も書きます✼̥୭*ˈ

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9009.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9043.JPG

8/23(金)に発売された『たにみち』の発売イベントに行ってきました。

終始笑いがあったり、笑顔が溢れていたり、和やかな雰囲気でとても楽しかったです✧︎*。

イベントまでDVDを見ないという本人の意思が強かったので、会場全員初見。笑
色んなカテゴリ分けされている中の中盤から最後までを見たのですが、本人の副音声付きでなんか凄い面白かったです。笑
いや、自宅で改めて見ても良い素敵なDVDだったんですが。本人の突っこみあるのが面白さに持って行っている。笑

今回、第一部で最初に質問も引いて頂けて、好きな衣装聞けて嬉しかったです。
しかも、光秀様で公演前とか公演中も、インタビューとかブログとかでも衣装のこと話されていたのですが、よりたくさん聞けて満足です。

今後着てみたいの海パンだったけど。笑
freeとかやりますか?

私は無双並みの甲冑姿も見てみたいです( * ॑˘ ॑* ) ⁾⁾
(コーエー様の回し者ではないです。苦笑)

第二部も質問読んで頂けてはっぴすでした。

でも一番ありがとうございます!
と思ったのは他の方が質問されていた「3年5年10年後の目標」かな。
佳樹さんが、今後のこと話すの好きなのもあるんですが、
白虎隊
対戦時
里見八犬伝

大河

とか日本の歴史に関することを演じたいと思って下さっているのが嬉しかったです。
ボイトでも大河に出て出来れば明智光秀をやりたい。
そう仰っていたこと。
すごく嬉しくて感涙しました。


ボイトといえば、お花の件で凹んでいてご心配おかけした事ありました。
その節はありがとうございます。
不躾かなと思いつつも本人に直で、解釈の理由を聞いて自分の中でおさまりました。
一応、ご報告までに。

今回、久しぶりに浴衣も着たのですが、とても褒めて下さって嬉しかったです✧︎*。
感謝。
自分に自信ないので褒めて下さる相手に失礼だなと思いつつも、いつもお世辞はいいです(>_<;)という感情が先にくるのをどうにかしたいです……。苦笑


東京の三部がたまたまベージュのカジュアルスーツで、私もベージュワンピだったのでお揃いな感じで嬉し恥ずかし大好き✼̥୭*ˈ︎︎︎︎な純情な感情でした¨̮

最後に。

佳樹さんにも書いたのですが、これからだけでなくこれまでも、こうして漠然とでも目標があって努力してきたことで今、DVDが発売されたのだと思うんですよね。
本人はいつも目の前のことを全力で。
とは仰っているんですが、その直前であったり更に先であったり、夢を目標にして達成して来られたから、私は佳樹さんに出逢えてこうして応援できている。
確かに事務所の方やファンの方やこれまで携わってきた全ての方がいたから、支えがあったから今に至っていることもあるでしょう。
でも、それは本人が努力して、諦めないで来てくださったから、周りが支えて、応援していけてるんですよね。

まだ、これからもたくさん出逢いたいので、辛いこと我慢しなくてはいけないことたくさんあると思いますが、このみちをたにみちを歩んで、生きて欲しいな。
そう思います。

素敵な企画、DVDをありがとうございました。


次は写真集も出るとのことで楽しみにしています✧︎*。

二日間ありがとうございました!
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8822.JPG

↑このページのトップへ