伊東歌詞太郎さんのキャンペーンに参加させていただきます。ということでブログ始めました!

相変わらず暗いアイコンでごめんなさい!そのうち変えます!(笑)


書きたい内容が多すぎて迷いましたが、1回目なので、

歌詞太郎さんの歌に支えられたこれまでのことを書こうかと思います。



元々ボカロが好きで聴いていた私が、友達のすすめで歌ってみたを聴くようになったのは、中学生の頃でした。

歌詞太郎さんの歌に出会ったのは、中3の頃なのですが…ほんの偶然だったので、いつからこんなにハマっていたのか未だに思い出せません。

ただ、いつの間にか毎日歌詞太郎さんの歌を聴くようになっていて、一意専心のクロスフェードが出る頃には完全にファンでしたね!(笑)

当時はCDって全然持ってなくて、「どうしても買って聴きたい!」と思えるCDに出会ったのは、そのときが初めてでした。

ドキドキしながら歌詞カードを開いて、CDプレーヤーの前に座り込んで全曲聴きました(笑)



歌で涙が流れたのも、歌そのものに興味を持ったのもそのときが初めてで、新しい世界にワクワクして。

あー懐かしいなー!思い出したらまたワクワクしてきました!!





その頃の私のことを書きます!



私、吹奏楽が大好きなんです。

中学の吹奏楽部で部長をやっていたんですけども、私の中学ってかなり荒れていて。

周りの子達とはモチベーションが合わなかったというか、まあ1人で頑張っていた感じでした。

暗い話なので2秒で済ませますが、孤立するし、指示聞いてもらえないし、SNSで陰口も書かれるし、それはもう散々な毎日でした。(笑)


そんなわけで、行きたくない学校に通って、部活に行って、ボロボロで帰ってくるんですけど。

家に帰って1番の楽しみは、歌詞太郎さんの歌を聴くことでした。
歌ってみたを聴いたり、一意専心を聴いたりして。

あと1日だけ頑張ろう、あと1日だけ頑張ろう、毎日毎日泣きながら繰り返してました(笑)


そのおかげで、最後まで諦めないで、毎日学校に通って部活をして、辞めずに引退することができました!

まあ、最後まで1人でしたが…(笑)やり通すことができたこと、今思えば大きな自信になってるから結果オーライって感じですね!




暗い話でしたが、これは続きがあって、明るい話があるんですよ…!

そのあと高校に入学して、憧れていた吹奏楽部に入って音楽を続けました。

そこでは、友達と笑いあえる当たり前の日常に出会って。
本気でやっても笑われない素敵な仲間たちに出会って。
自分が叶えたかった高校生活!やりたかった音楽も!ちゃんと叶えられたと思います!



3月1日に、無事に高校を卒業しました。

もちろん色々なことがありましたが、辛いときに支えてくれる友達に出会えて、最高の青春だったと自信を持って言えます!!

ここにたどり着けたのは歌詞太郎さんのおかげです。感謝しかないですよ…!


それに、「さいごまで」のお陰で、受験もさいごまで頑張れました。(まだ結果は出てないですが…!)

大好きなイトヲカシに感謝してます!本当にありがとうございます!!




高校でもずっと、大きな支えは歌詞太郎さんの歌や存在でした!きっとこれからもそうですが…!

歌詞太郎さんが新しい音源を何かの形で出すたびに、本当に息が止まるんじゃないかってくらい素敵で、どんどん引き込まれていって、もう戻れません(笑)

それに、自分で歌うことも、今では大好きになりました!

しかし、歌を歌う時間が高校生活ではあまりなくて…!

最高の青春だった代わりに、吹奏楽と勉強やったら見事に1日終わるわけですよ!これホント!(笑)

だから、大学生になったら、歌も沢山歌ってみたいなあと思っている次第です…!


長々と自分語りしてごめんなさいー!
文章を書くのが好きなモノで、長くなっちゃうんですよね。うん。





で、ここまで語っておきながら。

私は3年応援し続けているくせに、1回も歌詞太郎さんやイトヲカシのLIVEに行ったことがないのですごめんなさい!

(私の時間のなさが原因です…!)



4月からは少し時間ができるので、イトヲカシのツアー水戸とファイナルに行く予定です。

いつか歌詞太郎さんやイトヲカシのLIVEに行く!という夢。

やっと叶います!

とてもとても楽しみにしています!!




来月から新生活が始まって、新しい環境に慣れなきゃいけないし、一人暮らしが始まるし、自分の将来について考えることも増えるのでしょう!

また沢山悩むのだろうなあー!と思うけれど、歌詞太郎さんの音楽に、存在に支えられながら、自分らしく進んでいけそうです!
この場を借りて、心からの感謝を!本当にありがとうございます!!




最後まで読んでくださった方がいましたら、お付き合いいただき本当にありがとうございました!(*´◒`*)