どんな目標があっても
どんな夢があっても
どんな才能があっても


まず重要なのは、
はじめの一歩を踏み出して、形に残す事。




形に残せば評価がわかる。
評価がわかれば改善できる。
改善できれば、良い作品に繋がる。



このルーティーン。



イメージするのは良い事だけど
イメージしすぎるのも良くない。


いくら俯瞰で自分を見たところで
他人からの自分への評価は絶対に違う。



まずはやろう。



イメージを形に。









って、言ってる事10年前から何にも変わってないや。