まずはじめに。

タイトル読んだら

あっ、
パーティーロッカー病んでるっぽい。


って思ってるそこのあなた。


病んでません。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1068.JPG
※あえてのチョイス。


そういえば、富士山を登った時に
自然の摂理が教えてくれた
生きていく上で必要な事。

この事を忘れないようにブログに書き残そうと、
ふと思い書いてみる。


今まで富士山は2回登った。


一回目は朝まで飲んでて、酔っ払った勢いで後輩を半強制的に連れてそのまま山頂へ。

富士山ナメんな!ってみんなに言われてたけど
完全に舐めて登った。  





その結果。。。。。。。。。。






サクッと登れた。
しかもTシャツで。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9440.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9441.JPG
誰?っていうくらい若いね。この写真。
昔は髪の毛黒かったんだな。


そして2回目はなつぅみと登った。

御来光見るために夜から登ったが
この時は死んだ。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1157.JPG※この一年で驚くほどの変わりぶり。


なつぅみ体調悪くなり、なつぅみを抱えながら
自分となつぅみの荷物を担ぎ
その上真っ暗だったから、足元をライトで照らしながら歩き、、、、


これ死んだ。


って思いながら、ずっと山頂を見ながら歩いてた。。

なかなか歩いても近づかない。
むしろあまりにも遠すぎて歩くのが嫌になる。

でも踏ん張る。

だけど苦しい。

もう山頂見るのが嫌になる。
だから俺はずっと足元だけを見て歩いてた。


よこでなつぅみが死にそうな顔をしている。
負けじと俺も死にそうになってる。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1067.JPG

そんな状況でも一歩一歩大地を踏みしめて歩く。
決して山頂を見る事なく。


。。。。。。。。。。。



1時間は経過したか?
いや、2時間は足元だけを見て歩いていた。


いよいよ限界が訪れる。

このまま行けば
高山病で下山を余儀なくされるかも。

一度休憩をとろう。

限界の体力の中、溶岩石が辺りに散らばっているポイントで深々と腰を下ろした。

はぁ〜〜っ。と深いため息をつき

無意識に視線は頂上の方に向けてしまった!!

あんなに頂上を見る事を避けていたのに!

いくら歩いても近づかない頂上を見ると、精神的なダメージがかなり大きくなってしまうから

だから見るのを避けていたのに!!!!
なぜ見てしまったんだ俺!!!


あっーー!!!最悪だっー!!!!!!!




って、、、、、、、、、、、、、




あれ!?

あれれれれ!!???




頂上がめっちゃ近くなってる!!!!



一気にテンションが上がり、最後の力を振り絞り

はい!登頂!!!

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1158.JPG


って事でわかりやすく伝えたい事を色変えて書いたけど


山頂を見ながら歩いてた
足元だけを見て歩いた
頂上がめっちゃ近くなってる


この3つがポイントです。

山頂目標 と仮定したとしよう。


みんなそれぞれ自分に対して抱いている理想像があるはず。

このくらいお金を持ちたい
有名になりたい
良い大学に入りたい
モテたい


だけど今の自分と、理想としている自分に差がありすぎて、嫌になり、モチベーションが低くなり、意欲を失いそうになる。

そういった
苦しい状況に追い込まれている人達は、数多くいるはず。


その度に自分自身に訴えかける。

俺には夢がある!目標がある!このくらい稼ぐんだ!
絶対に良い大学受かるんだ!モテるんだ!!


ってね。



それね。
余計に負担かけてます。



そんな時こそ足元だけを見て、一歩一歩前に進むんです。
夢や目標は一度置いといて、目の前の事に一生懸命になるんです。

苦しい状況下での夢や目標は雑念でしかありません。


足元だけを見て歩けばいいんです。





その一歩一歩がみんなの夢や目標に近づけるんです。


_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1159.JPG


人は心で生きているから


だからこそ、追い込みすぎには注意です。

健康を損なう前に、心が死んでしまったらもう終わり。

上を見るだけではなく
下だけを見て歩く事も大事なんだなって


富士山に教えてもらった事を忘れずに、
これからも頑張っていこうかなって思ってます。


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0703.JPG
ちゃんちゃん。