前回の記事断乳レポに引き続き
断乳のお話にお付き合いください!!


2ヶ月くらい前から断乳を意識するようになったけど
息子は完全母乳、ミルク(哺乳瓶)完全拒否。
仕事の関係で一緒にいられない事も増えるので
何度も試していましたが、哺乳瓶差し出したらギャン泣き。
色んなメーカーの哺乳瓶の乳首を買ったけど
どれもしっくり来ず。。。。。


そして寝る時は添い乳で
そのまま眠りにつくスタイル。


離乳食も始まって少し経ったけど
離乳食はあまり食いつき良くなくて
おっぱいを欲しがる日々。


これは絶対断乳大変だぞ。

卒乳を待つのもいい!!!

でも、これ以上睡眠が短い生活が続くと
目や身体への負担もあるし。。。

それに、何しろ離乳食が進んでないから栄養面が心配。



断乳を考え始めてからは、色んな事が頭の中をグルグルしていました😂



そこで、まず私が取り掛かったのが
離乳食を進める事!


食べむらがあって、どんな時にご飯を残しているかな?
と原因を考えた時に、課題がたくさん出てきました😩


①夜間も添い乳をして寝ているので朝食をほとんど食べない。
②おっぱいを欲しがるだけ飲んでいる日は食べてくれない。
③手作りの離乳食よりも、ベビーフードの方が食べる…?
④椅子に座っているのが嫌で食べない。


この課題を一つ一つクリアしていくことにしました!!


①は寝る時におっぱい必須なので上手く改善できず。


②日中基本的には3時間に1回の授乳で、
授乳のタイミングを離乳食に置き換えて進めていたのですが
欲しがる時にも授乳をしていたので、
授乳の時間意外おっぱいを欲しがった時は
マグにお茶を入れて飲ませて水分補給に変えました!


③家では基本的に手作りの離乳食を作っていた私。
だしをとって、素材の味を生かして。。。
薄味だけど赤ちゃんは、このくらいがちょうどいい!
と思って作って食卓に出していました。
ですが、ある日ベビーフードを外出先で使うと。
めちゃくちゃ食いつきがいい!!!!!

ペロリと私も味見をしてみると
普通に美味しい。意外と味しっかりとする。

月齢にあった味付けをしてくれているベビーフード。
私の出していた離乳食は初期の頃から味付けがほとんど変わっていない😂

これはベビーフード美味しいから食べてくれるわ。

ベビーフードの真似っこをしながら
素材の旨みがしっかりしている食材を組み合わせたり
赤ちゃんにも使える調味料を使ったり。

ベビーフードに食材をプラスしてお家でも活用することに!


④育児本などで読んだように
食事中は集中できるようにテレビを消す。おもちゃなどを周りに置かない。
など、徹底して食事モードを作っていました。
ですが、とにかくじっと椅子に座るのが苦手な様子な息子。
まずは椅子に座って欲しい。椅子から抜け出さずにご飯を口にいれて欲しい。
ということで、おもちゃやテレビで気を引いて椅子に座らせることに成功!!
パクパクを離乳食を少しずつですが食べてくれるように!!

ただ10分くらいが限界😭😭😭


こうして、少しずつ離乳食の課題をクリアしていきました。


Part3では、断乳1ヶ月くらい前から試みた事をお話します。