ついに…あの話題作の再演!!
予約受付が開始しました!!


と、冒頭で無駄にテンションをあげてみる。


改めまして、秋田遥香です。

『タイラバヤシか〜』終演から約二週間。

Pカンパニーは次回へ向けて。


そう!



Pカンパニー 第24回公演
シリーズ罪と罰 CASE3

『白い花を隠す』(再演)

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4366.JPEG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4367.JPEG

昨年2017年の2月末に上演し、
多くの反響を頂きましたこの作品。

演出の小笠原響さんは、この作品で
第25回読売演劇大賞 優秀演出家賞を
受賞されました👏

公演の上演後、ツイッターなどで
「Pカンパニー」で検索をかけると
『白い花を隠す』の上演後は
普段の何倍もの感想が…

たくさんのご好評をいただき、
今回、再演という形になりました。

そして、わたくし、出演します!

わたしは初演時は裏方スタッフとして付いていました。小道具を作ったり何だりかんだりしてました。
今回は諸々の事情があり、
幾人かは初演メンバーとは異なっています。

ますますパワーアップしてお届けいたしますので、どうぞ皆様お楽しみに!


…といっても、
『タイラバヤシか〜』のように
やんややんや笑えるお話ではないです。


[あらすじ](チラシ裏面より一部抜粋)

小さなドキュメンタリー制作会社に、
あるテレビ番組の企画が持ち込まれた。
番組のテーマは「女性国際戦犯法廷」。
旧日本軍による「慰安婦」問題を裁く民衆法廷だ。
スタッフたちは長く語られることのなかった歴史の真実を伝えようと番組制作にとりかかるが、テレビ局側から異例の指示が相次ぎ、番組の改ざんを迫られる。
2001年のNHK番組改変問題を元に描いた、組織と、ある家族の物語。


実際にあった事件を元に、
仲間、家族をテーマに
メッセージを伝えるこの作品。

こういうことがあった、という事実だけでも知ってもらえたら。

演劇としての役割。
社会を変えられる力は無いけど、
観た人の心に必ず響く。
わたしはそう信じています。


▼▼公演詳細▼▼

Pカンパニー 第24回公演
シリーズ罪と罰 CASE3
『白い花を隠す』(再演)

作 : 石原 燃
演出 : 小笠原 響

▼公演日時
[東京公演]豊島区池袋
8月31日(金) 19:00
9月1日(土) 14:00* / 19:00
2日(日) 14:00
3日(月) 14:00* / 19:00
4日(火) 14:00

*終演後アフタートークあり
9/1 ゲスト : 北原みのり氏
9/3 ゲスト : 土井敏邦氏

[伊丹公演]兵庫県伊丹市
9月7日(金) 19:00
8日(土) 14:00


▼料金
[東京公演]
一般:5,000円
シニア(65歳以上)・学生割 : 4,000円
最前列座布団席:2,500円

[伊丹公演]
一般席:4,000円
シニア・学生割 : 3,000円

前売・当日共/全席指定席
開場は開演の30分前/未就学児入場不可


▼会場
[東京公演]
『シアターグリーン BOX in BOX THEATER』
「池袋駅」東口より徒歩約7分
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-20-4
03-3983-0644

[伊丹公演]
『AI・HALL 伊丹市立演劇ホール』
「新大阪駅」から「JR伊丹駅」まで約30分
「JR伊丹駅」駅前すぐ
「阪急伊丹駅」東へ徒歩10分
〒664-0846
兵庫県伊丹市伊丹2-4-1
072-782-2000


▼キャスト
内田龍磨 / 水野ゆふ / 円城寺あや(浅井企画)
林次樹 / 福井裕子(演劇集団円)
大崎由利子 (フリー) / 荻野貴継(フリー)
一川靖司 / 吉岡健二 / 須藤沙耶
五十嵐弘 / 山田健太 / 秋田遥香

▼スタッフ
美術:松岡泉
衣装:友好まり子
音楽 : 日高哲英
照明:石島奈津子(東京舞台照明)
音響:木内拓(音映)
舞台監督:大島健司
演出助手 : 千葉綾乃
制作:松井伸子
企画統括:林次樹

▼お問い合せ
Pカンパニー
電話 & FAX : 03(6808)5306 (平日10:00~18:00)
メール : p.company@nifty.com
HP : http://p-company.la.coocan.jp/
ブログ : http://pcompany.jugem.jp/


▼▼ご予約▼▼
[東京公演]

[伊丹公演]
akitaharuka.22@gmail.com
まで直接ご連絡ください。


質問なども承りますので、
お気軽にご連絡ください😊

お待ちしております!