私のアーユルヴェーダ体験。
お金をつぎ込むほどに体調は良くなっていった。
しかしアーユルヴェーダを辞めた途端に体調不良が振り返した。

アーユルヴェーダも持続効果の長い対処療法だと思っている。
確かに一時、薬も減りましたし、アビヤンガやハーブ蒸し浴で体重も減りました。

ただ西洋医学と違うのは、アビヤンガやシロダーラなど、リラックス効果が高い。
疲れきった身体を癒しリセットするには良いと思います。

どんな医学でもそうだと思うのは、続けなければ意味が無いということ。
それか一定期間の対処療法だということ。

それと自分に合った医学で受診すること。
国、DNA、体質、骨格、体型…etc など、自分がモルモットになるかのように体験しなければ判らないこともある。

私は若杉友子おばあちゃんの食養で満足しています。

食養は日本の民間療法です。

アーユルヴェーダもアロマテラピーも、その他の代替医療的なものも、広まっていくと良いですね♪もっと沢山ね♪