月別アーカイブ / 2018年11月

明日から、坊主も走る師走。
秩父で12月といえば、毎年12月2日・3日に行われる秩父夜祭なのです!
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9020.HEIC
京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに日本三大曳山祭に数えられている秩父夜祭。
この時の秩父は大人も子供も大はしゃぎなのです。

秩父神社の妙見様と武甲山の龍神様が年に一度出会うお祭り。
アキラは残念ながら祭りには参加できないのです。
なので、2日早いですがお祭り気分を味わうべく秩父神社に行ってきました。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9001.HEIC
銀杏が青空に映えております!
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9004.HEIC
雲ひとつないとはまさにこのこと。
平日にもかかわらず参拝者が多かった。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9021.JPG
明後日、明々後日、境内はおしくらまんじゅう状態のはずです。
行かれる方、ケガしないように気をつけて!
子供は迷子にならないように!

秩父神社からの、武蔵屋さんで蕎麦。
ImqppiwBhP.jpg
まいうー。
秩父は蕎麦屋がたくさんあるのであります。
蕎麦好きの方はぜひ一度蕎麦屋巡りでも!

今年は林家たい平師匠が屋台の囃子手になるとのこと!
きっとたくさんの方々が来ることでしょう!

秩父は熊谷方面から来るのも、飯能方面から来るのもそれぞれ道が一本なんで、お車で来る方、渋滞情報や駐車場情報などをよく調べてからお越しいただいた方がいいと思います!
道路が通行止めになったりします。
また電車も混みますので気をつけてください!

大祭の3日は平日ですが、最後の花火はなかなか見ごたえがあります!
お時間に余裕のある方はぜひ見てください。
冬の花火もいいもんです!

ぜひ冬の秩父を楽しんでいただきたい!
秩父市観光大使・アキラ100%からでした。

もうすぐ12月。
あー、早い早い。
ありがたいことに2018年の12月にもテレビに出させてもらいますよー。

◆2018年12月1日(土)
 14:00~14:54
  • TBS

    『出川哲朗のリアルガチバトル【第2弾!超過酷で爆笑必至の対決 3連発!】』

2018年12月1日(土)
19:00~24:00
  • BS日テレ

    『のとく番 ~アイは世界を繋ぐ~ ▽キズナアイ×BS日テレ記念日コラボ特番!!』

ぜひぜひよろしくお願いしますですー。
みなさん、今年もあとちょっとなんで、ケガなく無事、平和にに過ごしましょう!
ということで、「和」をお届けします。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8910.HEIC

昨日11月26日は京都の同志社大学の学園祭におじゃましました。

今シーズンは別府大学に続き2校目!
呼んでくれてありがとう!!!
楽屋にはこんな看板も用意してもらって、ありがとうございました。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8988.JPG
第143回目なんですって!
学園祭が『143回目』って!
ものすごい歴史を感じます。
さすが京都ですなぁ〜。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8990.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8895.JPG
たくさんの生徒さんに見ていただきましたー!
盛り上がってくれて、いい生徒たち!

で、出番終わって東京に戻る前に、京都は紅葉のシーズンということでダッシュで永観堂に行ってきました!
ちょうど見頃なんでしょうか。
んー、落ち葉の量を見ると、見頃のピークをちょっと過ぎたくらいか。
どちらにしても、とてもきれいな紅葉が広がっていました🍁
何枚も写真を撮ったのですが、目で見る景色をカメラに収めることはできませんでした。そもそもスマホに収まる景色じゃないのかもしれない。

みなさんには、紅葉とアキラのネタは生で見ることをオススメします。
でも、せっかくなんで一枚。
Yh3IUeVeCw.jpg
本物はもうちょっと風情のある色です。
あと、白い狛犬が紅葉の中で凛としてました。
アキラは結構、狛犬好きです。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8985.HEIC
そしてシメは、この前産経プラスさんのコラムに書かせてもらった鯖寿司です。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8987.HEIC
うめー!
うめーよー!
これが京都のループです。
リピ買いです。

秋の京都を短い時間で満喫しました。

↑このページのトップへ