毎年来ていて、
毎年行きたいと思っているのに、
気づくと公演が終わっている・・・
それがシルクドソレイユ。
(これは完全に自分が悪いんですけどねww)

なかなかスケジュールがわからないもんで日程が先のチケットとかはあんまり取らないんですけど、今回は見たいと思っていて行けるタイミングをはかっていたんです。

そして先週の日曜日、急遽スケジュールが空いたので当日券目当てで行ってみた!
ZPTSuzA9Fn.jpgなかった。
ないのはわかってたんです。
あと一週間しかない日曜日だもん。

でも、可能性は0%じゃないと思って期待してたんです。
あーあ、今年もシルクドソレイユ見られないなぁ。

と、思ってたら!
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7614.HEICミラクルで行けました!
たまたまスケジュールが空いた平日!
うれしー!
サルティンバンコ以来のシルクドソレイユ!
(「そんなにたまたまスケジュールが空く方が仕事的に心配じゃないんですか?」と聞かれたらムムムッってなっちゃいますが、今回はシルクドソレイユだけに焦点を絞ってますww)

2015年に山-1グランプリに出してもらって、そのあといただいた仕事がカナダへのロケでした。
『奇跡のキャラカブリー』という99岡村さんMCの関西ローカルの特番だったんですが、カナダの裸ネタをやる二人組に会いに行くっていうものでした。
まだ20代という2人に話を聞いてみると、元々シルクドソレイユ出身とのこと!
10代のころもうメンバーだったすげー人たちだった!
2人の歴史をたどる、ということでモントリオールにあるシルクドソレイユの本部にも行かせてもらいました!
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1256.JPG中は写真はダメかもしれないんで外観だけ。
いろんな器具があって、いろんな技能の超人だちがこの中で練習に励んでいました!

ちなみにこの時気温は-20℃くらい。
2月のカナダは極寒です。
このロケあったんで、余計に見られて感激です。

またテントで見るサーカスっていうのがいい!
暗いテントの中に適度な照明。
松明で照らされたような陰影で浮かび上がる人々。
なんだか魔力的な魅力でした。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7625.HEIC
終わったら外は真っ暗。
夜の闇にあおりのライトで浮かび上がるテントもまた魔力的でした。

ありがとう、キュリオス。
ありがとう、シルクドソレイユ。